1
/
5

入社2ヶ月でプロジェクトマネージャーに!?急成長中のインターン生、池田哲生に迫る

資格Timesのインターン生インタビュー第一弾🎉

今回は、資格Timesでメディアディレクションをしている池田くんに、代表の近藤が直撃インタビュー!

どうして資格Timesに入ったのか、入る前は何をしていたのか、実際の働き方について本音で語ってくれました☺️

自己紹介をお願いします!

池田:東京大学薬学部の3年生の池田哲生です!よろしくお願いします!!

近藤:よろしくお願いします!

大学1~2年生でどんな学生生活を送っていたのですか?

池田:大学1年生の時に学校内でも大きなテニスサークルに入っていて、大体毎週午後はテニスサークルの練習に費やしていて、時々土日にアルバイトをしていました。

近藤:どういうアルバイトをしていたのですか?

池田:個別指導塾のバイトを続けていました。

近藤:あ〜〜、東大生あるあるですね!笑 じゃあテニサーとバイトを両立していたんですね。

池田:本当に半分はサークル、半分はバイト、みたいな感じで生活していました。

近藤:模範的東大生ですね!(笑)授業はどうしていたのですか?

池田:授業もちゃんと行ってました!特に必修は絶対に行ってました笑

近藤:やっぱり模範的東大生ですね!(笑)

入学時には、大学に入ってどんなことをしてみたいと思っていた?

池田:入学時は、キラキラした学生生活を送りたいなって思ってました。僕は北海道出身なのでシティーボーイへの憧れがありました。東京に行けば可愛い子と花火とか旅行に行けるんだろうな〜って普通に思っていました笑笑

近藤:ええ〜、そうなんですね。

池田:みんなで楽しくワイワイしたいっていう夢をたくさん持っていたから、1年生の時はその夢を一つ一つ叶えようって思ってました!

近藤:じゃあ、この時はまだインターンとかは全く考えてなかったんですね!

池田:そうですね。一応、同じクラスで起業していた友達を見つけて、その子に触発されて営業のインターンをちょっとだけしたんです。それでも、やっぱり遊びがメインでした。

近藤:池田くん真面目なのに意外ですね(笑)じゃあ、インターンを本格的に始めたのはいつなんですか?

池田:インターンを本格的に始めたのは資格Timesでのインターンが初めてなんです。

どこで資格Timesのことを知ったの?

池田:CTOの矢野くんと共通の知人が同じクラスにいて、その子が「こんな仕事あるんだけどやってみない?紹介するよ」って教えてくれたんです。それでちょっと興味が湧いて探してみたんです。

近藤:そうなんですね!紹介されて予定も空いていたからやってみようって思ってくれたんですか?

池田:資格Timesを初めて紹介された時は、ちょうどそれまで続けていたバイトをやめることになっていたんです。ちょうど薬学部の授業も忙しくなる時期で、フレックスタイムで働けて給料もそこそこもらえるような求人を探していた時期だったんです。

近藤:まさに、今の働き方にちょうどハマっている感じですね!

池田:理系大学生なので実験がいつ終わるかわからなかったり、講義がやたら多かったりするんです。そうするとバイトできる時間が結構限られちゃって、家庭教師とかはできないなあって考えていました。その点、資格Timesはリモートワークもできるっていうのも大きな魅力でした。

近藤:確かに資格Timesではリモートワークも歓迎しているんです。結局仕事は成果が一番大事なので、どこで仕事をするかっていうのは本人に任せたいっていう思いが強いんです。


資格Timesに入る前と入った後で何か印象は違いますか?

