社員インタビュー#2 プロダクトを生み出せるエンジニアとして成長したい

GMS新入社員の舛田(写真左)です。

社員の方へのインタビュー第二回目です!

今回はGMSの最新技術を造っている技術本部の長尾さん(写真右)に、GMSで働く楽しさや、やりがいについてお話しいただきました。

技術本部の特徴

舛田:「長尾さん、よろしくお願いいたします。
わたしは事業本部の新人で、まだ長尾さんとお仕事の話をしたありませんが、今日は色々と教えてください。
最初に、GMSのエンジニアのお仕事は、他社と比べてどんな特徴を感じますか?」

長尾:「よろしくお願いします。
まずGMSでとても新鮮に感じたのが、事業開発の人や技術開発の人たちが同じ空間で仕事をしていることでした。私はGMSに入社する前までは、ずっとエンジニアだけの環境で仕事をしていたので。」

舛田:「そう言えば、確かに。
事業本部と技術本部には部門を隔てるものや空気感の壁がありませんね。」

長尾:「それから、不明な点や不安がある部分があると、周囲にすぐに共有して相談できる雰囲気があることです。私のいる技術本部でも、各分野の優秀なエンジニアがいて、必ず誰かが対応してくれるんです。海外にいる現地法人のエンジニアとも、常にチャットでコミュニケーションを取ることができます。」

コミュニケーションを大切にしています

舛田:「だから、先輩たちが相談しあっているのを頻繁に目にするんですね。」

長尾:「はい。さらに、役割に関係なく、席がほどほどに近いので、自然にそれぞれの分野の新しい技術の話をしています。
従来のやり方で一人で悩んでいると苦労するところが、周囲に気軽に話ができることによって、新しい気づきを得られるんですよね。それによって、抱えている問題を解決できる時があるんです。

舛田:「気軽に話しかけるコミュニケーションは大切ですね。」

長尾:「はい。そして、GMSの開発したシステムやアプリケーションをどうしたらもっとスムーズに動かせるか、を自分なりに考えています。

各国のデータを見ていたりすると、エンジニアとして自分のやっていることが、社会の役に立っているんだな、と感じるんですよね。」


プロダクトを生み出すエンジニアになりたい

舛田:「仕事を通して、自分のやっていることが社会の役に立っているのを感じられるって、すごくいいなって思いました。わたしもそう感じられるよう頑張りたいです。」

長尾:「GMSでは、やりたいといえば挑戦できる環境があるので、望めば新しい挑戦をしていけると思います。

自分の目標としては、設計やプログラムを書くだけでなく、プロダクトそのものを考えていけるエンジニアになりたいと思っています。

仕事においては、理想とするプラットフォーム像があるので、その実現に向けて日々取り組んでいます。」

GMSで挑戦したい方へ

舛田:「わたしも、自分の領域を拡げて挑戦していこうと思います。最後に、GMSを検討している方にメッセージをお願いします。」

長尾:「GMSには本当に色々なバックグラウンドを持った人たちがいて面白いです。

エンジニアとして決まったキャリアパスというものがあるわけではないので、様々なことができると思います。海外との調整もあるので英語を使ってやりとりすることもあります。

そういったところを面白いと感じる方は合っていると思いますので、ぜひ話を聞きに来てください。」

舛田:「長尾さん、ありがとうございました。

エンジニアの方とは、技術が分からないと話が出来ないと思っていましたが、今日はとても楽しかったです。

これからは、エンジニアの方とも、どんどん話をしていきたいと思います。

次回は、管理本部の方へのインタビューです。」

Global Mobility Service株式会社's job postings
5 Likes
5 Likes

Weekly ranking

Show other rankings