1
/
5

オフサイトミーティング(2020 Winter)を実施

アダコテックは2019年11月に2名の社員を迎え、正社員が6名となりました。

日頃の業務に入ってしまうとなかなかまとまった時間が取れないので、仕事はじめの2020年1月6日(月)、お台場でオフサイトミーティングを実施しました。

今回のテーマは「戦友」--- 勝負年となる2020年を共に戦う仲間として改めてかなり深いところまで価値観を共有し、お互いに厳しいフィードバックをしながら、組織としても成長するベースを整えました。

引用: 井上雄彦「スラムダンク」

事業についてのディスカッションは省きますが、いくつかチームビルディングのために実施した内容を共有させてください!


アンガーマネージメントゲーム

チームビルディングのアイスブレイクとして「アンガーマネジメントゲーム」は最高でした。互いがどんなシチュエーションで怒りを感じるのか?を予想し合うゲームなのですが、 ①怒りは価値観が出やすく相互理解が進む、 ②互いの地雷がわかるため、地雷ギリギリまで踏み込めるようになる、 ③めちゃ盛り上がる、というメリットがありました。


価値観の相互理解Work Shop

仕事、プライベートに対する、好き・嫌いの2×2のマトリックスを埋めて共有する、そんなワークショップです。とても簡単なワークですが、実は知らなかったこと、意外なこと、がわかったりして、盛り上がります。恥ずかしながら私のはこんな感じでした ↓


ストレングスファインダー

かの有名なストレングスファインダーを全員でやって、内容共有しました。ストレングスファインダーでは強みだけが抽出されるのですが、合わせて自分で認識している弱み3つも合わせて発表するようなエクササイズをやりました。弱みをさらけ出すのは勇気がいることですが、さんざん強みをアピールしたあとであれば、言いやすい雰囲気に!

尚、強みを横並びにして分析してみると、それぞれの個性がわかりますし、何よりグループとして、調和性や親密性を重んじる傾向があることがわかりました。つまり、意識して意見を言い合わないと馴れ合いになってしまうということですね。これは貴重な発見でした!



Start, Stop, Continueの相互フィードバック

ここまででかなり心理的な安全性を築けましたので、最後は満を持して一番「キモい」ワークをやりました。Netflixの相互フィードバックです。

Start=はじめてほしいこと1つ、Stop=やめてほしいこと1つ、 Continue=継続してほしいこと1つ を互いに、本気でフィードバックします。全員が全員に対してみんなの前でフィードバックしました。ネガティブ2つ、ポジティブ1つの割合なのが丁度良いのと、3つに絞るのでtoo muchにならないのも良かったです。私も今まで言われるまで気付かなかったこともたくさんあり、とても気付きが多かったです!


Thank You Letter

締めはお互いへのサンキューレターを書いて終了です。ちょっとキツいことを言い合ったあとに、感謝で終われるのは良かったです!家に帰ってからひっそり読みました笑。

そんなこんなで仕事始めは充実したスタートを切ることができました。ワークショップ終了後、大江戸温泉物語でサウナに入り、ビールで乾杯しましたが、格別の一杯でした!これは全世界にオススメしたいオフサイトの黄金ルートです。

アダコテックは今年もエンジニア、ビジネスサイド含め、まだまだメンバー募集しておりますので、ぜひご興味を持って頂きましたら「話を聞きに行きたい」ボタンのクリックをお願い致します!

今年もよろしくお願い致します!

Special Thanks

今回のワークショップを設計するにあたって、非常にお世話になった本があります。仲山進也さんの「今いるメンバーで「大金星」を挙げるチームの法則ーー『ジャイアントキリング』の流儀」です。チームビルディングの極意が詰まっていて、ワークショップ設計のヒントをたくさん頂きました。

株式会社アダコテック's job postings
6 Likes
6 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more