1
/
5

宿泊業界から教育ベンチャーへ転身、四谷進学会を選んだ理由

採用担当の春日です。

宿泊業界から教育業界へ大きく方向転換をして中途入社をしてくれた、下島聡子さんにお話を伺いました。旅館の経営コンサルティング会社を経て、2019年に四谷進学会に入社、現在は2年目にして、営業や働き方についての制度改革を中心に活躍しています。前職での経験をもとに、なぜ四谷進学会で働くのかを語っていただきました。

就職失敗と転職の決意

ー四谷進学会に転職する前は、どのような会社で働いていましたか?

全国の旅館・ホテルの経営改善指導をする会社で、旅館・ホテルの売上改善のためのコンサルティングに携わっていました。わかりやすく言うと、各旅館・ホテルの現地に赴き、実態を把握した上で、売上改善に貢献していくという仕事です。具体的には、WEBコンサルティングや販売促進の他、サービスや財務面でのコンサルティングが主な業務です。

ーそこから転職を決意したきっかけを教えてください

最大の理由は人間関係で、質問が出来ない環境という点です。前職では基本的に質問をすると怒られる環境で、ミスが起きるとわかっていてもそれに対処しないことが当然になっていました。実際にミスが起きてから対応するということが日常になっており、周りの顔色を伺うばかりで、このままでは成長できないという焦りだけが積み重なっていました。

顧客の売上改善を担うという責任の重い仕事を続けていく中で、不安が日々大きくなっていく中で、労働時間の長さによる過労やストレスから貧血や発熱を起こすこともありました。このままではいけないと考えて、転職を決意しました。

ー転職活動の中で、最終的に四谷進学会に決めた理由を教えてください

決め手としては、当時面接を担当していた代表の田中、採用担当である春日の対応に好感を持ったからです。今までは企業側からの質問で面接が始まるパターンが大半でしたが、四谷進学会では初めに資料を用意し、業務内容など丁寧に説明していただきました。

また面接中に「質問がしやすいか、風通しの良い会社であるか」という質問をしたところ、実際にその後一緒に働くことになるメンバーを面接室に呼び、実際に働いている社員の生の声を聞くことができました。前職の経験から不安を感じていたこともあり、涙が出てしまったことを今でも覚えています。

入社の決意から現在まで

ー実際に入社してみて、どう感じましたか?

社員のみなさんはいい人たちばかりで、小さな悩みや分からないことを、いつでも質問・相談出来る環境でした。内容によっては口頭だけでなく、資料を作成の上、目で見て理解できるように教えていただくこともあります。皆さん親身に相談に乗ってくださるので、気持ちの面でも仕事をする上で大変助かっています。

社員をとても大切にしている会社だとも感じました。勤務時間は1分単位から記録され、もし残業が必要になった場合は、別日の就業時間を短縮したり、8時間溜まってしまった場合は休みをとって振り替えるなどにより、ノー残業を実現しています。仕事とプライベートのメリハリがしっかりとれる環境です。今までアルバイト含め、色々な会社で働いた経験がありますが、これだけ社員を大切にしている会社には、初めて出会いました。

ー実際に入社してから成長できる環境でしたか?

どんどん質問して実力をつけながらステップアップしていける会社なので、成長しながら楽しく働けていると感じました。自分自身がやりたいことを発信することで、最もやりがいを感じる仕事や、自分自身で見つけた会社課題の解決に、主体的に取り組むことができます。私は人と接することが好きなので、この機会が多い営業を中心に働いています。

少人数の会社であり、フラットな立場で議論をすることができるため、自分の意見が反映されやすい環境です。立場関係なく、自分の意見をどんどん発信できますし、自分の意見が周りの人によって影響を大きくしていき、会社がより良くなった時には、とてもやりがいを感じます。

ー四谷進学会の課題や自分自身の課題はありますか。

会社の雰囲気をもっと明るくし、社員同士のコミュニケーションをより活発にさせていきたいです。最近では、普段なかなか言葉にできていない「ありがとう」の感謝の気持ちを、メッセージを添えて、アプリケーションを通して送る仕組みを導入しました。他にも、食事や旅行など、福利厚生として休日に利用しやすい施設をお得に楽しめる環境も整えています。

今のところ、四谷進学会で私は唯一の女性社員ですので、これからも女性だからこその視点や、新しいことに挑戦し、もっともっと会社がステップアップできるように、自分らしく邁進していきたいと思っています。

ー新メンバーに期待することは何ですか。

社員の希望や適性に合わせて、手を挙げた仕事に挑戦できる環境なので、四谷進学会で挑戦したいことはどんどん発信し、挑戦していってほしいです。自分の意見も反映されやすく、壁に当たった時には周りのメンバーが親身に相談に乗ってくれます。新しい発想で、会社をより良くしていく力になっていただきたいです。

株式会社四谷進学会's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings