1
/
5

社長インタビュー!「2020年を振り返って」

こんにちは。
アフェックス人事担当でございます。
明けましておめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

今回は年末年始ということもあり弊社代表に今年一年を振り返ってもらおうと思います。
コロナ禍での状況や今年一年を幾つかの質問とともにお聞かせ頂きました。
※本件は年末のインタビュー時

人事「お疲れ様です。コロナ感染拡大が続いておりますが、今年はどんな年だったかお聞かせ下さい。」
代表「宜しくお願い致します。」

人事「2020年は元旦の「いざ、2020!新年のご挨拶」から始まり1/16の「アフェックスの#シゴトの抱負」でスタートしましたよね。
今年は想像のかなり上をいく(悪い方に)展開でしたが、ズバリ一言で現すとどんな一年でしたか?」

代表「【コロナ】ですね。あらゆることがコロナを前提として考え、実行しましたね。」
人事「例えば、どういう対応をされましたか?社員へやお客様含めて。」
代表「2月によく知る企業様、それも社員も通う主要駅に拠点を構える企業様での感染がニュースになり遠くにあるものという感じから、身近な脅威として感じ始めました。そこから3月始めにリモートへと移行をしました。」
人事「リモートは全社ですか?」
代表「オフィスに出勤する営業や総務系バックオフィスは出来る範囲でリモートにし、お客様先で就業しているメンバーはお客様に合わせる形で順次リモートに切り替えました。」
人事「いきなりリモートに切り替えることで混乱はなかったのでしょうか?」
代表「その時は一時的なものなのかな?という感覚がありとにかくできる事をやろう、という感じでした。一部メンバー以外はZoomやhangoutにもまだ慣れていなかったですし、緊急事態宣言が出るまではまだまだ対面での打ち合わせをしていたケースもあったので今思うと手探りでしたね。」
人事「年内中に切り替えて対応してましたよね?」
代表「とにかく情報が無い中で社員を守るにはどうしたら良いか?を考えました。リモートに関してや実施状況、業務を行う上で困ったことはないか?といったアンケートも実施し5月には全社員にマスクを支給しました。」
人事「5月といえばまだマスクがどこにも無かった時期なのによく支給出来ましたね?」
代表「身近な社長さん達の情報で、共同購入サイトを教えてもらいメンバーひとりに2箱配ることが出来ました。アンケートからリモート環境を構築するにあたっての困りごと解消のためにお見舞金もメンバーに支給しましたね。」
人事「お見舞金ですか。確かに出勤で交通費が減る分、通信費や携帯電話の利用料金、ヘッドセット、、揃えるのにコストは掛かったので非常にありがたかったというメンバーの声も届いてます。」
代表「コロナを前提にすると、【やれない】、ではなく【やるしかない】、という判断になるため帰社日、勉強会、各種イベントを全てオンラインに切り替えました。」

人事「色々なところでオンライン化が進みましたよね。」
それでは次に、今年あなたが最も幸せに感じたことはなんですか?」
代表「家族と過ごす時間がとても長くなり、特に子供と過ごす時間で幸せを感じることが多々ありました。子供かわいいです!!
人事「(笑)
リモートワークでお父さんが家にいることが増えた家では日頃いないはずのお父さんが家にいて喜ぶ子供がいたみたいですね。お子さんも喜んでいましたか?」
代表「普段見ることが出来ない様子を見ることが出来たのは新鮮でしたし、こういう風に過ごしているんだなっていうのが分かりました。子供も喜んでくれている、、と思います(笑)」
人事「お父さんが家に居続けるのを嫌がるお年頃じゃなくてよかったですね。」

人事「時間もあるので次の質問にいきますね。
今年あなたが成し遂げたことは何ですか?
5つくらいでいいので教えて下さい。」
代表「5つですね。まず、
①昨年の売上を超えることができたこと。
②リモート状況下に於いても採用がうまくいったこと。
③国と取引ができる「全省庁統一資格」を取得できたこと!
④2020年一度も風邪をひいたりなどの体調を崩すことがなかったこと。
⑤鬼滅の刃の主題歌「紅蓮華」を初級者レベルですがピアノで何も見ないで最後まで弾けるようになったこと!

ですね。」


人事「最後がすごくツッコミどころがありますが(笑)、売上には影響は無かったのでしょうか?」
代表「コロナの状況とともに段階的に影響はありました。段階的といより波があった感じ
昨年の売上を下回るのがかなり確実だと感じていましたが、終盤で盛り返すことが出来たのは嬉しかったです。」
人事「採用も出来たのでしょうか?」
代表「社員2名、パート2名の採用が出来ました。」
人事「コロナ状況下での採用は難しいのでは無かったですか?」
代表「入社するまで一度も実際に対面で会わないというのは初めてでした。そのうちの1名は未だに対面で会ったことがないのですが、そういう状況下でも採用に関して新しい形を作れたことは大きな成果だと思っています。」
人事「一度も風邪とか引きませんでしたか?」
代表「消毒やうがい手洗いをしっかりやり、免疫を落とさないよう食事や体調管理を常に意識していたからだとは思いますが引きませんでした。」
人事「鬼滅?ピアノ?どういうことでしょうか?(笑)」
代表「ピアノ自体は「猫ふんじゃった」以外は一切弾けないレベルでしたがそこから弾けるようになったんです!」
人事「自宅にピアノがあってそのピアノでということだと思いますが何故、鬼滅の刃なのでしょうか?」
代表「今年は鬼滅一色で、家にあるピアノで弾いてみようと思ったらハマってしまい(笑)」

人事「ここまで鬼滅の波がきていたとは(笑)それでは、今年出会った本、役立った本、印象に残った本(またはメディア、言葉など)はなんでしょうか?」
代表「社会人になってからはあまり読まなかったマンガをこのコロナ禍ですごく読みました。大人買いをけっこうしましたが、なかでも【キングダム】と【鬼滅の刃】は何回も読んでます(笑)
この両作品から仕事で活かせたこともあると思ってます(^^♪
印象に残った言葉もいっぱいあるのですが、竈門炭治郎の
「俺がくじけることは絶対にない!」というセリフは仕事で困難なことがあった時に思い浮かべてます!」
人事「鬼滅の刃は名台詞が多いそうですね。俺は長男だから〜とか。流行りのマンガに飛びついているのは流石です(笑)」




人事「次に、今年もっとも投資したことはなんでしょう?」
代表「自分の身体に投資しました。整形とかではなく(笑)、週に2回パーソナルのジムに昨年からですが通い続け身体を鍛え、しかし9月くらいに五十肩を発症し、、接骨院などに週3日通い早く治るようしましたが、12月にはなんとぎっくり腰(軽症)にもなり、、今も肩と腰の両方の治療にお金を使ってます(泣)
ただ、これも今のうちに正しい身体を作って、おじいちゃんになっても健康でいられる為の試練を与えてもらえたと思うようにしてます!」
人事「パーソルジムですか。金額がすごいイメージですがお話を聞く限り身体に良い影響が出るのは来年になりそうですね(笑)」
代表「ベースや体幹を作るのに時間が必要なのですが、接骨院の方が結果多くなりました。。。」
人事「接骨院一つにしても今は密集を気にしなくていけないので大変ですね。」

人事「では、今年あなたがいちばん「ありがとう」と伝えたい人は誰でしょう?」
代表「社員達と同業の仲良くしていただいている社長さん達。どうなるか見えないコロナの状況で、不安なことを含めいろいろなことを気兼ねなく話し合えたり相談できた皆さんにはとても感謝してます。」
人事「縦横のつながりは重要ですね。具体的にどういった相談を社長同士でされたんでしょうか?」
代表「助成金や融資の話が多かったです。活きた情報を常に共有出来る関係値は心強かったですね。」
人事「それはすごくありそうですね。」

人事「続いて、今年いちばん達成感を感じたことは何ですか?」
代表「上記の成し遂げたことの中で、実は鬼滅の刃の「紅蓮華」をピアノで最後まで弾けた時が一番達成感ありました!仕事じゃないのかい、って感じですが。。」
人事「仕事じゃない(笑)ただ、個人的にはやり遂げた感はすごいのでしょうね。ピアノとか難しいイメージしかないですから。」
代表「全く弾いていなかったのにやり始めると集中しましたね。全集中!(笑)」
人事「言うと思いました。来年は大作に挑んで欲しいです。」

人事「今年の3大ニュースを教えてください。」
代表「
・コロナ
・女性社員3名がほぼ同時期に出産
・五十肩

ですね。」
人事「3名が出産!!アフェックスって男性の育休があったり子沢山な社員が2名いたり子育てに優しいんでしょうか?(笑)」
代表「特別意識はしていないですが、、タイミング的なものもあるのかも知れませんね。ただ3名一気には、びっくりしましたけど。」
人事「産休明けにしっかりと戻れる環境があることは容易ではないと思いますがアフェックスは今のところうまく対応出来てるのですね。」

人事「では、今年新たに学んだことはなんでしょうか?」
代表「今までは営業は足で稼ぐものだと信じて疑わなかったですが、オンライン対応でも出来る部分がものすごく多いことですね。」
人事「否応なしに変化を求められ、その中で今後はベースとなっていく技術や手法を取り入れていかねばですね。」
代表「移動時間が短縮できるので1日のスケジュールも効率的になりました。打ち合わせの資料とかも出力せずに画面共有出来るので紙の節約になりますし、同じ資料を同時に見ているので齟齬が少なくなりました。売上も結果伸ばすことができたので今後もより良い形を模索していきたいと思います。」

人事「最後の質問です。今年やりたかったけど、できなかったことは?」
代表「まずは、関西進出です。昨年11月と今年1月に京都と大阪に行き、採用の為の専門学校での会社説明、大阪の会社への訪問などしていよいよ本格的に動こうとしていた時にコロナに。。

2021年はコロナがまだどのような状況になるか見えませんが、WEBで進められるところは進めたいですね。
あとは社員旅行やボーリング大会、地引網などのイベント。2021年はやりたいです。」
人事「関西事業部のお話は3/8にお聞かせいただきましたね。
社員旅行は毎年、海外と国内を交互にいってましたから今年は残念でした。その他のイベントも来年には行える世の中に戻って欲しいですね。」
代表「社員に会えない事は辛いですし、対面でしか得られない情報も有るので対面が少しでも可能になればなぁと思います。とはいえ、無理をして社員やその家族に不安や影響が出ない事が一番ですので状況をよくみながら判断していきたいです。」
人事「地引網はさすがにオンラインでは出来なそうですしね(笑)」
代表「(笑)」

人事「お時間を頂き、10の質問にお答え頂きいろんなお話がお聞き出来ました。

ありがとうございました。」
代表「ありがとうございました。」
人事「もう今年も残り僅かですが、感染拡大状況や年末年始の体調にお気をつけて良い年末年始にしてください。」
代表「家でのんびりして来年に備えようと思います。」
人事「鬼滅の刃をもう一回ですね(笑)ありがとうございました。」
代表「はい(笑)ありがとうございました!
来年も宜しくお願いします。」

10の質問を通してアフェックスがどういう1年を戦ってきたのかが見えた気がします。3月からリモート対応を行いおよそ10ヶ月、対面で会えていないメンバーもいます。
今年はもちろん、リモートを軸とした上でにはなりますが少しでも対面でのコミュニケーションが増えればいいなぁと思います。




本年もアフェックスメンバー一同、宜しくお願い申し上げます。

※1月4日月曜日より、通常通り営業致します。

株式会社アフェックス's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more