池田:まず第一印象が「あったかいところだな」って感じました。入る前は「インターン生って成長を求められて、仕事ができないと厳しく怒られたりするのかな」とか思っていました。あとは、低賃金で長時間労働させられたりする、いわゆる「やりがい搾取」にならないか、怖かったです笑

近藤:本当にたまにそういう「ブラックインターン」みたいな職場もありますね。

池田:そうなんです。それでも、資格Timesで仕事を始めると成果が出せたら社長がめちゃくちゃ褒めてくれるんです(笑)ただ褒めてくれるだけじゃなくて、自分の仕事内容について適宜丁寧で細かいフィードバックももらえるので、今後どうやって仕事をしていけば会社に貢献できるのか、指針がものすごくわかりやすいです。想像と全然違いました。すごく良くて楽しい職場だなって感じています。

近藤:そういってもらえるとすごく嬉しいです!池田くんは実際に成長が爆速🚀で、最近は池田くんに大きなプロジェクトを1つ任せるところまで来ました。

池田:頑張ります!

近藤:ちなみに給料はどれくらいもらっているのかざっくりで良いので教えてください!笑

池田:月10万円くらい頂いています。バイトだとなかなか達成しづらい数字だから良いなって感じています。

近藤:そうですね。資格Timesは成果報酬型でやっているのが特徴だけど、どう感じていますか?

池田:時給に換算しても全然良い成果報酬額だと思っています。しかも仕事が慣れればどんどん早く仕事をこなせるようになって行くのでどんどん時給換算でも給料が上がっていくイメージです。あとは、より多くの仕事をこなせるようになるのでもっと稼げるようになりました。

オフィスとリモートの働き方は違いますか?

近藤:資格Timesは本郷三丁目にオフィスを構えていますが、リモートワークも歓迎しています。実際にオフィスにもよく来てくれるけど、リモートでの働き方と比較してみてどうですか?

池田:オフィスで働くメリットは業務でわからないことや困ったことがあったら、すぐその場で社長に質問できることです。リモートで働く時もSlackで質問できるけど、ちょっとした質問だと躊躇してしまうことがあります。オフィスだとすぐ隣に社長がいてくれるので、細かいことでも質問できて解決しやすいです。

近藤:なるほど。何かデメリットなどは感じますか?

池田:オフィスだと他のメンバーがいておしゃべりして盛り上がってしまうのがデメリットですかね(笑)でもランチや夕ご飯も社員全員で食事に出かけることもあって、これは社内の雰囲気が良いっていうことの裏返しかもしれないです。

近藤:ありがとう!オフィスは人と会えるのが良いですよね。

池田:オフィスは大学のキャンパスからすごく近くて、平日だと学校帰りにふらっと寄れるのが良いです。

(※ オフィスは東京大学本郷キャンパスの最寄駅である本郷三丁目駅から徒歩2分のロケーション!)

近藤:リモートでの働き方はどうですか?

池田:リモートワークは大学にいる時に活用しています!授業が早く終わったり空きコマがあったりすると、その隙間時間を活用してその場で仕事を開始できるんです。

近藤:リモートのデメリットはどう感じていますか?

池田:リモートだと集中が途切れた時にどうしてもすぐ休憩してしまいますね。全ての仕事がPCを使った仕事なのですぐ休憩してYouTubeとか見てしまう(笑)

近藤:ははは笑笑

今後、資格Timesとどう関わって行きたいですか?

池田:今後僕は自分で事業を大きくしてみたいという思いがあります。あとは、もし就活する場合でもガクチカとして語れるような経験を積みたいと思っています。そのために、資格Timesで100万円以上の利益を創出したいっていうデッカイ目標があります!!

近藤:おおお〜〜〜!!!!池田くんのプロジェクトで、っていうことですよね!

池田:そうです!僕が資格Timesでプロジェクトマネージャーとして任せられている1つのプロジェクトで、様々な施策を打ったりしてそのプロジェクトだけから100万円以上の利益を産みたいと思っています。

近藤:すごい覚悟〜!でも池田くんなら絶対にできると思います!池田くんみたいに思い切った覚悟があるインターン生には今後もどんどん裁量権を与えていこうって思ってます。

池田:絶対グロースさせます!一緒に、よろしくお願いします!

近藤:本当に心強い!一緒に頑張りましょう!

株式会社ベンド's job postings
32 Likes
32 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more