1
/
5

【実践編】スマートコントラクトを使ったゲームで遊んでみよう!【ブロックチェーン社内勉強会】

こんにちは、西川です😊
今冬は暖冬だと言われて久しいですが、二十四節気で言う大寒が過ぎたあたりからようやく冬本番を感じられるようになりましたね❄️

先日北海道に行ったのですが、ー13度の予報だったので大事にしているMacbookが凍るんじゃないか.😨と心配で心配で...😨(凍りませんでした)
そして吹雪の中、完全に凍結した湖の湖畔を一人でザクザク歩いていると、大自然に置かれた人間の儚さを感じました..(キケン)

さて!ドリームシェアリングサービス「FiNANCiE」を作るフィナンシェでは、
社内向けに隔週でブロックチェーン勉強会を開催しています。

完全自由参加で、エンジニアが中心に参加していますが、エンジニア以外の参加もOK。
興味のある会だけの参加もOK!という自由な勉強会の今回のテーマはこちら〜❗️


🎉「第16回勉強会 Etheruem実践入門」 〜コントラクト解説〜🎉

要するに、FiNANCiEでも使われているスマートコントラクトを搭載したゲームを使って遊びながら、
どのように動いているのか理解しよう!
ということですね😎!(意訳すぎる😎)

「FiNANCiE」は、夢がみんなの共有財産になる、ドリームシェアリングサービスです。
夢を持つ人(オーナー)と夢を支援する人(サポーター)が出会い、夢の実現に向けて、一緒に歩むためのコミュニティ。

夢を支援する人も、夢を叶える人も、夢をみんなの共有財産として、一緒に豊かになっていける、あたらしい形のコミュニティプラットフォームです。

https://financie.jp/

          ☆:.。. 1分でわかるFiNANCiEムービー、公開中 !.。.:☆

夢を追いかける人『オーナー』が「FiNANCiE」で発行する自身のカードを『サポーター』が購入するまでのカード売買のやりとりはスマートコントラクトと呼ばれ、イーサリアムを使ったブロックチェーン上に売買情報が開示されており、誰でも見ることができます。

テックファーストを掲げるフィナンシェとしては、「全てのメンバーがブロックチェーンに対して自分の意見を持っている」というところが最終目標です。

なのでエンジニアではないわたくし、西川も参加しております〜👏

ブロックチェーンを使ったサービス⚡️「FiNANCiE」⚡️の特長といえば、

・ブロックチェーンを使ったサービスとしてすでに社会実装されている!
・すでにマネタイズが出来ている!
・仮想通貨のウォレットは必要ない!
・仮想通貨を所有する必要もなく、円で売買ができる!

といったところです😄
まだ世界のどこにもないサービスをグロースさせるべく日進月歩でカイゼンに努めています〜😌

新しくフィナンシェにジョインしてくれるメンバーは、フィナンシェが作り出したい未来のビジョンに共感してくれているのはもちろんのことなのですが、
特にエンジニアメンバーは、このような先駆的な技術を積極的に使っているフィナンシェだからこそ、
ここにジョインする魅力を強く感じてくれているようです🤗

さて、前回の第15回ブロックチェーン勉強会のテーマは「Etheruem実践入門〜ERC20の発行」でした。
そして今回は実践版🙎‍♀️
さあ、ERC20を使ったスマートコントラクトを実装したゲームをやってみよう!

↑CTO西出が作ったブロックチェーンゲームをダウンロードしている図。

それがどんなゲームなのかと言いますと、いわばマインクラフトのようなもので、
様々な素材を用いて建築をしたり土地を開拓したりすることができます。
映写されている画面の右下に映っている、緑・黄色・オレンジのタイルのうち、黄色の土地を採掘することができ、採掘できた土地は自分の占有物になります。

そしてCTO西出作成のゲームは、採掘した土地の所有権をブロックチェーン上で管理/証明することができるのです。

そして領地を広げていく... というゲームなのですが、
誰がどのタイルを採掘したのかなどは以下のように担保されています。

そして採掘するためにはガスコスト(トランザクションフィー)がかかります。
なのでウォレットにイーサリアムを入れておく必要がありますね。

まずはイーサリアムを管理するためのMetaMask(自分が持っている暗号資産を管理するブラウザウォレット)をPCにインストールしてと...

それと並行してローカルPCに実行環境構築をしていきます。

そしてMetaMaskからテストネット用のイーサリアムを入金します。

準備ができたら起動してみます。さあ、採掘して占有地を増やしていきましょう!

そして占有地を増やしていくと、アイテムが溜まっていくので
それを元手に土地を所有する(買い取る)ことができます。

↑作成者であるCTO西出が、このゲームで使っているコントラクトについて詳しく解説しました。

まぁ私は非エンジニアなので、正直全くわからないのですが...
エンジニアからは質問が飛び交っています。

と、このような感じで勉強会を進行しています😚

今回のタイトルはフィナンシェでも使っているイーサリアムでしたが、
前回までのタイトルは、その時話題の仮想通貨だったり、概念だったり、フィナンシェでのブロックチェーン技術だったりと様々です。

ちなみに過去のタイトルはこんな感じ...✌️

第1回「フィナンシェにおけるブロックチェーンの活用」
第2回「Libraについて」   
第3回「フィナンシェのBlockchainアーキテクチャ変遷と今後」
第4回「Bitcoinについて」 
第5回「IPFSについて」
第6回「Ethereumについて」
第7回「Blockchainのソーシャルメディアについて」
第8回 「ステーブルコインについて」
第9回「Openlawについて」
第10回「FiNANCiE Lightning Ver.2」
第11回「Sidechainの概要〜そしてSKALEへ〜」
第12回「Libraの現状と各国の反応を整理〜そして中央銀行デジタル通貨(CBDCs)へ〜」
第13回「中国のBlockchainプロジェクトについて調査」
第14回「Tangleについて」    

FiNANCiEではカードの所有者の証明やカードの売買履歴をブロックチェーンが担保していますが、
今後はブロックチェーンが使われた、たくさんのサービスや売買が広まっていくでしょう⚡️

✨例えばどんな?✨

・利害関係者が多く、調整にかかる期間・費用が大きく嵩んできた不動産の売買契約において、一連の手続きをすべてスマートコントラクト化することで期間・費用を大きく削減できる!

・アートとアーティスト、そして歴代の所有者をブロックチェーンが担保することで、二次売買以降の際にもアーティストに代金が入るエコシステムの実現!

などが挙げられますね。

FiNANCiEに興味をお持ちで、ブロックチェーンに関連したこんな内容の勉強会に参加したい!など
のご希望がありましたらぜひご連絡ください^^

興味はあるけど今はブロックチェーンの知識があるわけではない..という方でも大丈夫!

FiNANCiEエンジニアと一緒に勉強していきましょう〜✨✨

たくさんのご応募お待ちしております😆⭐️

株式会社フィナンシェ's job postings
5 Likes
5 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more