1
/
5

【人を起点に社会を回す】ロビンソンが追求する、社員思いの会社のあり方とは

プロフィール

代表取締役社長
藤井 真琴(ふじい まこと)

自分の理想を追い求めて創った会社が、ロビンソンでした。

Q起業されるまでの経緯をお聞かせください

エンジニアとしてキャリアをスタートしました。

初めは基盤開発やプログラミングをしていたのですが、その後サーバー側の仕組みにも興味を持ち、アプリ開発やインフラ開発に携わりました。
例えば、ファクトリーオートメーションという工場の自動化のシステムや、在庫管理システムの開発ですね。

この経験から、やがて大きなプロジェクトのマネジメントも任されるようになりました。

——着実にエンジニアとしてのキャリアを積まれていたんですね。

そうですね。
でもその過程で感じたのは、もっと自分の思い通りにシステムを作って世の中に提供したい、という歯がゆさでした。
どうしても会社の方針に縛られてしまうことに窮屈さを感じるようになったんです。

システムを作る上で大事なのは、使ってくれるお客様の役に立ち満足していただくことだと私は思います。
だからこそ、自分たちが提供したいサービスや製品をお客様に、よりダイレクトに届けたい。こういう思いから、会社の立ち上げを決意しました。

——まさに藤井様の理想を形にしたのがロビンソンなんですね。創業はスムーズに進んだのですか?

大変なことばかりでした(笑)
まず銀行口座を開設するところから苦労して、そこから1、2年は困難の連続で。

会社の法的なルールを定めたり、書類を作成したり。
本来こういった創業手続きは行政書士を雇ってお任せするのが一般的だと思うんですけど、私に関してはほとんど自分一人でやり遂げましたね。

社員が幸せじゃないと社会貢献はできない。

Q.会社の理念で「社会が幸せになるためには、社員一人一人が幸せである必要があります。社員が幸せなら自ずと企業も成長します。成長した企業は、社会貢献が可能なのです。(HPより)」という『幸福のスパイラル』がありますが、どういう思いが込められていますか?

会社でもっとも大切なのは「人」だと考えています。社員が満足して働けていなければ良いものを提供できないと思うんです。
こういった思いから「幸福のスパイラル」の実現を掲げています。

現実的なことを言うと、お給料をきちんと支払えて社員が生活に困らないようにするのが最低限必要です。
そのために、会社としての売上確保と利益創出を実現する、というイメージですね。

——なるほど。人の幸せが貴社の源なんですね。

そうだと信じています!それは会社だけでなく、社会にも当てはまると思うんです。
我々が、先人たちの作り上げた社会に育てられたように、今度は我々が次世代のために社会を作ってあげる番です。

若者が社会できちんと教育を受けて、将来の日本を担ってもらうことで、私たちが引退しても幸せに暮らしていけるんじゃないでしょうか。
こういうサイクルがこの先もずっと続くように、まずは自分の会社で実現していきたいですね。

今必要とされているサービスを生み出す。

Q社会貢献というお話をいただきましたが、具体的な事業内容についてお聞かせください。

今後クラウドの需要がより高まることを見込んで、我々が得意とするマイクロソフトのクラウド技術を研究・開発しています。
他にも、クライアントから需要のあるマイクロソフトの製品に関する技術の提供にも取り組んでいます。
きちんと「設計、開発、製造、テスト」まで責任持って行うのが、私たちのポリシーです。

同じく力を入れているのが、自社ソリューションの開発です。ゼロから企画を立て、サービスを生み出すところにこだわっています。
例えば弊社の代表作「Yama Lab.(ヤマラボ)」は、岩を登る競技のボルダリングユーザー向けに作ったものです。これを使えば岩のルート検索や記録が残せるなど、ボルダーの方々から好評を頂いています。

——IT×アウトドアの発想が面白いですね!

実は、そこが“ロビンソンらしさ”なんです。
ソリューション開発を通して、地球を傷つけたり汚したりしない、自然と共存できるアウトドアスポーツを支援していきたいです。

地球に優しいものを我々のサービスとして推奨し、より多くの人に楽しんでもらいたい。
これも「人を起点に社会を回したい」という会社の理念に共通しています!

若者たちにどんどん交流してほしい。

Q.これまで会社のことについてお聞きしましたが、藤井様が代表として社内で意識していることは何ですか?

二十代の社員に交流の機会を積極的に持たせることですね。様々なことで悩みを抱える若い世代にとって、それを共有できる場を作ってあげたいんです。
そうすることで、お互いのことをきちんと分かって、より深い人間関係を築けると思っています。

会社は、趣味も考え方も年齢もバラバラな人が集まってできています。
それでも「お互いが尊重できて分け隔てなく交流できる」そんな会社を目指しています。

社風というのは会社に根付いているものです。
だからこそ、創業当初から風通しの良い、意見を自由に言い合える雰囲気を作っていこうと、常に意識しています。

——藤井様の思いが社風として現れているんですね。それでは、会社としての将来的な展望は何かありますか?

創業当初からの目標としては、会社を100人規模まで拡大することです。
あと1、2年で達成する見込みです!

そして長期的な展望としては、海外進出も考えています。
市場は日本だけではないので、英語ができる人、特に若者には是非弊社で活躍してほしいです!

いい意味でIT会社らしくない。仕事もプライベートも全力。

Q.最後に求職者の方々にメッセージを!

弊社は本当に風通しがよくて、やりたいことに手を上げやすい職場です。
社内イベントも充実しており、登山やボルダリング、スキーなど遊ぶことにも全力なアウトドア集団でもあります(笑)

元気で明るく、何事にも挑戦できる方には是非仲間になってほしいですね!

またフルリモートでの勤務も可能なので、地方で才能を発揮する場がないという方にも弊社で活躍していただきたいです!
とにかく、一度お話して私たちの雰囲気を感じてみてください。

一緒に社会という山を登ってくれる方、お待ちしています!

株式会社ロビンソン's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more