1
/
5

自分に向いてる仕事がしたい!やりがいを感じるために必要なことって?

株式会社CONTRIELの北森です。
皆さんも、アルバイトなり、就職なりをして行く中で、

「自分が本当に楽しめる仕事がしたい!」

「やりがいを得られる仕事がしたい」

「自分に向いてないから仕事を辞めたい」

こんな風に感じたことが1度はあると思います。


実際、私自身も若い頃は上記のように、ポジティブ・ネガティブな両方の気持ちから
【自分に向いている仕事】を探し求めたものです。

そこで今回のストーリーでは、「自分に向いている仕事」に焦点を当てて、私の体験談を通して、お話をしていきたいと思います。


自分に合った仕事をしたいと思ったときの状況

私が初めて「自分に向いている仕事がしたい」と思ったのは若干20代半ばの頃でした。

当時、IT業界で働いていたのですが、残業も多く(IT業界あるある)、必死に頑張っているのに、なかなか上司からは認めてもらない。こんな背景があったときでした。

正直、今の経営者としての立場から思えば、働く人間がどんなに頑張っていようが、『会社に利益を残していない人間』を評価できるわけがないのですが、

※会社側は人材を1名雇用するだけで、社会保険や雇用保険、税金等が1人あたり数万円が消えていき、お給料の支払いもあるので、最低限その分(出費分以上)の利益を会社に残してくれる人でないと、ただただマイナスになる(=会社はボランティアで雇用してるわけではないうえに、利益を出さない人材を数多く評価すると倒産に導き、家族も含め全社員や取引先にも迷惑を掛けるため)

当時の私は

「自分を見てくれ!」
「こんなに頑張ってるんだ!」

という気持ちしかなかったんですよね。

これはお小遣いをもらっている学生感覚の人にありがちなのですが、評価されていないという気持ちが大きくなったことから「自分には向いてない」という逃げの姿勢が生じてしまったものだと、今の立場からすると、物凄く感じています。


楽しくない仕事はしたくない、じゃぁ楽しい仕事って何なのか?

では、「自分に向いてる仕事って何なのか?」という視点で考えていくと、世の中にはいろんな職業が溢れかえってますから、体験してみないと分からない部分がありますよね?

私自身も学生時代から、アルバイトなり、正社員として働き、結構な数の業種を経験してきました。

その中で言えることは、『自分にその職業が向いてるか否か』は、『自分が心の底から楽しもうとしているか?』が重要だと感じています。


私の経験を通してお伝えするのであれば、過去にシステムエンジニアとして、3社ほど働いたことがあるのですが、同じ業種でも楽しいと感じられる会社もあれば、楽しくないと感じる会社もありました。

ただ、やってることは、ほぼ同じです。では何が違ったのかというと、自分の取り組む姿勢が違ったんですよね。

言われたことを流れ作業のようにしていても、全く面白みを感じないのですが、仕事面に関しても、コミュニケーションに関しても、『今ある状況をいかに面白くするか?』という視点で考えて行動することによって、得られる結果も変わってきますし、自分の気持ち的にも楽しいと感じるようになったんです。

とはいえ、何をすれば楽しいと感じるのか分からないという方もいると思うので、具体例として、私がやってみたことをお話しようと思います。


具体例:挨拶をしない仏頂面の上司をどう攻略するか?

当時、私が働いていた職場で、

・挨拶はしない
・常に仏頂面(なんだったら怖い)

という上司がいたんです。
正直、部下の立場からすると非常に絡みづらい…

ですが、これをただ単に絡みづらいで終わらせてしまうと、愚痴の宝庫になってしまうので、面白くする方法として編み出したのが『ゲーム感覚になる』ということ。

攻略地点を以下のように自分で設定して

・挨拶してもらえるようにする
・仏頂面を笑顔にさせる
・会話もできるようにする

ここに達するにはどうすれば良いのか?を考えて行ったことが、以下でした。

・毎日、すれ違いざまに名前を読んで挨拶する
「●●部長、おはようございます!」

・挨拶するときは常に笑顔にする
・休憩中なら、なにかと質問したり会話をするようにする

最初はガン無視で心が萎えそうになったのですが、2週間ほどすると、相手もこちらを認識するようになり、挨拶をしてくれるようになって、徐々に笑顔になり、プライベートな会話まで出来るようになりました。

ここまでくると、もうゲームに攻略したも同然です。
毎回、攻略ポイントをクリアするたびに、こちらの気持ちとしては「ヨッシャ!!」と謎の喜びを感じるようになり、コミュニケーション能力も向上し、更には仕事で困ったときも、上司がサポートしてくれるようになったんです。

最初のイメージ通り、自分が何も行動をしていなければ、『ただの仏頂面の嫌な上司』だった人が、『物凄くサポートしてくれる仲の良い上司』に変わりました。

そう、つまりは自分が楽しめるか否かは、自分の行動次第なわけです。


上記の例はコミュニケーションにまつわる私の体験談ですが、仕事の業務内容も同じです。要は『いかにゲーム感覚で楽しむ努力をするか?』によって、自分に向いてる仕事も増えていくんです。



人間、だれしもがポジティブ・ネガティブの両方の感情を持っている

上記したお話を踏まえると、「自分に向いている仕事」というのは、自らが作り出していくものです。

自分が楽しいと思えるほど本気で向き合っていれば、『仕事が楽しい!自分に向いてる!』と思えるようになっていきます。つまり、『自分に向いている仕事』は、見つけようと思って見つけられるものではないんです。

察しの良い方はお気づきかと思いますが、この理論は逆も然り。
自分に向いてない仕事も、自らが作り上げてしまうものです。

ネガティブな感情ばかりを抱いて仕事をしていたら、きっとその仕事は長続きしないかもしれません。

人間、誰しもが、ポジティブな感情と、ネガティブな感情を両立させています。
それは仕事においても、同じです。むしろ、両方の感情を持ち合わせていたほうが、精神衛生上も健全です。

ポジティブな感情のほうが多いときは、ぜひご自身の仕事を存分に楽しんでください。
とはいえ、ネガティブな感情が大きいというときは、ぜひ、私に相談してください。

本来、社長という立場の人間は、一緒に働く社員(仲間)の気持ちに寄り添うことも仕事です。
私は弊社で働く社員の方々に、より良い仕事をしてもらい、一緒に利益を上げ、ともに喜びを分かち合いたいと考えています。

もちろん、相談を受けて間違った方向に進んでいるようなら「どのように考えて、なぜその結論に至ったのか?」を聞きながらアドバイスをすることもありますが、同じ会社で働く方は『同志』として仲間意識を持って進めていけるような体制を整えているので、全力でサポートしています。


弊社では、現在「WEB広告ライター」「広告クリエイティブ制作」「広告運用」のポジションで積極採用中です。

少しでも気になる方は、ぜひエントリーしてください。
皆様からのご応募を、心からお待ちしております!



株式会社CONTRIEL's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings