1
/
5

ブレインスリープの誕生

「スタンフォード式最高の睡眠」という著書をご存じでしょうか?

2017年に発売され、発売された年には書籍の中で書かれている「睡眠負債」が流行語にもなりました。
今なお33万部のベストセラー書籍として、睡眠に興味ある人たちに読まれています。
この著者はスタンフォード大学の精神科医師であり、同大学の睡眠生体リズム研究所所長の西野精治氏です。

実は株式会社ブレインスリープはこの西野精治が代表を務める会社です。

西野が日本に出張で帰ったとき、朝の出勤時間にすでに疲れ切った顔の、電車の中で寝てしまっているサラリーマンを面と向かって見るたびに、

「あなたは、ぐっすり眠れていますか?」

こんな言葉を投げかけたくなっていました。30年以上アメリカで過ごし、スタンフォード大学で睡眠に関する様々な研究をやってきた医者である西野でしか感じえない、違和感とも言える日本のこの状況をなんとか解決したいという想いをきっかけに、令和元年5月に「最高の睡眠で、最幸の人生を。」というスローガンのもと、“株式会社ブレインスリープ”を設立しました。

また西野がビジネスパートナーに選んだのはスカルプDを販売するアンファー株式会社。
アンファーも医師や医療機関との強固なリレーションを強みとしており、さらには日用品であるシャンプーを20年近く前からインターネットで販売をし始めた「医療×Webマーケティング」を実現している企業です。
睡眠研究を30年以上行ってきた西野と「医療×Webマーケティング」を実現している企業アンファーが作ったベンチャー企業「株式会社ブレインスリープ」が世界一睡眠不足の日本国民が抱える睡眠負債の問題を解消すべく、立ち上がりました。

ブレインスリープは、「睡眠革命で脱・睡眠負債」をキーワードに、「最高の睡眠」を実現することで、人々に「最幸の人生」を送っていただくことを目指しています。このビジョンの実現に向けて、最先端の睡眠医学と加速度的に進化するIT技術を用いて、主に3つの社会的問題に対して、睡眠革命を推進していきます。

1.睡眠不足・睡眠障害の蔓延による医療費の増加
2.企業の就業者の睡眠不足による労働生産性の低下
3.女性と子供に起こる深刻な睡眠負債

ブレインスリープ's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more