【映像情報Medical】弊社医師の森田の記事が掲載されました!

「疾患リスク予測、予後予測を行う医療AI」

こんにちは。医療業界では現在、画像診断AIを医療に活用しようとする動きが高まっておりますが、先日非常に興味深い記事を発見いたしました。

『The Lancet Degital Health』(9月25日付) に掲載された研究において、これまで疑問視されていた「AIのディープランニングによる画像解析技術は人間の技能に追いついたのか」という問題に対する初の包括的な報告として、「医療用AIは人間の医師と同等の能力を有している」ことが確認されたというものです。

実験の具体的な結果として、AIは病気を87%の正解率で検出でき、それに対して人間の医師が同じ画像で診断した場合は86%でした。また健康な人の画像である場合は、AIと医師でそれぞれ93%と91%の正解率でした。

しかし、多くの関連研究の中でも良質なものが限られており、そもそもサンプル自体が少ない点や、医師は実際の医療現場から得られるであろう、現場では非常に重要となる、画像以外の患者の情報を一切与えられていない点を考慮すると、まだAIは人間を上回っているとは言えないとのことです。

「AIが人間を超えた」という多くのニュースや書籍が見られるほど、AIの発展は目まぐるしいものですが、AIが医療現場に対して本当に価値を与えることができるようにするためには、現場を知る医師をはじめとする医療従事者の協力が不可欠なのだと思いました。


さて、このように医療×AIに関する事柄が話題になっている中、現役内科医でありながら、弊社においてヘルスケアサービスの監修も行っている、弊社医師・森田の記事が「映像情報メディカル」の医療AI最前線特集に掲載されました!

弊社では、現在主に使われている画像診断AIとは異なる、「血液検査や血圧などの数値データや画像所見などのテキストデータを用いた疾患・予後予測」を立てるAIを活用しております。

弊社のAI医療サービスとはどのようなものなのか?なぜ今このようなAI医療が必要なのか?そして、このAI技術を用いてmiupはこれからどんなことを行おうとしているのか?

https://www.yondemill.jp/contents/40686?view=1

ぜひご一読ください!!


弊社では、ともにヘルスケア・医療分野で事業を拡大させていく仲間を募集しています。

少しでも興味がある方は、お気軽にメッセージをお願いします。

miup Inc.'s job postings
4 Likes
4 Likes

AI

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more