1
/
5

【株式会社B-by-C 坪沼×永野】鏡の力で「恋する100才、働ける120才」を実現する!27歳の若さで役員に出世【混ぜてみた!#3】

こんにちは!B-by-C編集部です!

今回の”混ぜてみた!”で話していただくメンバーは、坪沼さんと永野さんです。

27歳の同期であり、役員でもあるお二人にB-by-Cの今後や会社の好きなところなどを語っていただきました。

「恋する100才、働ける120才」この企業理念が強く伝わるような回になりました!


坪沼和貴さんのプロフィール 写真左)
現在入社5年目。入社3年目で執行役員/SCM・MD・採用
SCM・MD・採用の3つ事業部の責任者。
理念実現に向け、様々な分野で幅広く活動

永野陽平さんのプロフィール 写真右)
現在入社半年。入社後3か月で執行役員/営業責任者に就任。
デジタル領域全般を統括しながら、新規事業含む全業態に密接に関わるB-by-Cの司令塔

「恋する100才、働ける120才」を鏡で実現する!


質問:今後どんな事業に力を入れていきたい?

永:まずはミラー(※HiMirror)ですよね。
(※HiMirror=B-by-Cの製品で顔の面積を測れるミラー。お顔の体重計)

坪:そうですね。「恋する100才、働ける120才」を実現するためには、ライフスタイルを変えなくちゃいけないじゃないですか。世の中の健康、美容情報は嘘だらけで、何が正しいのか分からないんですよね。その人はどんなタイプで何を使ってどう変わったのかデータを取っていかないと…その人に合った商品が提案出来ない。なので、まずは顔のデータを測定して数値化できるミラーを広めたいですね。

永:真のパーソナライズ化ですよね。その人に本当に合った手段や商品は何か?というのを追求していきたいわけですね。

坪:そこは僕らの会社がもともと美容の会社ではないから。総未病社会の解決、健康寿命を延ばすという使命があり、本当はライフスタイルの問題を解決したいんですよね。だけど、健康って言われてもみんなが意識して続けられないんですよ。そんな現実があって、美容という”人の欲求”から入って、医療や飲食といった健康に繋げる。そうしてライフスタイルのマネジメントスタイルとミラーで改善していって「恋する100才 働ける120才」を実現すると…。

永:だからもう最終的に、世界中の鏡を変えてしまおうと…

坪:そうですね。笑 人間、鏡を1日30分以上見るという習慣があるので、そこで顔の測定から一人一人のライフスタイルの改善への提案が分かると。そして、その道のプロへ送客するといったプラットフォーム化も実現していきたいですね!

永:そうですね!鏡って素晴らしいですよね。エイジングは全て顔に現れますからね。老けた、たるみ、赤み、疲れ、生活全てが分かっちゃいますからね鏡で。どういう生活をしているのか。

坪:鏡で美容という”人の欲求”から、一人一人のデータを取ってライフスタイル全体を解決していく。「恋する100才、働ける120才」を実現する。ここまで着目している会社は僕らの事業の強みだと思いますし、そこにワクワクする人に来て(B-by-Cに)欲しいですね。

一人一人が経営者のような会社


質問:2人の目標は?

坪:いっぱいありますね。笑 まずはB-by-Cという組織につて、自分で考えて自分で動ける個人を増やしたいなと。みんな一人一人に理念があって、その理念が「恋する100才、働ける120才」に繋がっているような。一人一人にちゃんとやりたいことが明確にある組織にしたいというのがありますね。

永:僕もまぁ…一緒ですよね。笑 あとはやり切りたいですね。今日死んでも良いからっていう気持ちで今日をやり切る。そんな組織にしていきたいですね。

若い人でも上に立てる!


質問:会社の好きなところは?

坪:1番は、若者が上に立てるところですかね。普通はないじゃないですか、歴史もある会社で27歳の僕らが上に立てるって…あまりないですよね?こういうのが成長する会社かなって思いました。

永:あとは、若い人しかいないからではなくて、ちゃんと年上の人たちもいる中で若い人が上に立てるのは良いですよね。

坪:守りは歴代の人たちがやって、攻めは若者が出来るという…こういう環境ってなかなかないんじゃないですか?

質問:何故お二人は役員になれたと思いますか?

永:メンタルですかね…笑

坪:ハハハ。笑 あとはちゃんと言う。発言するってことですね。それで持って責任を持ってどんどん実行していく。何か発言しないと立ち位置って変わっていかないので。

永:まさに自由と責任ですね。

坪:「僕やりますよ」っていってやって、それで結果も出していって役職が上がっていくみたいな。そういう環境であるところは好きですね。

永:あとは、夜中の1時とかに普通に会議できるところですかね。みんな役員は結構夜中も動いてますし。深夜に閃いて「これやりたい!」って思った時にすぐ動きやすいところとか。それが楽しいですね。夜中までいつもウイニングイレブン(サッカーのTVゲーム)やってる気分ですね。笑

坪:確かに!桃鉄でも良いですね。笑 今もまさに「桃鉄なう」って感じですね。笑

坪永:ハハハ。笑

今回の”混ぜてみた!”では、坪沼さんと永野さんのお二人にお話をお伺いしました!

鏡で世界中のライフスタイルを測定して改善していくという壮大なビジョン。その想いが強く伝わって、またそのための行動量だったりモチベーションが生半可ではないと感じられました。

毎晩TVゲームをやっている感覚で仕事に夢中になれるというのも素敵だなと思います。

また次回もお楽しみに!

B-by-C株式会社's job postings

AI

Weekly ranking

Show other rankings