1
/
5

世の中に与える影響力は無限大!Webマーケティング業界で働く面白さとは?

こんにちは、ゼロアクセル採用担当です。

今回は、弊社で活躍する、自社メディア運用ディレクター3名とデザイナー1名にインタビューを実施しました。仕事内容や弊社の雰囲気、デジタルマーケティング業務のやりがいをお伝えできればと思っております。ぜひ最後までお読みください。

現在の役割について教えてください。

M: 僕と女性2人は自社メディアの運営業務を担当しています。

K: 僕はUIUXデザイナーです。

デザイナーは具体的にどのような業務を行っているんでしょうか?

K: メディアの記事のアイキャッチ作成や、記事内で図解する際のイラスト作成、修正など、主にメディア運営の装飾回りを担当しています。先週入社したばかりなので、今後更に視野を広げて様々なことに挑戦していきたいと思っています。

そうなんですね。他のお三方はいつ頃入社されたんですか?

S: ゼロアクセルの創業時(2020年4月)です。

自社メディア運営についても具体的に教えてください。

M: 主に金融関連メディアや自動車バイク関連サイトなど暮らしにおけるさまざまなメディア運営を行っています。ディレクターとしての仕事は記事構成の考案やSEO対策、ライターへのディレクションなどを行っています。

O: その他、アナリティクスの分析やマネタイズ管理なども、メディア運営をしていくうえで欠かせない作業です。

SEO対策のノウハウや知見を社内で共有する機会があるんでしょうか?

M: はい。基本的には先輩社員の方が教えてくださって、それを吸収した後に自らの業務に反映させるよう心がけています。

K: 口頭での共有に加えて、社内のスプレッドシートでの共有も行っているので、知見に対して社員皆が共通認識を持って業務に取り組めているように感じますね。

現在メディア運営における体制はどうなっているんですか?

M: 基本的にライターが数十名が記事の執筆を行っています。ディレクターごとに数人のチームを形成し、全体の記事制作を行っているという感じです。

その後、アナリティクス分析なども一気通貫で実施しています。

どのくらいのペースでコンテンツを公開していくのですか?

M: 僕は1日2本程のペースでコンテンツを作成しています。

S: 私は月に20本のコンテンツ公開を目指しています。

社内はどんな雰囲気ですか?

O: 社員皆意識を高く持って仕事をしているので、自分も頑張らないと向上意欲をそそられる環境ですね。

S: 社員同士のコミュニケーションが活発です。気軽に話しかけられる雰囲気で、業務内で生じた問題を共有し、皆で協力して解決しています。

M: スピード感があって、思い立ったら直ちに行動に移せる環境です。例えばサイトを新たに作成する際に、急なデザインの変更を提案したら否定することなく褒めて頂けたことがあります。本当に風通しが良いですね。声を上げても否定されることなく、その挑戦を受け入れてくれる暖かい雰囲気です。

仕事をしていてやりがいを感じるときはどんな時ですか?

S: インターネット上で検索した時に自分が作成した記事が表示された時です。自分の作成した記事が、「多くの人が閲覧するもの」として世に出ていることにとても感動しますね。

K: 自分で作成したものが認められたときは本当に嬉しくて、一生懸命取り組んできた甲斐があったなと思います。先輩からフィードバックをたくさん頂いてそれを受けて作り直して、という行程を繰り返して完成させたものなので。次は更に優れたものを作ろうという意欲にも繋がりますね。

O: 自分の成長を感じることができた時です。デジタルマーケティングは特に成果が見えやすい仕事だと思うんですよ。PV数やUU数などの数字を分析すると、自身の仕事がどれ程の成果を挙げたのか、どれ程売上に影響を与えたのかを自分の目で確認することができます。成果と売上と自身の成長が、可視化された数字によって裏付けされるので、向上心を高く持って仕事に取り組めていますね。

M: 月の売上や、閲覧数、記事内で紹介した商品を実際に使ってくれた人がいるという報告などを聞いた時です。社会の一員として、世の中の人々にとって役に立つ情報を発信できているという感覚を覚え、心が満たされた気持ちになります。

S: 自分の作ったもので誰かの心を動かすことができた時は言葉に表すことのできない高揚感がありますよね。

反対に大変だったことはありますか?

M: 現状の人手不足も相まって、業務の効率化が求められます。その分裁量を持って幅広い業務に携われるという点は魅力でもあると思います。

S: 最新トレンドの変化が早いため、情報をキャッチアップしつつ、それを自身の業務に反映していかなければならないということが最初は大変でしたね。

今後のビジョンは何かありますか?

M: 現時点では未熟者なので、SEO対策などデジタルマーケティングの見識を深めることを怠らず、常に読者思考の本質を突いた記事を企画できる人材になりたいと思っています。また、プロライターさん含むチームメンバーとのコミュニケーションを重視し、訴求内容における見解の相違がないよう日頃から心がけていきたいです。

O: 直近の目標としては、成果にこだわって数字を追い求めていき、自身の成長を促進させていきたいと思っています。そして将来的には、幅広い分野において知見を深め、社会に有益な情報、世の中の人々が本当に必要としている情報を正しく認識し、提供し続けられる存在になりたいですね。そのためにも日々学び続ける姿勢を忘れず業務に取り組んでいこうと思っています。

どんな人に来てほしいですか?

S: SEO対策など成果を出すために時間を要する業務も多いので、地道な仕事もこつこつ真面目に取り組める人が向いているように感じます。それに加えて、向上心が高く、お互いを高め合いながら業務に励んでいける方と共に働きたいと思っています。

K: とにかくやる気のある人。この業界は流行り廃りが早い傾向があるので、新しいものや技術をインプットし続けることに前向きである人に来てほしいですね。

株式会社ゼロアクセル's job postings
11 Likes
11 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more