1
/
5

IT業界未経験の20歳が、デジタルマーケティング企業でWebデザイナーになった話

こんにちは。ゼロアクセル採用担当です。本日のストーリー記事は、メンバーインタビューです。

先月弊社に入社したばかりのWebデザイナーAさんに入社するまで、してから、今後の目標について話を聞いてきました。

なんとAさんは弊社に入社するまで工場に勤務していて、IT業界は未経験だったんです。興味深い話を色々と聞くことができたので、ぜひ最後までお読みいただけるとうれしく思います。

■まず最初に、自己紹介をお願いします。

ゼロアクセルでWebデザイナーとしています、Aと言います。

ゼロアクセルには先月入社したばかりで、現在はゼロアクセルが運営している複数Webメディアのデザイン制作、バナー制作がおもな業務となります。来月からは公式HPのリニューアルが始まるのでそちらのデザイナも進めていかないといけないんです。毎日覚えることがたくさんあって、楽しい毎日を過ごしています。

■ゼロアクセルに入社するまでは何をされていたんですか?

高校を卒業してから、地元の工場に就職したんです。

でも、入社して半年経ったころに、工場内で大事故にあってしまって、そこから1年くらい長期でリハビリ生活を送っていました。

その事故で怪我をしてしまったのもあって、もう工場では働けない、そうした際に「何をしようか,,,,」と悩んで、IT業界にチャレンジしてみようと。そうして、オンライン講習サービスを使って、Webデザインの独学を始めました。

■どうしてWebデザインの道に進もう!と思ったんですか?

もともと洋服や車が好きで、デザインであれば、仕事が趣味にも繋がるのと、自分自身で仕事に出来る領域の幅も広がると思ったんです。でも、就職先が全然決まらなくて、そんな中ゼロアクセルとご縁があって、当時の面接官の人と剣道の話で意気投合して(笑)

■入社した当時はWebデザインの実務経験はなかったんですよね?

はい、入社後「Photoshopやillustratorを使うといいよ」とアドバイスをもらったのみで、自分で調べて自分で練習して、最近になってようやく出来ることも広がってきました。

小学生の頃から剣道を長くやっていたのですが、その時から「自分で考えてやりなさい」と指導を受けていて、今となってはその指導が本当に役に立ったな、と感じています。

それでも最初は全然ツールが使えなくて、大変でした(笑)

■今後のキャリアが本当に楽しみですね。

はい、今ゼロアクセルは積極採用活動中で、僕自身まだ入社して一か月が経ったところなのですが、すでに後輩の方たちがたくさん入社してきていて。

現状デザイナーは僕一人なのですが、先輩としてもっとしっかりしていかないといけないなと考えています。

■前職とは環境も全然違いますか?

はい、工場は団体仕事なので「個々人で成果を出す」ことが求められる環境ではないんです。一方ゼロアクセルにおいては、個々人に裁量と成果に対する責任が大きく与えられているので、その点が全然違いますね。今のほうがやりがいは大きい、充実していると感じます。

■なるほど、、、!ちなみに、ゼロアクセルの良いところってどのように感じていますか?

まず年齢がみな若くて、余計な気を遣う必要がない点、ノーストレスで業務に集中できる環境です。また、少ない人数だからこそ意見も自由に話しやすくて、みなの仲も良い、空気が良いですね(笑)ランチ会が毎週木曜日にあって、そこで他のチームのみんなともコミュニケーションがとれています。自由な社風なんですが、個々人が仕事に対する責任感は強くもって業務に望んでいます。

■どんな人がゼロアクセルにマッチすると思いますか?

自走できる人、ですかね。自分で進んで考えて、動ける人がマッチすると思います。

■今後のキャリア展望についても教えてください

世の中的に、「デザイナーは稼ぎにくい仕事」という風潮があると感じています。

これを壊したい、デザイナーとして稼いでいきたい、という気持ちを強く持っています。今とても貴重な経験を得れているので、ビジネスドメイン以外の場所でも経験を増やしていきたいと思っています。

■今日はありがとうございました!!

株式会社ゼロアクセル's job postings
8 Likes
8 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more