1
/
5

介護職からエンジニアへキャリアチェンジした私が感じていること。 社員インタビューNo.1・山田さん

こんにちは!ゼロベースファクト採用担当です!
本日より社員インタビューをお届けいたします!
記念すべき第1弾は、2020年中途入社の山田さんにお話を伺いました!

――はじめに、山田さんは入社前どんなお仕事をされていましたか?

「以前は介護職をしていました。ある日、小学校でプログラミングが義務化されるというニュースを見て、そこからプログラミングに興味を持つようになったんです。夜勤中に暇だったのでプログラミングをやってみたら、案外面白くて。給料も高いというのもあり、エンジニアとしての転職を始めました。」

――ゼロベースファクトに入社する決め手は何でしたか?

「少人数だったことです。未経験からの入社ではありましたが、人数が少ない環境であればそんな自分でも力になれるんじゃないかと思い、ゼロベースファクトへの入社を決めました。」

――実際に入社してみて、責任感のあるお仕事はできていますか?

いち社員として会社を作っていく、という点で責任感を感じられる環境にいるなと感じています。社長からも、『自分もまだまだ不甲斐ないから、会社の制度を積極的に変えていってくれ』とお声がけをいただいたりしていて…。経営について日ごろから考えるようになりました。

――実務未経験からの入社でしたが、どのように技術を習得してきましたか?

「現場で先輩、社長に教えてもらいながら技術を習得していきました。みなさん何の嫌な顔もせず教えてくれたのでありがたかったです!」

――現在はどんなお仕事をされているんですか?

「ガス系の会社のシステムの保守・運用をやっています!システムの不具合を調査し、原因を伝えて改修するといった内容です。」

――やりがいはどんなときに感じますか?

「プログラムのエラーが発生したとき、自分の力で直せたときにやりがいを感じます。また、開発という面でも上手くいったときにやりがいを感じます。」

――「綺麗事を言う」という経営理念についてはどう思いますか?

「世間では綺麗事を言う、というのはよしとされない風潮があると感じていて、そんな中で綺麗事を言うのは大事だなと感じています。最初の面接でそれを聞いて、一緒にやっていきたいと強く思いました。実際に働いていて、社長の話の節々からそういった姿勢を感じられて、会社として大切にしている思いなんだなと実感しています。」

――ゼロベースファクトの良いところはどんなところにあると思いますか?

社長との距離が近いところだと思います。それから、先輩が丁寧に教えてくれるところもあります。全体的にゼロベースファクトには他人の痛みが分かるような方ばかりで、素敵な人柄の方ばかりだなと思います。」

――ゼロベースファクトに向いていそうな人はどんな人ですか?

「チャレンジャー精神があり、また協調性がある人だと思います!」

――入社前に受け入れてほしいことはありますか?

「給与面では、まだスタートしたばかりの会社ということもあり、高くないといったところがあります。自分で給料を上げていくぞ!という意欲が無いと、もしかしたら合わないかもしれないです。」

――今後、チャレンジしたいことやキャリアのイメージなどを教えてください。

「業務における開発の割合を増やしていきたいです。現在は保守・運用の業務が7割で、残りの3割が開発といった比率になっています。どんどんスキルを上げていって、開発にチャレンジしていきたいです。」

――それでは最後に、今後ゼロベースファクトをどのような会社にしていきたいですか?

優しい会社を作っていきたいです。社外のお客様に対してはもちろんですが、社内においてもビジネスとしての規律を守りつつ、優しい関係性を維持できるような会社にしていきたいです。」

――ありがとうございました!

株式会社ゼロベースファクト's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings