1
/
5

先輩社員を知る スピード感をもって建設業界の新しい未来を創っていく。(営業マーケティング部 市川裕之)

中央大学卒業後、日本のインフラを支える土木技術に興味を持ち、大手道路舗装会社へ入社。新卒研修終了後、岩手営業所へ配属。大手建設会社をはじめ、県内の建設会社や民間企業経営者に対し、自社の建設資材や工法の新規開拓営業、ルート営業を経験。官公庁に対し、県内全域で発注される道路工事の設計業務にも携わり、土木に関わる幅広い知見を習得。営業や現場管理などを通じて建設業で抱える課題を直で感じ、建設業全体をもっと明るくしていきたいという想いから、2020年10月より当社に参画。

01|私の業務「建設業界の課題解決したい」という想いを実現させるために。

現在は営業企画を担当しています。具体的には、建設事業者を対象にしたセミナーの企画・運営やSalesforceを活用した営業支援などです。建設業界は特殊な業界構造であることから、多岐にわたる業種の建設事業者様がいらっしゃいます。多くの建設事業者様が安心して現場に注力できる状況とするために、ランドデータバンクのサービスをご利用いただければと思っています。そのためにはまず、顧客の声をもとに仮説を立て市場分析を行う必要があります。そのようなマーケティング活動を通じてサービスを拡大させ建設業界に新たな価値を生み出していくことが私のミッションです。常にスピード感、トライアル&エラーを心がけて仕事に向き合っています。

02|仕事のやりがい 建設業界の未来を明るくしていきたい。

ランドデータバンクのサービスは業界初であり、これからの建設業界全体の生産性向上のためになくてはならないサービスです。一方でまだまだアナログな業界であるため、サービスが認知され浸透していくには時間がかかります。どうやったらより多くの顧客にサービスを利用してもらえるか、トライアル&エラーを繰り返していきながら施策を考えていくことは苦労が多いです。だからこそ、ご利用いただける顧客が増えると、その度に建設業界を明るくしていると実感できます。これが、私の最大のモチベーションでもあり、やりがいだと感じています。

03| ランドデータバンクの特徴

ランドデータバンクはスタートアップですが、他のスタートアップと比較すると平均年齢が高いところが特徴的です。現在の平均年齢は30代後半程度だと思います。様々なバックグラウンドをもった仲間が多く、豊富な経験を活かして建設業界を明るくしていこうという想いがある集団です。他部署間で同様のプロジェクトに関わるケースも多く、それぞれの価値観、経験をかけ合わせて事業をすすめています。スタートアップならではのスピード感を感じることができますし、社内の連携が潤滑です。このような環境で仕事をするのは非常に刺激を受けますし、モチベーションでもあります。


私のプライベート1コマ

趣味は音楽と映画です。昔から音楽が好きで、レコードを集めたりトラックメイクをしたりしています。休日は苦情が来ないよう慎ましく音楽を聞いています。良い音楽と映画ならたくさん知っているので、なんでも聞いてください!

株式会社ランドデータバンク's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more