What we do

私たちUNITEは「挑戦を当たり前にする社会的な仕組みを創る」をミッションに掲げ、2018年に生まれました。 働き方、そして生き方に対する価値観は多様化し、個の時代が日本にも訪れつつあります。テクノロジーはその流れを加速させ、それに伴い企業と個人の関係性も緩やかにですが確実に変化してきています。 この時代背景の上で、私たちUNITEは、「人それぞれの価値観にあった生き方や働き方を選択できる社会の実現」を目指し、個人個人が「多様な選択肢の中から、今この挑戦をしている」と言える世の中の仕組み作りを事業として運営しています。 UNITEの事業は、その事業を通して個人の精神的・時間的余裕を作れるかどうか、あるいは働き方・生き方の選択肢を広げられているかどうかを基準に展開しています。 現在は日本において従事者の多い「セールス」の領域で、実務者、管理者として実績を残しているセールスメンバーがプロジェクトマネジャーとして顧客の事業計画に達成を共に実現する「セールスディベロッパー事業」を運営しています。

Why we do

創業者であり代表の上田はこれまで一貫してセールスでキャリアを積んできました。過去には過酷な労働環境下で生死をさまよう経験や、マネジメントとして組織作りにも関わる中で壁にぶつかってきた経験があり、そうした経験を経たからこそ一人ひとりの生き方や働き方を見直し、実現できる環境をUNITEの創業を通じて実現したいと考えています。 そのためにビジョンを「価値観とテクノロジーを融合させ、働き方を再定義し続ける」と定めました。UNITEでは自己実現を支援する生き方・働き方の実現を支援するため、その仕組み創り=事業として展開していきます。そのためには最適なテクノロジーや方法論を取り入れ、一人ひとりが時間と精神的余裕を持てる環境を作ることが必要だと考えています。 UNITEは一人ひとりの生き方・働き方を支援する組織です。社会的な仕組みをテクノロジーなどを活用して一人ひとりの様々な挑戦ができる仕組みをUNITEが創っていきます。

How we do

様々なアプローチから効率性・生産性の向上に努めています。例えばUNITEはオフィスは持たず、全員が原則リモートでプロジェクトに参画しています。複業メンバーもUNITEに参画できる理由の一つです。 SaaSツールを積極的に導入・活用しており、コミュニケーションコストをできる限り下げることにも注力しています。(2020年2月には社内Wikiとしてnotionが導入されました!) こうした環境作りだけでなく、プロジェクトマネジメントの手法もPDCAを回してよりよい運営がでいるように日々改善しています。