1
/
5

【満足度90%】多くの企業が挑戦しているオンライン インターンの背景 #オンコン

こんにちは!

プロッセル 広報担当の大村です。

オンラインでのインターンが当たり前になっている今。私たちプロッセルでは、完全オンラインの「Online Intern Contest 2020」(通称:オンコン)を実施してから今月で5回目となります。内容は10日間の事業立案プログラムとなっています。

ほとんどのインターンでは、お題が出され、チームで話し合い、発表する流れですが、企業の雰囲気はわかっても何かスキルが身につくかと言えば難しいかもしれません。オンラインで行うとなると企業の雰囲気も把握しにくくなり、学生からすると期待していたインターンとのギャップを感じるかもしれません。

そこで、400名の参加者データを元に、90%の満足度をもらっているオンコンの背景についてお伝えします。


オンコン公式サイト>>

https://oncon.prossell.jp/

オンラインツールを使いこなせるか



ーオンラインツールを使ったことがない学生は3分の1以上

オンラインで使用するツールは様々ですが、オンコンでは(Slack, Trello, Zoom, GoogleSlide)を利用しています。

アンケートの結果、これらのツールを使用したことなかった学生はなんと3分の1以上。オンライン授業が進んでるとは言えども、Zoomを使用していなかった学生は10%弱います。

ー説明でツールを使えるようになった人は96%

オンコン前日に「前夜祭」をZoomで開催し、Zoom説明を行っています。

また、当日の開会式でSlackとTrelloの説明を15分程かけて説明しています。説明の際は、独自で用意した資料を使用。事後アンケートでは、「分かりやすかった」「オンラインでも作業が捗った」という声をいただいています。

オンラインで作業をするには、ツールを使いこなせるのかという点も重要です。リモートワークが盛んになってる現代では、オンライン上のツールを使いこなせることは大いにこれから役立ちますね。

24時間体制のメンター陣



ーいつでもなんでも聞ける

オンコンでは毎回、新規事業立案経験がある豪華メンターに参戦していただいてます。

1dayインターンだとメンタータイムが決まっていることが多く、好きなタイミングで聞けないことが多いです。さらに、チーム数が多いとなると、各チームのコミット時間は半日のうち15分×2回ほど。選考による学生だけのグループディスカッションと変わりないと感じてしまうかもしれません。

オンラインでは、Slackを用いてメンターにいつでも質問することができます。他チームの質問と回答内容を参加者同士で見ることも可能です。

毎日雑談ルームを設置する



ー他チームの進捗状況を把握できる

オンラインのインターンで気になるのは「他チームの状況」。オフラインでは伺えないこともありませんが、オンラインでは全く把握できません。

そこで全員が参加できる「雑談ルーム」を設置し、他チームの進捗状況や自分のチームで困っていることを共有することができます

ー運営の力を借りられる

雑談ルームには運営も参加し、各チームの困りごとを解決しています。運営は常に全チームを把握できる体勢であり、今までのオンコンとも比較できるため、かなりチームのプラスになるアドバイスが多いです。

これからに活かせる「オンコン」



ー起業・ビジネスに興味がある学生が参加

第2回〜第4回までオンコンに参加した理由を調査したところ、1位の「面白そうだから」に次いで「起業・ビジネスに興味がある」が2位。

オンコンでは、10日間のプログラム内容で事業立案にトライすることができます。それによって、参加者からは「事業立案のプロセスがわかるようになった」「起業により興味を持てた」という声を多くいただいています。

ー10日間で実際に利益を出している

何十件も営業をかけたり、サービスを運用するなどして、実際に利益を出しているチームが多いです。これは普通のインターンではなかなか経験できないことでしょう。

ーオンコン参加によって他社のインターンに合格

オンコンで得たスキルや経験によって、他社のインターンに合格できたという事例もあります。メンターのフィードバックやリアルな事業立案プログラムを通して、これからに直接繋がる経験を提供しています。

どれだけリアルを追求するか



これまで紹介してきたように、「オンラインインターン」のポイントはどれだけ実践的に行えるかだと考えます。現在のインターンでは採用に繋がることを目的にする会社も多く、学生にとっては魅力的に見えるかもしれません。

しかし、それよりも”本物の力”を身に付けた方が学生にとっても企業にとっても、プラスになるのではないでしょうか。

プロッセルはこれからもそのようなインターンを追求し続けます。

Online Intern Contest 2020 開催中!!

参加はもちろんのこと、最終日の最終Pitchのみの視聴も可能です(要申込)!!

オンコン公式サイトはこちら↓


ーーーーーー

株式会社プロッセルとは

好きな場所で家族と過ごして、好きな場所で働ける。
プロッセルはそんな未来を作っていくことを目標に、
地球に住む皆さんを幸せにしていきます。
オンライン事業を中心に活動中。

株式会社プロッセル's job postings
9 Likes
9 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more