1
/
5

【チーム紹介】仕事をまじめにおもしろく!運用部編

こんにちは!

人事の常世田です。

2021年1月もあっという間に折り返し。
気づいたらまた年末なんてことが起きそうです。

そんなことはさておき!
データマーケティングチームの紹介に続き第二弾!メディアソリューション本部 運用部のチーム紹介です。
チームの雰囲気やメンバーのキャラクターなど、様々伺ってきたのでぜひお読みください。

どうぞ!

[Profile] 滝澤佑哉(上)
2020年度4月新卒入社。入社後、運用部へ配属。
また、LINE PTとして最新アップデートの共有や案件のグロースハックに取り組む。
その後、2020年の10月に非ゲーム案件を主として扱う第一運用チームへ参画。WEB領域での日々の運用調整や媒体提案などを行う。
好きなものは服と動画作成とサウナ。いつか動画クリエイターになりたい。バスケ経験者。

[Profile] 八木季央(下)
某都市銀行に新卒で入社。投資商品の営業を経て、プロダクトアウトではないインターネット広告運用に憧れ2019年6月にD2C Rへ入社。
入社後から運用部へ配属され、ゲーム・非ゲーム案件の広告運用を担当。
2020年10月より組織体制の変更に伴い、非ゲーム案件を中心に扱う第一運用チームへ参画。メディアプランニングから日々の運用改善提案を中心にクライアント様の広告配信の改善を行う。趣味は楽器演奏。ジャズとメタルをこよなく愛する。

運用部ってどんな雰囲気?

常:お疲れ様です!
チーム紹介第二弾となります!八木さん、滝澤さんはトレーナートレーニー間だと思うのでその視点も込みで色々お話し伺っていこうと思っています!よろしくお願いいたします!

八・滝
よろしくお願いいたします!

常:早速ですが、お二人の業務内容について教えていただけますでしょうか?

八:アプリとWebサービスのWeb広告運用コンサルタントとして業務を行っています。
特に美容系の案件が主担当で配信メディアもGoogle、Facebookなどの大手メディアが中心となります。コスメ系のクリエイティブが多いので、多少なりとも女性のコスメの知識がつきました笑

常:そんな副次的効果もあるんですね笑
滝澤さんはどうですか?

滝:僕もアプリとWebサービスの広告運用を担当していて、美容系、通話アプリといったダイレクトレスポンスの案件を受け持っています。
得意な媒体はFacebookです。配属当初からFacebookを配信することが多かったので、他の媒体と比べると慣れてきているかなと思います!

常:ありがとうございます!
それではお2人が感じているチームの雰囲気を教えてください!

八:雰囲気でいうと、助け合いが出来るチームかなと思っています。
今はリモートワークでチャットワークでのコミュニケーションがメインなのですが、質問専用のチャットグループを作成し、困ったメンバーがいれば相互に助け合えるような工夫をしています。
かつ、口頭で聞きたいことも時間を作ってオンライン上で質問を受けてくれたり、困った時にすぐ聞くことが出来るので安心して働けるチームだなと思っています。

常:自然とそのような取り組みに?

八:リモートワークになって、今までサクッと聞けた質問もなかなかしづらくなっていて…
元々のチームチャットで質問しても流れてしまうことが多かったんです。

なので、質問専用のチャットを作ろうとなり、困ったことがあれば抱え込まないようにしようねといった雰囲気ができましたね。

常:八木さんは入社して1年半だと思うのですが、当時とチームの雰囲気など変わったところってありますか?

八木:今は人を育てることにとても力をいれているなと感じます。
僕が入った時は、ある程度できるようになったら独り立ちをして、わからないがあったら都度聞いてねといった形でした。

でも今は、1人前になってからもトレーナーがフォローするといった制度が整ってきているので、仕事を進める上での安心感が高まったかなと思います。

常:リモートワーク後も採用は続けていますが、メンバーのキャラクターでいうと変わりはありました?

八:キャラクターで言うと入社当時から良い人が多いなとは思っていて、そこは今でも変わらないなと思います。
前職だと質問をすると作業をしながらの返答が多く、疑問が解決せずに終わることもあったのですが
現運用部のメンバーはわざわざ時間を作ってmeet上で教えてくれることが多いです!

常:確かに時間を作って教えてくれるメンバーが多い印象あります!
滝澤さんはどうですか?配属されて約半年経つと思うのですが。

滝:基本的にはパソコンと向き合う仕事が多く、静かで淡々黙々と仕事をしていく人たちが多いのかなと思っていました。
でも、実際業務に入っていくと質問しても温かく返答してくれる方が多かったです。
また、ミーティングやチャット上で小ボケするシーンが多いなと思っています笑
そんなクスッと笑いを誘うような雰囲気が好きですね。

常:小ボケ笑
それってどんなイメージですか?

滝:チャット上でおもしろい小ボケをしている人が多い印象を受けていて笑
真面目な業務連絡の中でも少しユーモアを入れる空気感がおもしろいなと思ってます。
自分もそういうスタンスで、静かにボケていきたいと思ってます笑

常:どんな印象。笑
八木さんそういった印象的なシーンありますか?笑

八:ありますね笑
こんな内容でした。(キャプチャ参照)

これを急に言ってくるんですよ笑
運用部会のアイスブレイクにおもしろいネタを出してきたり、ユニークなメンバーが多いなって感じます。

常:確かにクスッとなるような内容ですね笑

滝:今チームで取り組んでいる「運用知恵袋」というMTGもおもしろいなと思っていて。
それはマネジャーがいない現場のメンバーだけでの取り組みで、「運用ノウハウ」や「リモートワーク中寒いです」といった業務上のちょっとした悩みを共有する時間になっています。内容ももちろんそうなのですが、取り組み名にもユーモアのある名前を付けたりする遊び心が良いなと感じてます!

チームの良いところ、おすすめポイントは?

常:チームの雰囲気が何となく伝わってきたのですが、もう少し聞きたい!
良いところ、おすすめポイントはありますか?

滝澤:運用チーム会のアジェンダに「Hot Topics」という項目がありまして。
上司⇒新卒、新卒⇒上司など、立場関係なしにお互いを褒めていこうという取り組みをしています。
チーム会で一番盛り上がる時間ですし、良い文化だなと感じます!
新卒の自分からすると、褒められるとエネルギーがもらえるので仕事をする上での活力になるなと思ってます笑

常:めっちゃいい…!
以前からの取り組みですか?

八:去年の12月くらいからですかね!
オフサイトをした時に、褒める文化が薄れてきてるよねという意見があり、そういった取り組みが始まりました。

あと個人的には「育成」に力を入れ始めている点も良いなと思っていまして。
新しい仕事に対しては経験者、未経験者関係なく不安なことがあると思うんです。
そこをマンツーマンで教える人を割り当てて、どういうロードマップで育成していくかが制度化され始めているのは良いところだなと思いますね。

※運用チームのみなさま

常:ありがとうございます!
最後にこれだけは伝えたい!などありますか?

八:お話にでていた「運用知恵袋」の取り組みはおすすめです。現場メンバー中心の取り組みなのでボトムアップの文化になると感じていますし、言いたいことがしっかり言える環境作りが出来るなと思っています!

あとがき

僕自身も人事の前は運用部所属でしたがお話しを伺っていくなかで厳しくありつつも楽しく組織を作っていく点は当時と変わらないなと懐かしい気持ちになりました。

力強くしなやかな組織になっていくことでしょう!
本日もお読みいただきありがとうございました!

次回もお楽しみに!

株式会社D2C R's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings