直感で仕事せよ。「ロジカル」を評価しないFURUEL STYLE

みなさん、「ロジカルシンキング」を聞いたことはありますよね?ビジネスでは欠かせない論理的思考。しかし、社長は「ロジカルだからいいって訳じゃない」とよく言います。これってどういうこと??
改めて社長にインタビューしてきました!

ロジカルシンキングの罠

「ロジカルシンキング」って、あのロジカルシンキングですよね?なぜ評価しないんですか?

ロジカルシンキングとは、言い換えると論理的な思考。これができる人は、綺麗に話を組み立てられるし、再現性のある行動ができます。
これだけ聞くと、マイナス印象はないと思います。でも、ロジカルシンキングに囚われると落とし穴にはまる。

良いことだけど、頼りすぎると逆効果、ですか?

論理的思考を意識し続けていると、ある段階で「なぜ?」を言葉で考える癖が付きます。これは言い換えると、「言葉で説明できる範囲の理由」しかわからないんです。
人の脳は大量の変数から答えを出していて、言葉で捉えることのできる情報はごく僅か。だから、敢えて直感的な感情も大切にするべきだと考えています。

FURUEL STYLE

でも、直感で決断するってビジネス的に大丈夫なんですか?

もちろん直感だけで決めきるわけではない。
自分はどんな言葉で物事を捉えているかを自覚したうえで(メタ認知したうえで)の直感です。論理も必要だけれど、論理だけで最適解にたどり着けると思ってはいけない、というのが私の考えです。

確かにこのスタイルは普通ではないかもしれない。しかし、インターン生の受け入れを始めてまだ1年ですが外資コンサルに内定したメンバーが複数いたり、海外やNHKなど大手メディアからも取材を受けたりと、しっかり成果・評価につながっていると感じています。

そうなんです!インターン生の企画した物件についてNHKさんや大手新聞社に取材をしていただきました…!!

最後に、学生さん・求職者の方へメッセージをお願いします!

ビジネスをする上で、ロジカルシンキングを徹底的に学ぶことはとても大切です。
でも、言葉による僅かな理解が直感よりも優先することがあってはいけない。

感情に詰まった情報 >> 言葉で表現できる理由 です。

論理を超えた直感で仕事をしたい方を歓迎します。

FURUEL株式会社's job postings
7 Likes
7 Likes

Weekly ranking

Show other rankings