1
/
5

インフキュリオン・グループのエンジニア交流会を開催!

ネストエッグ広報の松本です。先日、ネストエッグを含む5つの事業会社(株式会社インフキュリオン、株式会社インフキュリオン デジタル、株式会社リンク・プロセシング、株式会社アダプトネットワークス、そして当社)を束ねるインフキュリオン・グループで、エンジニア交流会を開催しました!

決済×テクノロジーを軸にしたフィンテック事業を展開するインフキュリオン・グループ。同じフィンテック業界でも、サービスによって開発プロセスはさまざまです。互いに情報交換し、楽しみながら刺激を受け、グループ全体で高め合う場になるようにと企画した今回のイベント。グループ会社の紹介も含めながら、交流会の様子をお届けします!

オフィスビルのカフェにて!

会場はインフキュリオングループがオフィスを構える紀尾井町ビルの1階カフェ。到着した人から、会社ごとに色分けした手書きの名札をつけて開始を待ちます。オフィスビル内という近さもあり、30名程が集まりました!

司会のグループ広報・真田さんの挨拶で乾杯し、第1回エンジニア交流会の幕開けです!

食事を楽しみがら、まずは周囲の人と自己紹介タイム。ちなみにネストエッグはオフィスが離れていることもあり(2018年9月にグループオフィスから現在の人形町オフィスに移転)、初めて会う人がほとんどです。緊張しながらも、少しずつ距離を縮めていきます。

各社の代表メンバーからLT!ネストエッグからはCTO長田が登壇!

交流会のメインイベント、各社から1名ずつライトニングトーク(以下LT)を実施。初回ということで、各社の事業やメンバーについてなどをお話いただきました。

ネストエッグからはCTO長田が登壇!finbeeの今後の課題・展望についてや、チームの雰囲気、本人の普段の業務についてなどを赤裸々に紹介しました。※CTO長田の想いはメンバーインタビューをご覧ください!

続いてリンク・プロセシングから

続いてはリンク・プロセシングメンバーが登壇。リンク・プロセシングでは、決済端末、アプリケーション、決済センターをワンストップで提供する決済サービス「Anywhere」を展開しています。幅広い領域を扱う中で、それぞれの要素で追及している利便性など、サービスの特長を語っていただきました。

続いてインフキュリオン・デジタルから

インフキュリオン・デジタルでは、QRコード決済に対応したウォレットASPシステム「ウォレットステーション」や、決済のタイミングを変更できる支払い管理サービ「SLiDE」を展開しています。

finbeeと同じように銀行APIを活用したサービスですが、コンセプトや提供する価値が異なり、別視点からのアプローチにネストエッグメンバーも興味深々です。

最後はインフキュリオンから

決済関連事業のコンサルティングを行うインフキュリオンは、グループであらゆる事業を展開しているからこそ、知見を活かしたサポートを行っています。グループ会社それぞれの成果が、失敗や課題も含め活かされるのはインフキュリオンならではの魅力です。

場も温まり、自由に交流!

各社のLTについて掘り下げて質問するなど、垣根を越えて自由に会話を楽しみます。今回はエンジニアを中心に管理部門や広報からもイベントの興味のある人が参加したので、会話のテーマも幅広く、プライベートな内容も交えながら交流を深めることができました!

可愛いカップケーキが並び、そろそろお開きの時間です。
最後はインフキュリオン・グループ代表(ネストエッグ取締役フェロー)の丸山から締めくくりの言葉をもらい、エンジニア交流会が幕を閉じました。

最後はみんなで写真撮影!

会社は違っても、これまでにない良質なサービスを届けたい想いは同じ。普段の業務ではなかなか交流の機会が少ないですが、この関係性を活かし、有意義な場にしたいです。環境の異なる相手と会話を交わすことで、刺激をうけつつ気分転換にもなったのではないでしょうか。明日からはそれぞれの仕事に向き合いますが、この場で感じたもの・得られたものが何かに繋がることを祈ります。よりパワーアップさせた第2回の開催もお楽しみに!

株式会社ネストエッグ's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more