1
/
5

人事が語るパートナーズ。人生が大きく変わる会社。

音羽 舞(Otowa Mai)
人事部 課長

福岡県出身。2012年に福岡の大学を卒業後、新卒で大手不動産会社の人事を経験。「不動産業界のベンチャー企業へ入社したい」と考え、2013年に株式会社パートナーズへ入社。入社当初は、契約管理本部 SSTと総務を兼任。自身の目標を叶えるべく、2016年に人事部を立ち上げた。


ー 現在の業務内容を教えてください。

おもに採用を担当しています。年間を通して新卒・中途採用のどちらも実施しており、面接だけではなく、採用後のアフターフォローもこだわって取り組んでいます。

また課長職として、経理、広報、総務、人事などのバックオフィス全般のマネジメントも担当しています。

いずれはメンバーのみんなが各自1つの部署として独立し、その部署を強く大きくしてほしいという想いがあるので、それぞれ日々基盤を創るのはもちろんですが、今はこの4人が一緒だからこそ出来ることをやっていき、いろんなことにチャレンジしてほしいです。

ー 人事部を立ち上げられたとのことですが、そういった新しいことを取り入れてもらえる風土なのでしょうか。

代表の吉村は、新しい取り組みに対する決断が圧倒的に速いと感じます。基本的に、提案を断られることはありませんでした。

提案の際には、新しい取り組みの中身はもちろん、実働に向けたプランなども踏まえてお伝えします。そのため、代表の吉村も「OK、それでやろう!」と即決してくれることが多いです。

ただ同時に、自分から新しいことをやると言った以上、やるべき責任があります。その点は少なからずプレッシャーもありますね(笑)

チャンスをいただけるものは勝ち獲っていこう、という精神です!

人を大切にするという想いはいつまでも変わらない。

ー 入社から現在まで、会社がどのように変わってきたかを教えてください。

時間が経っても、弊社が大切にしている価値観はまったく変わっていません。例えば、「人を大事にする」という風土は昔も同じです。

採用基準として設定している「素直で謙虚で、努力し続けられる」という要素も、創業からずっと大切にしています。それが、会社が大きくなってもパートナーズがいい意味で変わらない、大きなポイントかもしれません。採用基準をクリアした方が入社してくれているので、会社としての根本の価値観がブレないのだと思います。

ただ、組織的な意味では大きく変化しています。
会社として成長フェーズなので、部署もどんどん増えていますし、それに応じて人も増えているので、パートナーズとしての幅はどんどん広がっていると感じますね。

「いつの間に、私の実家まで?」仕事の関係性を超えた、家族のようなつながり。

ー 人事の音羽さんから見た「パートナーズらしさ」を教えてください。

パートナーズを一言で表すと、「家族よりも家族と思える仲間」だと思います。

この言葉だけではあまりイメージがわかないと思うので、私の体験をお話しますね。

私がパートナーズで人事部を立ち上げた理由は2つ。
1つは、学生の頃から「新卒採用担当になりたい」という夢を持っていたから。
もう1つは、ベンチャー企業の人事として自身のキャリアを積んでいきたいと考えたからです。

採用は、その方の人生も、会社の未来も大きく左右する仕事。だからこそ、パートナーズの人事なら、自信を持ってやり遂げられると思ったんです。自慢できる会社で人事をすることは、人事としての自信になりますし、仕事をしていてとても気持ちが良いんです。

代表の吉村も、「いつになるかわからないけど、新卒採用をいずれやりたい」という想いがありました。その時に「新卒採用をするときは、私がやりたいです!」と直接お伝えしたのが始まりでした。

その後、パートナーズで中途採用を2〜3年経験し、ついに新卒採用を実施することが決まりました。

もちろん会社として初めての新卒採用だったので、何をしたらいいかわからない状況でした。しかし、すべてをそこに捧げるつもりでやりきる、ということだけは決めていました。

当時は25歳。他社とは比べずにパートナーズらしさを活かし、独自の採用を目指して、本当に死ぬ気で頑張りました(笑)。なので、新卒一期生は、まるでわが子のように思っています(笑)

その新卒一期生の入社式で、代表がオリジナルムービーを作ってくれたんです!

これまでの私の人事としての歩みや、採用した方からの個別メッセージ。そして、私が面接時にお伝えした言葉を代表が全部記憶して、ムービーにまとめてくれていました。

それだけでも本当に感動したのですが、ムービーの最後に、実家である福岡の両親も出てきて。わざわざ私のために、福岡までメッセージを撮りに行ってくれたのだと思うと、本当に感動と感謝でいっぱいでした。

一般的にそこまでしてくれる会社は少ないと思いますし、改めて「パートナーズって、本当に愛にあふれた会社だなぁ」と感じたのを、今でも覚えています。


これは私が特別だからではありません。人のために行動する、愛する、とことん尽くす。そういった人がパートナーズには本当に多いと思います。
私はそれを、“家族よりも家族と思える仲間”だと思っています。

会社のメンバーと過ごす時間が圧倒的に長いからこそ、良い人と働きたいですし、良い時間を過ごしたい。そういう集団だからこそ、会社としても良い空気ができている。

私自身もそうですが、パートナーズに出会ってから考え方も生き方も大きく変わる人がたくさんいるんです。そういったところがパートナーズらしさだと思いますね。

仕事をこえて、その人に尽くしたいという想い。

ー 社内で活躍している人の傾向を教えてください。

素直で謙虚で努力し続けられる人、ですね。
これは本当に重要だと思います。

ただ、継続することは本当に難しい。仕事時間に頑張るのは当たり前で、成果を出すために努力を継続できている人は、仕事以外の時間も積極的に活用しています。
やっぱりそういった方ほど、個人のファンがたくさんついている印象がありますね。

私も人事として、「音羽さんだから入社を決めました」と言われると、本当に嬉しいです。
そのためには、私自身も時間を惜しまないという想いで取り組んでいます。連絡が来たらいつでも対応するし、時には手紙を書いたりもします。

それが苦ではないですし、その人のためにとことん尽くしたい、という想いが強いですね。パートナーズの営業部も契約管理本部もみんなそうなので、私も感化されました。

あとはいつも謙虚で、天狗にならない。そして野心や目標が高くて、少しも現状に満足していない方も結果が出ています。結果を残せる方は、昇格のタイミングが早いのもパートナーズの特徴ですね。最短で、3カ月で昇格した例もあります。

最近昇格した2019年新卒の子たちは、1年3カ月で昇格しています。また会社としても成長フェーズにあるので、マネージャー職に就けるチャンスは他の会社よりも圧倒的に多いと思います。

ー 女性の働き方の部分では、どんな会社にしていきたいですか?

不動産業界は、大変な仕事が多いと思います。ただそういったことを十分に理解し、覚悟して入社してくれた女性の方々には、働きやすい環境を創りたいと思っています。

ただ、私自身も女性ですが、働きにくいと感じたことはありません。むしろ働きやすい環境だと感じています。

講師を招いて毎月女性だけの研修も行ったことがあります。メイクの方法や話し方、服装、メールの文面など、女性の強みを生かした方法を教えてくれるので、そういった面でも働きやすい職場だと思います。

社内の女性も、徐々に結婚・出産を迎える方が増えています。今後は、そういった方々に向けた制度を導入したいと考えています。現在、育休中の社員が1名いるので、女性が働きやすい制度を一緒に考えて整えていきたいと思います。

女性だからこそ、活躍できる強みをどんどん増やしていき、女性から会社を盛り上げていきたいですね!

ー 今後パートナーズをどうしてきたいと考えていますか?

いくつかありますが、ブランドイメージや認知に力を入れていきたいと思っています。

多くの方からすると、パートナーズと聞いてもまだ「?」というのが現状です。いずれはパートナーズと聞けば「投資用不動産の会社ね」とすぐに分かっていただけるようになりたいですね。

さらに、最終的に目指したいのは「投資用不動産といえばパートナーズ」と思っていただけること。そのイメージや認知度があれば日本一の会社だと思いますし、そのレベルを目指していきたいです。

組織的な点では、人をただ増やすことはしません。個々の力をどんどん高め、組織を強くしていきたいと考えています。どこへいっても通用するぐらい個々人が腕を上げることが、会社を強くすることに繋がります。

また、私個人もパートナーズの人事として有名になりたいです!(笑)

ー 最後に、求職者の皆様へのメッセージをお願いします。

この記事を読んでくださっている方にお伝えしたいのは「パートナーズに入ったら、きっと大きく人生が変わる」ということです。

私もパートナーズに入社するまでは、正直ここまで仕事にのめり込むとも、仕事を好きになるとも思っていませんでした。
パートナーズは人間として大きく成長する機会に溢れています。是非応募いただけると幸いです。

直接お会いすれば、もっともっとパートナーズの魅力を伝える自信がございます!(笑)

皆様とお会いできるのを心から楽しみにしております!!

株式会社パートナーズ's job postings
10 Likes
10 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more