1
/
5

What we do

自社オフィスのデザイン、施工ももちろん自分たちで行います。こだわりを持った空間を見に来てください
経営陣はクロス職人、コインチェックの元CFO、元リクルートのITグローバル領域出身者等個性的な面々
(ユニオンテック株式会社は、2020年10月1日をもって「クラフトバンク株式会社」に社名変更しました) 月間約50万UU、100万PV、日本全国・全工種の建設企業約20,000社が登録する、 建設業界に特化した受発注プラットフォーム「CraftBank(クラフトバンク)」を運営しています。 2000年に内装工事業として創業してから約20年、 いち建設会社として建設業界と向き合い続ける中で実感してきた「人手不足」や業務の非効率さに表れる「IT化の遅れ」。 『適切な発注先が探せない』『新しい受注先に出会えない』 長年そのままにされてきた「情報の非対称性」によって建設工事の受発注には多くのミスマッチが生まれ、非常に高い労力や時間のコストがかかっています。 そんな建設工事の受発注を、クラフトバンクは効率的に、簡単にします。 <サービスの概要> ◆工事会社・案件を検索「CraftBank」 約20,000社のクラフトバンク会員の中から、工種・エリアなど希望の条件で工事会社を検索し、問い合わせできます ◆慢性的な協力会社不足を解消「CraftBank工事会社紹介」 日本最大級の施工力データベースを駆使し、希望の条件に合った工事会社を最短1日でご紹介します ◆完工保証で工事を請け負い「CraftBank工事請負」 一括・部分問わず、クラフトバンクが完工保証付き(工事外社には入金保証)で工事を請負います

Why we do

夜間工事の原則禁止、デニム生地を使用した作業着等様々なアプローチを実施しています
建設工事受発注プラットフォーム「クラフトバンク」は20,000社以上のコーポレートユーザーを抱え、月間40万UUを数えます
建設業界は、自動車業界に次ぐ巨大な市場を持つにも関わらず今もなお、IT化が進んでいない業界です。これまでいくつもの企業がその壁に挑んできましたが、未だ誰も成し遂げられていません。 それはなぜか? 純粋なIT化だけでは変革し得ない、非常に複雑な業界構造を持つからです。 クラフトバンクは、2000年にひとりのクロス職人が内装仕上げ業として立ち上げたところからスタートしました。 これまで建設企業として20年以上培ってきた経験と実績、そして日本最大級の工事会社情報が蓄積されたサービスという「リアルとテックの融合」を最大限に生かし、業界課題の解決を前進させていきます。 “世界一、魅力的な業界をつくる” 私たちが目標としている事は単なる業界のIT化ではなく、建設業界で働く人たちが働きやすい環境に、誇りを持てる業界にすることです。

How we do

建設業界出身メンバーもネットビジネスのメンバーも、お互いが協業してプロダクト開発や運用、営業活動を行います。ユーザーと同じ機能が社内にある為、ユーザーインタビューやサービスのトライアルを常に行っています
大手企業や官公庁との協業実績もあります。わたしたちが建設業界、社会全体に貢献できることを模索し、チャレンジし続けます
職人出身の大川が形にした、建設業の未来を変えるためのプラットフォーム事業。 この事業のスピードを加速させるため、リクルートホールディングスのエグゼクティブマネジャーであった現社長・韓がジョインし、建設業界の変革を推し進めていきます。 建設会社として20年間培ってきた「業界経験」と、 その経験を「サービス」という形で世の中に生み出す力を持ったネットビジネスチーム。 その融合を最大限に生かし、建設業界の当事者だからこそできる『業界の実態に寄り添った新しいサービスの提供』と同時に、自らも時代に即した建設会社へと進化していきます。 多種多様な人材が在籍するダイバーシティな環境ですが、ビジョンに共感し、自らができることを思考して行動するメンバーが集っているからこそ、年齢や役職関係なく発言しやすいカルチャーができています。 変化に富んだ環境を楽しみ、自身の更なる成長を求める。 そんな方と共に、この大海原で航海できることを楽しみにしています。