1
/
5

What we do

「アガルート(AGAROOT)」には,受験生のキャリア,実力,モチベーションが上がる道(ルート)になり,出発点・原点(ROOT)になるという思いが込められています。
司法試験、行政書士試験、社会保険労務士試験などの難関資格対策の講義を提供する予備校アガルートアカデミーの運営をしています。
株式会社アガルートは、主にオンライン上で、司法試験、行政書士試験、社会保険労務士試験などの難関資格対策の講義を提供する予備校「アガルートアカデミー」など、教育×ITを中心として事業を運営しています。 ◆ミッション 人を変え、社会を変える ◆ビジョン 教育を中核とする社会的インフラの構築 ◆株式会社アガルート http://www.agaroot.jp

Why we do

講師、制作、映像、マーケティングメンバーなど、各分野のエキスパートが協力し、受験生が本当に必要としていることを提供するために、日々奮闘しています。
ベテラン、若手に関わらず、自由にアイデアや意見を出しあいながら、成長できる環境です。
創業者でありアガルート代表の岩崎は、司法試験合格後、大手資格試験予備校で司法試験の講師を務めた後、独立しアガルートを立ち上げました。 ≪受験生が本当に必要としていること≫を提供したいという思い 大手の資格予備校では、未だに一定の時間に通い、講師が一方的に話すという通学スタイルが主流です。 テクノロジーが進歩し、これだけオンライン講座が流行している中で、それではユーザーである受験生が『本当に必要としているものを提供する』ことができないことは明らかです。 一方で、オンライン講座が流行して約10年が経過していますが、それでも通学スタイルが廃れていないのは、オンライン講座が受験生のニーズをしっかりと捉えきれていないから。もう一度ゼロベースで、今「受験生が本当に必要としているもの」は何なのかを突き詰め、それを提供しようと考え設立しました。 アガルートアカデミーの理念は、「受験生が本当に必要としていること」を提供して、受験生の道しるべとなることにある。「アガルート(AGAROOT)」には、受験生のキャリア、実力、モチベーションが上がる道(ルート)になり、出発点・原点(ROOT)になるという思いが込められています。

How we do

アガルートではさまざまなバックボーンを持った個性豊かな仲間たちが、活躍しています!今後も幅広い年齢層にフィットした制度も充実させていきたいと思っています。
アガルートエントランスでアガルートポーズ☝
社員数は60名程度。20代~50代までの幅広い年齢層と、様々なバックボーンを持った仲間が集まっています。 ここ数年の急成長に伴い、新しい仲間が続々と加わっています! ≪アガルートでは、皆がより長く快適に働ける環境を整えています!≫ ◆スーパーフレックスタイム制 フレックスタイム制(コアタイム無)を敷いていますので,柔軟な働き方が可能です。 ◆各種勉強会や研修への参加費用の会社負担 各種勉強会や研修へ参加した場合の費用は会社負担とすることができます。面倒なレポート等もありません。 ◆退職金制度 勤続年数が5年以上の社員が退職した場合,退職金が支払われます。 ◆時短勤務制度 小さなお子さんをお持ちの方等については,勤務時間を短縮することができる時短制度を設けています。勤務時間は柔軟に調整することができます。もちろん,残業もありません。 ◆懇親会,親睦会等(飲み会)の費用の会社負担 懇親会,親睦会等については全て会社が費用を負担しています。 ◆ドリンク,コーヒー飲み放題,お菓子食べ放題 お茶,コーヒー,野菜ジュース等のドリンクを自由に飲むことができます。また,お菓子を食べたり,ガムをかんだりすることも自由です。 ◆MVP制度(四半期) 評価制度とは別に,代表が当該四半期に活躍した社員を表彰する制度です。金一封も贈呈されます。 ◆社員同士のランチ,飲み会の会社負担 1人当たり月10,000円を上限として支給されます。 ◆部活制度 1部活につき,月20,000円を上限として,部費が支給されます。 ◆リモートワーク手当 全社的にリモートワークを推奨しています。フルリモートで勤務を行った場合、1日あたり500円が支給されます。 ◆近隣手当 会社から徒歩で通える距離(2㎞圏内,おおよそ2駅以内が目安)に住むと,家賃補助として,月額30,000円の近隣手当が支給されます。 他にも社員から提案することで新しい福利厚生が生まれるなど、みんなで会社を良くしていこう!という風土があります。