1
/
5

【VP賞受賞者インタビュー】 飯土井せら(東京)~憧れと悔しさを力に変えて~


2019年12月27日に開催された学生DEMODAY「25th APOELECTION~Powered by FreeStyleTicket~」

3ヵ月間、東西合わせて250名の大学生が、BtoBマーケティングのパフォーマンスを競った中で、

10名を「Valuable Player」として表彰しました。

今回は、飯土井せらさんにインタビュー!

彼女は前回大会でハイパフォーマンスを出しながらも、惜しくもVP賞に選ばれなかったメンバーで

今回は悲願の初受賞。

まさかの落選から3か月、どのような想いで今大会に臨んだのか聞いてみました。



Q1、今回VPを受賞しましたが、受賞がわかった時はどんな気持ちでしたか?

今回VPを取りに行く!という気持ちで望んでいたわけでは無かったので正直、驚きましたが、自分の結果を
形として評価して頂ける、という事がこんなに嬉しいんだと感じました。
また、前回VPを取ることができなかったにも関わらず、飯島さんに数字ではなく文化貢献で評価してるよと言って頂けたのですが、先輩方は文化貢献をしながらも数字を出していてとても悔しかったので、今回数字でも評価して頂くことができ、やっとスタートラインに立てたなと言う気持ちです!

Q2、せらちゃんは今回で初めての受賞ですが、
前回は成績を残しながらも、惜しくもVP賞を逃しました。
今大会はどのような気持ちで大会に臨みましたか?

今まで、VPは先輩が取っているもの、というイメージがあって遠い存在に感じていましたが、前回、同期2人がVPを取っていて尊敬するとともに悔しいなと感じ、自分がまだまだ足りないなという事を改めて実感しました。

今回、もちろんVPを目指してはいましたが、それよりも新しく始まったプロジェクト、MM事業部の一人として、アッドラストに自分なりにどうやったら貢献できるのかを考えていたので、その3か月間で評価していただけた事が本当に嬉しいです!



Q3、せらちゃんと言えば、大学生の中でも人気のあるカフェのアルバイトをしていながら入社をしたメンバーですよね。
現在は、アッドラストでは欠かす事の出来ない貴重なメンバーになりましたが、
夢中になる上で、カフェバイトとの共通点はあったのでしょうか?
あるいは、カフェバイトには無い魅力があれば教えてください。

貴重なメンバーと言って頂けたこと、めちゃめちゃ嬉しいです!
個人的に、カフェでのアルバイトと、アッドラストは評価をしてもらえる部分で少し似ているなーと感じます。
アッドラストでは3ヶ月に1度APO総選挙という場がありますが、カフェにも、3ヶ月に1度人事考課という店長さんと話し合う場があります。3ヶ月にできるようになった所、次の3ヶ月にできるようにしたい所を決めて目標をたて、ある一定の基準を満たすと昇格、という形です。
どちらも短い期間で区切られていて、その3か月間の自分の働きを評価してもらえるので、自分の長所や短所を理解して成長していくことができるのかなと感じます。

また、わたしはカフェを辞め、アッドラストに夢中になってしまいましたが、カフェにはないアッドラストの魅力は、「人」だと思います。普通のアルバイトをしていたら出会えない破天荒な社長、社員さん、尊敬できる学生と出会えることができたのが一番大きいです。メンバー1人1人が目標や明確な意思を持って働いているのがとても刺激的で自分も頑張らなきゃなと思うことができます。



Q4、入社前の自分と、現在の自分は何が変わりましたか?

アッドラストに入るまで、帰属意識?というものが自分の中にあまりなく、自分のために頑張れればいいやと思ってしまうタイプでした。
しかし、入社してからアッドラストが本当に本当に大好きになって、少しでも私にできる貢献をしたいな、恩返しをしたいなと思えるようになりました。そこが1番自分の中で変わったかなと感じていますお家でもアッドラストの話ばかりしていて、お母さんにも本当に変わったねと言われます!

Q5、FreeStyleTicketも本格スタートして、これからアッドラストに興味を持ってくれる大学生が沢山増えると思います。
これから入社を考えている大学生に勧めるとしたら、どういったところが魅力でしょうか?

FreeStyleTicketは、面接やESなどの一時的なものではなく、今まで自分が頑張ってきた成果をそのまま見てもらえるというところが本当に魅力的だと感じるし、色々な学生に知ってほしいと思います!
また、社長自らが研修を開いてくださり、業界についてからテレマのコツまで詳しく知ることができ、学生ながらも責任をもって仕事をさせてもらえる「環境」もアッドラストの魅力の1つだとおもいます。
サークルのように楽しみながら自分を成長させられる場というのはなかなかないと思います。

株式会社アッドラスト's job postings
6 Likes
6 Likes

Weekly ranking

Show other rankings