1
/
5

【多摩美術大学×デザイナー】美大出身だからこそ出せる価値が、そこにはある。

セブンデックスにはたまたまですが多摩美術大学出身のデザイナーが複数名在籍し、日々活躍しています。今回は3名のデザイナーのルーツを辿り、今に活きる美大カルチャー、美大出身だからこそ出せる価値に迫りました。

(左から佐久間、臼井、安部)

▼プロフィール|佐久間 美里
多摩美術大学卒業後、DeNAで新規アプリサービスの設計,UIデザインに携わる。2020年にセブンデックスに入社し、アミューズの新規事業UXUIデザインなど、企画段階から、UIデザインまで、様々なフェーズの支援を行っている。

▼プロフィール|臼井 結那
セブンデックスのデザインとビジネスに対する思考の深さに魅力を感じ、2020年3月からインターンとして入社。人々が抱える「生きづらさ」をデザインの力で無くしていくべく、デザインの本質を探りながらさまざまな分野のデザインについて学んでいる。多摩美術大学統合デザイン学科在籍。

▼プロフィール|安部 裕子
多摩美術大学卒業後、広告制作プロダクションに入社。ビジュアルデザインを軸とし、デザイナーとしてナショナルクライアントをはじめとした様々な案件に携わる。2020年セブンデックスに入社し、クライアントワーク支援や社内のクオリティーマネジメントなど幅広く携わっている。

それを「デザイナーの仕事」と知り、歓喜

続きはセブンデックスのオウンドメディア「SEVEN DEX POST」で公開中!


株式会社セブンデックス's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more