1
/
5

人生を懸けた陸上を病気で諦めた。150万円を失った。それでも前向きに連続起業家を目指す

こんにちは!インターンの菅野です。

変な商社のメンバーの熱い想いや「変わった」ストーリーをお伝えしていきたい!ということで、各メンバーのインタビュー記事を続々と載せていこうと思います。

早速ですが1人目として、2021年3月に入社したばかりの多田幸司(ただこうじ)さんにインタビューしました。多田さんのポジティブさに心打たれる方も多いかもしれません。ではどうぞ!!!


僕の夢は、日本を強くすること


そのために僕は30歳で連続起業家(シリアルアントレプレナー)*として起業したいと思っています。

*いくつものベンチャー事業を次々と立ち上げる起業家


そう思うようになったきっかけは、海外に出たことでした。


日本を強くする

自分は昔から日本が大好きで、誇りがある。

だからこそ海外に出たときに、「内」から見た日本と「外」から見た日本のギャップに青ざめた。

日本には世界と戦えるような企業が多くない、このままだとまずい。ショックだった。


「では、日本を強くするためにはどうしたらいいのか?」


そう考えたとき、日本で生まれる企業の数、起業家を増やすことが重要だと思った。

自分は会社や事業をつくるプロフェッショナルになりたい、そう思って変な商社に転職しました。


人生を懸けた陸上を、病気で諦めた

                             (高校時代 駅伝の写真 走るの最高)


僕は中学から陸上を始めて、高校でも陸上(長距離)に打ち込んでいました。

箱根駅伝を本気で目指していて、県大会で2位にもなりました。走ることに捧げていました。

ですが突然、腎臓の病気になり、手術や透析を受けました。


「これからは二度と激しい運動は出来ない」

医者にそう言われました。


ショックだったけど、手術の次の日から僕は「今一番目の前にある課題は何だ?」と考え始めました。

自分にとってのそれは夏休み明けの学校のテストだと思ったので猛勉強し、もともと80番台だったのが学年2位となりました。


騙されて150万円失った

出身は仙台市で、大学は市内の東北学院大学経済学部に進学しました。

入学早々、波瀾万丈なことがたくさん起こりました。


まず入学して2日目に危ないビジネスに引っ掛かり、40万円を奪われました。

ですがすぐに切り替え、その次の日にはネットワークビジネスを始めました。

ネットショップを独学で作成し、中国から輸入したものを販売して月30万円ほどの売上げを挙げていました。


大学時代には仲間と起業しようとして出資したりしましたが、友達がお金を持って逃げてしまったりなどで総額150万円ほど失いました。

ただ勉強になったので、自分はそれを損だとは思っていません。


貪欲に行動した学生時代

アルバイトは6つ、インターンも2つ行っていましたが、それはお金が欲しいからではなく、社会人と一緒に働きたかったから。

学生時代には起業をして事業を2つ立ち上げました。また、オーストラリアとフィリピンに語学留学に行き、帰国後は大学の国際交流サークルに入って海外の方々に宮城を紹介したりしました。



                      (卒業旅行のタイ 親友との写真 ジムに通ってます)


また4年生の時には就活もしっかりと行い、1年目から新規事業の0→1に関われるところ、営業をしっかりと出来るところに焦点を当てつつ、8社に内定を貰いました。

就活は楽しかったです。50万円ほど使いましたが・・・。

内定先のうち、1社に就職しました。


転職の転機ー変な商社との出会い

前職の人材系メガベンチャーでは約2年、営業などをしっかりと身に付けました。

新卒450名の中で、新卒3名が新規事業の担当に任命され、がむしゃらに仕事に取り組みました。


                         (配属初月 初達成をした時 嬉しかったです)

                 (最初4名からスタートした新規事業 メンバーが増え、集合写真)


ただ僕には「シリアルアントレプレナーとして生きたい」という夢がある。

連続で事業を立ち上げるため、幅広い知見を得たいと思い、Wantedlyで人材系以外の業種を探しました。


変な商社は、人数の少なさや事業の小ささが良かった。小さい組織ならではの魅力も感じました。

また面談していく中でホ社長の想いに共感し、良いなと思ってジョインしました。


学生へのメッセージ


自分は、後悔しないように生きています。

ちょっとでも悩んだら全部やります。


腎臓病がなければ大学でも陸上をやっていたけれど、腎臓病になったからビジネスや留学などに挑戦した。結果としてプラスになった。


どこの会社に入っても、頑張ることには変わりないです。

なので、やりたいことがある人はそれに向かって頑張り、やりたいことがない人はそれを見つけられるように努力してください!!


多田さんの凄いところは、マイナスをもプラスに変えてしまう力、そして切り替えて前向きに進んでいく力だと思います。他にも現在のお仕事についてや、プライベートのお話などたくさん面白いお話を伺ったので、また後日記事にしてアップさせていただきます。多田さん、本当にありがとうございました!!

インタビュアー・ライター:菅野智子 kanno.tomoko@hennnatrading.com


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【プロフィール】 
多田幸司(ただこうじ)
変な商社株式会社ツーリズム事業の営業・企画を担当。仙台市出身、東北学院大学経済学部卒業。
前職では人材系メガベンチャーにて営業などを担当。2021年3月に変な商社に入社。
メールアドレス:tada.koji@hennnatrading.com

変な商社株式会社's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings