1
/
5

What we do

ZOZOグループで展開している事業は、大きく分けて5つです。 ・ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」の開発・運営 ・ファッションコーディネートアプリ「WEAR」の開発・運営 ・ブランド古着のファッションモール「ZOZOUSED」の開発・運営 ・ZOZOTOWN出店企業が運営する自社ECの運営・支援サービス ・ZOZOTOWN及びWEARでの広告事業 その中でも主要サービスである「ZOZOTOWN」は、2004年のサービス開始以降、右肩上がりの成長を続け、現在では年間購入者数812万人、取扱いブランド数7,056ブランド、常時73万点以上の商品を取り扱う日本最大級のファッション通販サイトになりました。 また、2019年秋には採寸用ボディースーツ「ZOZOSUIT」で得た体型データを活用し、出店ブランド様と協働して多サイズ展開の商品を販売する「MSP(マルチサイズプラットフォーム)事業」や、ブランド様の自社EC支援を強化する取り組み「Fulfillment by ZOZO(フルフィルメント バイ ゾゾ)」といった新たなサービスの開始も決定しており、EC業界だけではなく、ファッション業界全体の活性化を目指しています。 ■ZOZOTOWN https://zozo.jp/ ■WEAR  https://wear.jp/ ■MSP事業 https://corp.zozo.com/news/20190425-7403/ ■Fulfillment by ZOZO  https://www.aratana.jp/service/fbz/

Why we do

ロゴの〇△□は、色もかたちも異なりますが、面積はすべて同じ。 「みんな違うけど、みんな一緒(Be unique, Be equal.)」という意味が込められています。
サービス開始時のZOZOTOWNトップ(2004)
当社は、2018年に社名を「スタートトゥデイ」から「ZOZO」へと変更し、第2の創業期ともいえる転換期を迎えました。「世界中をカッコよく、世界中に笑顔を。(Be unique. Be equal.)」という企業理念を掲げ、世界的なファッションテック企業へ飛躍するために、日々挑戦を続けています。 様々なトライ&エラーを繰り返しながら前進する私たちの根底には、”サービスを通じて、世界中の人々を笑顔にしたい。新しい価値を生み出し、今よりももっと楽しく暮らせる世の中にしたい。”という想いがあります。 「インターネットで服は売れない」と言われていた時代に、「ネットで服を買う」という新しい価値を生み出したように、理念の実現に向けて、ファッションテック企業としてまだ誰も見たことのない未来を想像し、新たな価値を創造していきます。

How we do

「楽しく働く」というZOZO WORKSTYLEを掲げ、これまでの労働の概念をアップデートしていきます。
服が好き、人が好き、サービスが好きなど、様々な”好き“を持った人たちが集まっています。そんな気が合う仲間とだから、仕事も楽しめます。
2018年に創業20周年を迎え、 新たに「楽しく働く(Enjoy Work)」という行動指針を掲げました。 大切な人生の大半の時間を、私たちは働くことに使います。 せっかく自分の時間を費やすのであれば、その時間は楽しい方がいいはず。 時に辛い仕事があったり、楽しめない状況があったとしても、 ZOZOは、全てひっくるめて楽しく働ける会社でありたいと思っています。 そのために大切なのは、一人ひとりが「どうしたら楽しく働けるか」を考え、実践すること。 そうすることで全員が楽しく働く、そんな企業を目指していきます。 そして、私たちが楽しく働くことで生み出されるモノが、応援し支えてくださるすべての皆様の幸せにつながると信じています。 当社では、様々なバックグラウンドや価値観を持ったスタッフが幅広い知識や力を集結させながらシゴトをしています。オフィスもパーテーションがなく、グループ会社のスタッフも一緒に仕事をしているので、コミュニケーションが取りやすい環境です。 また、フラットな組織文化のため、社歴や役職・年齢に関係なくお互いの意見を伝えあえるのも魅力の一つです。 私たちが描く未来を実現していくには、みなさんの力が必要です。 ぜひ一緒にファッション業界を変えていきましょう! 【コロナウイルス感染状況下での働き方について】 社内規定の判断軸に基づいた働き方を行っており、現在は全社的に在宅勤務を推奨しております。