1
/
5

【開発マネージャーインタビュー】魅力的な代表高森との出会い。そしてアサインに至るまで。

株式会社else if は首都圏からのニアショア開発、上流工程~下流工程までの各フェーズでの開発提案をしているソフトウェア開発会社です。

障がい者就労継続支援A型事業所 株式会社カムラックと資本提携をし、社会課題の1つであるIT業界への障がい者雇用の促進、障がい者の雇用の場を創出するという取り組みを行っています。福岡を牽引し、世界を驚かせるような企業を目指しています!

今回はコンシューマーサービス部部長山﨑様にお話をお伺いしました!

Q本日はよろしくお願いします。まずは自己紹介をお願いいたします

山崎)山﨑一真と申します。年齢は40歳になりました。出身は長崎県の佐世保市になります。大学は福岡大学に進学しそこからずっと福岡に住んでおります。else ifは会社としては3社目になります。23歳から17年ほどエンジニアとして働いております。

else ifにはほぼ創業期からいますので今6年目になります。

Q1日のスケジュールを教えていただけますか?

山崎)今は役職としてはコンシューマーサービス部の部長という肩書きでやらせていただいています。今は基本的に管理業務がメインになっています。案件に関しましては3つか4つを並行して行なっています。それを一週間くらいで案件で区切って動いています。その中の1日でいうと朝は担当してるプロジェクトの進捗確認などの朝会、メンバーの実装上の問題確認や質問への回答などを午前中の早い段階で終わらせて、あとは自身の担当している顧客様へのコンタクトや質問事項への回答、社内の雑務などで午前が終わります。午後はメンバーの問い合わせは随時あるので都度対応しつつ自分の対応してる案件の設計やコーディング、顧客訪問などしております。

Q毎日仕事は大体何時ごろに終わりますか?

山崎)今はテレワーク期間中というのもあってバラバラですが、テレワークになる前の話になりますが元々は理想的ではないですが、21時や22時になってしまうことがありました。でもそれは限られたマネージャーだけになります。基本的にメンバーは9時から18時でスパッと仕事を終わらせてもらってます。

Qこれまでの新卒からの経歴などお伺いできますか?また、学生時代は情報系の学部に出られたのでしょうか?

山崎)高校は普通科だったのですが、大学で情報工学科に進学しました。当時は情報寄りではなく工学寄りのでした。その後大学を中退したのですが、情報の部分のプログラマーとかに元々興味があり情報工学科に行った経緯があったので、プログラマーにはなりたいと思っていました。大学は中退してしまいましたが、プログラミングができる会社で働きたいなとは思っていました。そこでプログラミングが学べる学校に行って勉強しようとおもいました。最初は家でHTMLなどを勉強してお金を貯めて入学しました。そのスクールは卒業後そのまま契約社員として働かせてくれる制度がありそのままそこで就職したのが一社目になります。

その会社のいた時に今の弊社代表の高森の前職で初めてお仕事をしたのが最初の出会いになります。なので代表の高森とは15年以上の付き合いになります。そこで高森からお誘いいただき、当時高森の勤めていた会社に転職したのが2社目になります。2社目では弊社代表高森、副社長の安永もいて二人とは長い付き合いになります。2社目では9年働き、高森がやめて起業するとなった時に声をかけていただき今に至るという流れになります。

Q代表お二人とは長いお付き合いということですが、お二人の現場時代のお話などお伺いできますでしょうか?

山崎)実は二人と直接そんなにプロジェクトとして携わったことがありません。特に高森は福岡事業所の代表でしたので現場に入っているのを見たことがありません。ただ、今も昔も変わっていませんが基本的に人のことを考えて動いている人です。みんなが幸せになれるようにと常に考えてくれていると感じています。安永は頭の回転が早く、前職では若い段階から大きなプロジェクトを抱えているなと思っていました。私自身口がそんなに上手くないのですごいなと思って見ていました。

Q前社でも今でもなぜ皆さん高森さんについてくると思いますか?

山崎)高森は常に人のためを思って行動しているからだと思います。この人について行きたいと思うオーラが出ていると感じます。正直高森が持っている技術的なものは知らないのですが、実際私も声かけてもらってこの人ならついていこうと思い転職を決めました。そのくらい魅力がありますし、一緒に何か成し遂げたいと思いました。

Q前職は大手で社内制度などしっかりしていたと思うのですが今の会社はベンチャーということで違いなどありますか?

山崎)メンバーがしっかりした会社にいたからこそ大手の考えをみんな引き継いでいると思います。プロジェクトの進め方やセキュリティ、コンプライアンスなどの考え方も全てしっかりした考え方のもとで進めているのでベンチャーだから適当ということは全くないですね。

違いといえば人だけですね。グループ会社のカムラックのメンバーとのプロジェクトの進め方などは初めてのことなので試行錯誤中ですが、コミュニケーションのあり方など考えさせられますね。

Q若手で活躍している方の傾向や特徴などありますでしょうか?

山崎)若手と言っても30代半ばなんですが、おとなし目で黙々と仕事をしている人が多い印象です。技術が好きで真摯に作業に向き合っている方が活躍しています。目の前の仕事をこなし背中で見せますといった方が多いですね。

Qこれから出会うであろう方々に一言お願いします!

山崎)弊社HPにもありますようにWORK TOGETHERが会社のスローガンになっています。立場や状況、環境など関係なく働きたいと持っている人と働くというのがスローガンですのですこしでも力になれるかもと思ってくれる方がいれば一緒に働きたいです。とにかく今は人の力が必要です。ぜひ一緒に働きましょう!

昔からの貴重なお話ありがとうございました!

株式会社else ifでは一緒に働いてくれる方を募集しています。

株式会社else if's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more