1
/
5

What we do

グローバルコミュニティ創世の6大事業
AIケアプラン・介護記録ソフトを自社開発!
さくらコミュニティサービスは「KAIGO's Next Challenge」をブランドコンセプトに、KAIGOの義務教育化・グローバルスタンダード化を目指しています。 現在は「高齢者生活支援」「介護人財の養成」「就業サポート」のコミュニティ創成の3大事業を柱に更なる発展に向けて【グローバルコミュニティ創成の6大事業】として「グローバル人財支援」「ITソリューション開発」「子育て支援」など新事業へ展開を果たし、社会環境の変化や時代の要望、さらには医療・介護現場の状況をいち早く捉え、全員が一致団結し課題解決に取り組んでいます。

Why we do

■福祉業界は世界的に注目されている 日本は人類史上でも例の無い、超高齢化社会を迎えています。その動向に世界が注目しています。よく耳にする「2025年問題」。後期高齢者人口が約2,200万人となり、国民の4人に1人が75歳以上になる計算です。さらに、2050年 日本の社会補償費は250兆円を超えると予測されています。これまで大切にされてきた日本の伝統・文化や「おもてなし・慈しみ・いたわり」の心に立脚し、今までの福祉の在り方が見直されています。今後、これまでに類を見ない新しい取り組みが日本から発信されなくてはいけない。さくらは常にチャレンジしていきます。 ■私たちが大切にしたいこと KAIGOの素晴しさと、日本人が大切にしてきたマインドである「おもてなしの心」を融合させ、「おもてなしKAIGO」を先進福祉国家として 世界へ発信して行きたいと想っております。「介護」が「KAIGO」へと、世界に誇れる知識と技術を多くの方々へお伝えしていきたいと考えています。 ■そして最終的にさくらコミュニティサービスが目指すこと… それは「世界から介護をなくす」こと。「えっ、仕事なくなっちゃうじゃん」と思われるかもしれませんが、私たちは世界から今現在イメージされるような介護がなくなることが、世界の皆さんが幸せになることだと考えています。 今現在の介護は「要介護」になった状態からようやく始まる、と言っても過言ではありません。しかし私たちが思う本当の「介護」とは、介護を必要としない生活を続けるための手助けをするということ。つまり予防介護です。いつまでも元気で幸せに。そういう人を札幌に、日本に、世界に増やしていきたいのです。

How we do

幅広い世代が業種を超えて力を合わせて働いています! 【こんな方と働きたい!】 ・様々なことに挑戦したい方 ・仕事を通して成長していきたい方 介護企業が目指す「世界から介護をなくす」という目標を、一緒に実現しましょう! あなたが輝ける場所がきっとあります。