1
/
5

ホテルスタッフから営業サポートへ。原動力は「日本一の部署を創りたい」

――今行っている仕事内容を教えてください。

投資用不動産の販売を行っているアセットマネジメント事業部で、
お客様にご購入いただいた物件に関する、契約後から引き渡しまでの事務作業や書類の管理、金融機関との橋渡しなどを行っています。

私が入社した当初のアセットマネジメント事業部は、営業担当と私自身の2人だけだったのですが、会社
の成長に合わせ、部署も益々拡大しています。

――箱田さんは中途採用ということですが、前職は何をされていたんですか?

大学卒業後は大手のホテル運営会社に就職しました。

主な仕事内容は、フロントに立って接客をしたり、裏方の経理、総務の仕事や、団体のお客様へ予約交渉を行ったりと、半分営業のような仕事も行っていました。
その他、勤続年数が経つにつれて、取引企業様との連携や、ホテルの価格設定、マネジメント、新人教育など、経験してきた業務内容は多岐にわたります。

ホテル運営会社を辞めて、転職した先がパートナーズです。

――全くの異業種への挑戦ですね。パートナーズを選んだのは何故ですか?

最初のきっかけは本当に「直観」でした。「ここだ!!」と思ったんです。

ホテルに勤めていた時から、フロントに立つよりも、事務作業や土台作りなど、従業員のためを想い、働きやすい環境を整えていく方が楽しいと感じていました。
そのため、「営業事務」「営業サポート」などに絞って転職先を探していました。

時間をかけて転職活動を行っていたので、本当にたくさんの企業を吟味していたんです。ただ、「面白そうだな」と思うことはあっても、理念や、掲載されている社長からのメッセージがあまり頭に入ってきませんでした。
何かが違う。そう感じながら、転職活動をしていた時に出会ったのがパートナーズでした。

まず、「人」にフォーカスをして採用、教育、成長をしている姿にとても共感し、興味を持ちました。また、HPの洗練されたデザインもすごく素敵だなと。

様々調べていくうちにどんどん引き込まれていき、代表吉村のメッセージと会社理念を読んだ時、「ここだ!!」と直観的に思ったのを覚えています。
やっと見つけた。ここしかない。と感じ、応募しました。

面接で採用担当や先輩社員、代表吉村と話をして絶対に入社したいという気持ちが更に強固になりました。
求人媒体やHP、ブログからも伝わってきたのですが、「仕事を全力で取り組むことができる環境」がまさに私の理想だったんです。
社員全員が仕事に対して真っすぐに向き合っていて、目標達成や成長する事に対してとても意欲的でした。

私自身、「仕事をやるならとことん仕事と向き合いたい」という考えがあったので、採用の連絡があった時は本当に嬉しかったです。

――まったくの未経験、かつスタートアップ部署への転職を決断されたのはなぜですか?

興味の幅が広く、何でもやってみたいという気持ちが強かったというのが大きな理由です。
営業事務という業務範囲であれば、職業にこだわりはありませんでした。

そして、仕事ととことん向き合いたいという気持ちがあったからこそ、中途半端に知識があるよりも、未経験から飛び込んで新しいことを始めたい。新しい業界も見てみたい。

さらに言うと、立ち上げ段階であれば、様々なことを覚えて、知ることが出来るだろう思い、飛び込みました。

――それからパートナーズに入社して3年が経ちますが、思い出深いエピソードはありますか?

やはり、スタートアップ当初が一番印象に残っています。

先ほども少し触れたのですが、私がパートナーズに入社した時は、アセットマネジメント事業部は創設されたばかりでした。櫻井という営業担当と、事務を担当する私の2人だけ。
有難いことに、パートナーズはたくさんのお客様に選んでいただき、入社当初から多くの仕事を経験することができました。

アセットマネジメント事業部、そして株式会社パートナーズの様々な「初」にも立ち会いました。
東京ビックサイトで行われる「EXPO」に初参加した時は本当に大変でした……。
イベントに参加した実績自体がなかったので、ブース設営から運送、資料作成、セミナー誘致……全てが手探り。会社にも私自身にも経験や知識がないので、外部の方の手を借りたり、業者の方に一から教えていただきながら業務を進めました。

そう言った「初」の出来事は、総じて確かに大変ではありました。仕事が次から次へと舞い込んでくるので、Aという仕事について解決策を考えたいのに、BCDEという仕事も重要タスクとして残っているために、考える時間がない!などといった状況も珍しくありませんでした。

ですが、「仕事に没頭したい」という想いはしっかりと果たされていたので、苦ではありませんでした。同時に、上司や周りのサポートをしてくれる社員もとてもストイックで、一緒に仕事に没頭していました。仮に没頭しているのが自分だけであれば、メンタル部分でストレスがかかったのかもしれませんが、皆で同じ方向を向いて、全力で走っていたので、「楽しい」と思うことが出来ました。

特にマンツーマンでアセットマネジメント事業部を創り上げていった櫻井とは、当初から多くの仕事において、未来の話をしました。
今後どうしていこうか。どんな働き方をしていこうか。こんな部署にしていきたいねと。そしてある時、櫻井から「日本一の部署にしよう」と言われた時、なんてアバウトな目標なんだと思いつつも、目の前がとても明るく拓いたんです。その時に私の指標が明確に定まりました。

これから日本一の部署を創っていくんだ。そのためにも、私は営業担当のために更に努力を重ねよう。

仕事は時に想像以上に大変なこともありますが、今アセットマネジメント事業部として一緒に働いてくれている仲間たちと、スタートアップ当初の想いが私を支えてくれています。

――素敵ですね。日本一の部署にするために、今後の目標はありますか?

更に部署を強固にしていくための土台を整えていくことが最前の目標です。

繰り返しになりますが、当初は事務社員が私のみだったため、個人の裁量で仕事を進めていました。ですが、そうすると、どうしても「私にしかできない、私だけのやり方」になってしまうんです。

今、事務として活躍してくれている心強い社員が私以外にもいますが、今後益々増えていくでしょう。
私の目が生き届く範囲で行っていたからこそ成り立っていた運営の方法を、人数が増えたとしても管理できる環境に整えていく。土台や、マニュアルを作っていくことを目下の目標にしています。

とはいえ、お客様は十人十色。そして、営業担当も、十人十色です。
営業担当がやりやすい方法で、1人のお客様にとって最良の商品、サービスをご提案出来るよう、時には臨機応変に対応するのも事務の仕事だと思っています。

マニュアルをしっかりと作り込みつつも、いい意味でマニュアルに囚われすぎない人財を目指します。

――最後に、同部署に今後、どのような方にご入社頂きたいですか?また、求職者の方にメッセージをお願いします。

誰かをサポートすることを楽しめる方にご入社いただきたいです。
アセットマネジメント事業部セールスサポートスペシャルチームのメイン業務は「営業のサポート」です。
どうすれば営業担当が働きやすいか、どうしたらアプローチしやすいかを考えて行動できる方なら、きっとご活躍いただけます。

先ほどもお伝えした通り、営業担当もお客様も1人1人性格や目的、バックボーンが異なり、マニュアルに沿うばかりが最善ではない場合もあります。
そういった部分を楽しんでこなせる方に是非ご入社いただきたいなと思います。

今これを読んでくださっている求職者の方へ。
就職活動、転職活動をするに際して、焦る気持ちや不安な気持ちもきっとあると思います。

私自身も同じ気持ちでしたが、絶対に妥協しないでください。私は妥協しなかったからこそ、「絶対にここに入社したい!」と感じるパートナーズと出会いました。

皆様にとっての「絶対にここに入社したい!」が私と同じく、パートナーズであればいいなと思います。
少しでも悩んでいるようでしたら、是非一度お話を聞きに来てみてください。
きっと「ここに入社したい!」と思っていただける自信があります。

株式会社パートナーズ's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more