1
/
5

【新卒エンジニアにインタビュー】GMSで働いてみた感想、就活のこと、聞いてみました!

こんにちは!採用担当の深田です。

今年4月にエンジニア職としてGMSに入社したばかりの山田さんと、就活生向けのオンライン座談会を先日開催しました!GMSのエンジニア職についてや、GMSに入社を決めた理由、就活・企業選びなどを話していただきました。

エンジニア職に興味がある方もそうでない方も、ぜひ読んでいただけると嬉しいです。

ー山田さん、本日はよろしくお願いいたします!まず最初に自己紹介をお願いします。

早稲田大学にて建築を専攻し、同大学院にてアーバンデザインや貧困地区の研究を行っていました。
ITやプログラミングからは全く関係のない分野からGMSのエンジニア職に就職し、日々業務をおこなっています。

ー建築学を勉強されていたのに、なぜITエンジニアになりたいと思ったのですか?

大学では建築学を専攻していた中で、日本の学生が手作業で設計をしているのに対して留学生がプログラムを組んでいるのを見て、プログラムを組む能力は語学や計算と同様に、プログラマーでなくても必須のスキルになると感じたのがきっかけでした。

新しいことや事業を生み出したいと野心を抱く方ほど、ITスキルが高いことはアドバンテージになると思います。僕の場合は貧困問題を解決したい、そのために本当に必要なものはIT技術の中に詰まっていると思いました。

ーなるほど、新しいことを作り上げる、またそれを効率的に実現するにはITスキルが無いと難しいということに気付いたのですね。実際にGMSでインターンシップをしてみてどうでしたか?

11月から入社直前の約4か月間、内定者インターンシップとして参加しました。
皆さん、エンジニアのインターンシップというと、ソフトウェアを想像されると思いますが、GMSのインターンシップではそれに加えてハード業務も行いました。Webアプリ開発の基本的な部分の学習と同時に、電流や電圧に関する勉強を通じて世の中の”いわゆる”Iot分野のサービスがどのような技術や考え方で開発されているかを知ることができ、大変面白かったです。もっと早く経験しておきたかったなと思いました。

ー有意義なインターンシップになっていて良かったです!GMSでエンジニアとして働く魅力は何だと思いますか?

日本だと、IoTや○○テックというと新しいことに取り組んでいる会社に分類されると思うのですが、例えばビッグデータやAIといった”ホットなもの”を本当に活用していこうとしている企業は少ないと思います。そういった中で、GMSはビッグデータを活用していく段階に入っていて、この分野をファーストキャリアで経験できる企業はベンチャーでも大手でもなかなかないのではないかと思います。そこが私が感じているひとつの魅力です。

ーそのような最先端分野に携われることで市場価値も上がりますよね!山田さんはエンジニア未経験ですが、実際に未経験でも大丈夫だと思いますか?

基本的には語学と一緒で誰でもできるようになるものだと思います。もちろん向き不向きはありますけどね。GMSでは十数人程度で構成されている比較的小規模のチームの中で、どの先輩方も質問に対してすぐに回答してくれたり、フォローしてくれたり、安心して業務を行える環境でした。

この4か月間で、実際に自分1人でサービスを作ってそれを公開できるまでに成長することができました。

ー山田さんの就活体験について教えていただきたいのですが、どのような軸で就活されていましたか?

最初は建築系で都市開発ができる就職先を見ていたのですが、就活を進めていく中で都市開発では貧困層にリーチできないということ気付きました。最終的には途上国に行って貧困問題に対する課題解決をしたいと思った時に、ITスキルだったり語学力だったり、また働きながらある程度自分で勉強できる時間も確保しなければならない、などを考えながら就職活動を行っていました。

貧困問題自体に興味を持ったのは、もともと小学生の頃からごちゃごちゃとした街並みに興味をもっていて、フィリピンのスラム街に足を運んでみたところ貧困を目の当たりにしたのがきっかけです。これは何とかしなければいけないと思いました。

ーGMSではエンジニアでありながらもビジネスサイドとの連携も多いので、山田さんがやりたかったこととマッチしていると思いますが、就職先ってどのような基準で選ぶべきだと思いますか?

猛烈に「これだけはやりたい!」といったこと(僕の場合は途上国の貧困問題の解決)を一番早く達成できる会社をファーストキャリアとして選ぶのが一番いいかなと個人的には思っています。無理に企業に合わせることなく、自分のやりたいことと本当にマッチしているところを選ぶべきだと思います。

また、「上から降ってきた仕事をずっとこなしたい」というよりも「自分で何かを生み出したい、仕事を作りたい」といった想いがある方はベンチャーが合っていると思います。GMSも「自分から仕事を作りたい、挑戦したい」といった方が多く来ていると感じています。

ー確かにGMSって目標だったり「○○がしたい!」といった想いを発信している方が多いですよね!

そうなんです。僕は途上国で課題解決したいと言いつつも、実はTOEICが300点台なんです。それを聞いた上司に、英語でプレゼンをやってみたら、と勧めてもらい、カンボジアの現地社員30人ほどの前でプレゼンすることになりました (笑) このように、やりたいと言ったらすぐにやらせてもらえる環境なのです 。

ー最後に、山田さんから就活生の皆さんへ伝えたいことはありますか?

自分に合う企業に入ってほしい、それだけです。その企業に入った後、将来何を実現したいのか、しっかり優先順位を決めて就活を進めてください。自分の軸と企業を照らし合わせてそれが実現できる企業に皆さんも巡り合えることを願っています!

ー山田さん、ありがとうございました!山田さんの今後のご活躍を楽しみにしております^^

GMSでは、世界の17億人を共に救う仲間を募集しています。

少しでもご興味のある方は是非お話を聞きにきてください!

Global Mobility Service株式会社では一緒に働く仲間を募集しています

新卒採用

  • 総合職
  • 技術職(エンジニアリング)
  • 技術職(IoTデバイスエンジニア)
  • 学生インターン
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings