1
/
5

CraftBankがリリースから半年で、2018年グッドデザイン賞を受賞!応募から受賞までを赤裸々にお話しします

こんにちは!広報を担当している水間です!
CraftBankでは2018年度グッドデザイン賞を受賞しました。
そこでどんな想いで応募したか、受賞までの経緯、などを赤裸々にお話ししたいと思います^^

入社直後に言い渡された最初のミッション

入社初日・・・

ーー韓
CraftBankでグッドデザイン賞応募しようと思ってるんだ!
応募準備お願いしていい??

ーー水間
なるほど!
業界の勉強もしないといけないし、サービス理解にもつながりそうなのでぜひ!!
ちなみに応募締め切りはいつですか??

ーー韓
5/23だよ!

ーー水間
えええw
あと約1週間じゃないですか?w
(私の入社日は5/14)

ーー韓
できるでしょ!!やってみて!

ーー水間
(入社直後だしな、やったことないからどれくらい大変だかわからないけど)
な、なるほど。やってみます!

今回応募したCraftBankとは?

工事依頼主が、職人に工事を依頼できるアプリです。
職人の働き方を変え、工事依頼のあり方を変える新しいアプリです。


そもそもグッドデザイン賞とは?


グッドデザイン賞は、デザインによって私たちの暮らしや社会をよりよくしていくための活動です。1957年の開始以来、シンボルマークの「Gマーク」とともに広く親しまれてきました。グッドデザイン賞は、製品、建築、ソフトウェア、システム、サービスなど、私たちを取りまくさまざまなものごとに贈られます。かたちのある無しにかかわらず、人が何らかの理想や目的を果たすために築いたものごとをデザインととらえ、その質を評価・顕彰しています。

出典:グッドデザイン賞HPより

つまり世の中に親しまれるすべてのものに対して与えられる賞です。
うむ、広い。。
まずは応募ガイドを読んでみる。
長い。。w
でも読んでいる中で、一つのポイントを見つけました。

グッドデザイン賞の最初の鍵はカテゴリー

グッドデザイン賞には、応募カテゴリーが大きく分けて16あります。
この下に小カテゴリーがあり、合計100以上のカテゴリーからサービスにあったカテゴリーを選び応募します。ここでどこのカテゴリーを選ぶかが最初のポイントになります。

(参考)カテゴリー一覧
http://download.g-mark.org/data/2018/category_gda2018.pdf

CraftBankはまだ、β版ということもあり、
アプリのデザイン自体は今後変わる可能性が高いため、アプリのデザインではなく、サービス構想自体を評価する「BtoBソフトウェア・システム・サービス・取り組み」の中の、「産業向け意識改善・マネジメント」というカテゴリで応募することに。

業界理解から始めた応募準備

私はIT系ベンチャー企業からの転職で建設業界は未知の業界。
まずは、業界データをとにかく漁りました。

・職人数の推移
・給与水準の推移
などを調べて業界理解と、使えるデータをとにかく探しました。

そして、大川や、韓などにアドバイスをもらいながら
なんとか応募に必要な文面が出来上がったのは、応募締切日当日の午前中。

最後の難関、応募対象の概要の英語訳

なんとか、なんとか文面を準備したものの
最後の難関が、、

それは、概要文を英語訳。。

大学時代、英語部ではあったものの、そんなこととても言えないくらいの英語力しか残っていない
私は拙い英語でひとまず英訳してみる。
もちろん、全然自信はなく。。

ーー水間
あのー
一応英訳したんですが、全然自信ないです泣

ーー韓
大林に添削してもらいなよ!
海外に住んでたから、ほぼネイティブだよ!

ーー水間
大林さん??
わかりました。みてもらいます!

(入社1週間の私はまだ挨拶しかしてない大林さんの元に)

ーー水間
あのー入社早々すごく申し訳ないのですが、
グッドデザイン賞の応募が今日締切で><
英語添削してもらえないでしょうか??

ーー大林
もちろん!いいですよ!!


神!!!!!

ということで、英語訳も準備することができ
なんとか応募することができました。
ちなみに作ってもらった英語訳はこちら!
(感謝しすぎてご紹介します!)

The construction industry in japan has 55 trillion yen GDP scale, but the working style of people in this industry has been a huge problem. The labor productivity of the industry, which is about 1/2 of the average of all industries, is notably low. The major factor of the problem is unsmooth business transaction.To solve the problem, we provide a sharing service which allows clients and skillful craftsmen to order and receive requests directly.In most cases people deal only with their acquaintances in construction industry due to slow technology adoption. We believe we can contribute to the economy of Japan by improving craftsmen’s productivity by providing a place where they can easily share their skills to clients.


今考えてもほんとギリギリでした。。汗
助けてもらわなきゃできなかった!

大林さん、本当にありがとうございました!!
そんな素敵な大林さんのインタビューはこちら

そして待つこと2ヶ月弱

1次審査通過!!
2次審査の対面審査を受けられることに!

2次審査は幕張メッセでの対面審査

パネルを2日間展示し、
その上で、3分間の対面審査を行います。
対面審査はサービス考案者で、会長の大川に対応してもらうことに。

私の役目展示用パネルとプレゼン準備!
そこでまたしても問題が。。

あれ?パネルってどうやって作ればいいんだろう?

パネルとか作ったことない!でもまずは自分でなんとかしないと。
私のほとんどないデザインセンスで、構成を作っていたところ。

ーー大川
今回の審査ってほぼ、パネルがみられるんでしょ?
パネルのデザインは山野にやってもらいなよ!
構成は一緒に作ろう。

ーー水間
山野さん!
いいんですか泣

ーー山野
大丈夫!手伝うよ!

こ、ここにも神が!!!

大川とギリギリまで構成を修正しながら
何度も山野さんにデザインを修正してもらい
何とか展示用パネルが完成。

そして完成したパネルがこちら!

建設職人330万人の働き方をリデザインする。想いが詰まったパネルに

建設職人330万人の働き方をリデザインする。
大川の業界に対する強い思いが詰まった、パネルになりました。
このパネル構成を作る中で、 大川に職人の生々しい現状を聞くことができ、
何度、目から鱗がでたことか。

これも本当に良い経験になりました。

無事受賞!審査員賞「私が選んだ一品」にも選出

そして待つこと約2ヶ月

10/3ついに発表日。

無事受賞することができました。
密かに狙っていた、ベスト100には入れなかったものの
審査員の方々が一人一品、選出する「私が選んだ一品」に選ばれ、
1ヶ月間丸の内に展示させていただけることに。

「私が選んだ一品」展の様子

「職人とユーザーを直接結びつけるという一見シンプルなサービス。採算度外視してでも建設業界が抱える仕組みを変えたいという現場の強い思いがある。形骸化した体制への挑戦が、仕事への誇りを育み、日本を強くする。」選出コメント引用

サービスを理解していただいているコメントが本当に嬉しかったです。

授賞式・受賞展の様子

こうしてようやく、入社直後にもらったミッションが終わりました。
取れなかったらどうしようと内心ドキドキしていたので、一安心!!

いろんなメンバーの協力があって実現したグッドデザイン賞の受賞。
このプロジェクトの中で、サービス理解を深めるだけではなく
ユニオンテックらしいってこういうことなのかなということを
肌で感じることができ、このプロジェクトに関わってよかったと思っています。

そんなチームワークと想いの強いユニオンテックでは
まだまだ一緒にサービスを作ってくれる仲間を募集しています!!

応募はこちらから



Sales / Business Development
業界に深く入り込み、職人さんから愛される 企画型営業をWANTED!
(ユニオンテック株式会社は、2020年10月1日をもって「クラフトバンク株式会社」に社名変更しました) 月間約50万UU、100万PV、日本全国・全工種の建設企業約20,000社が登録する、 建設業界に特化した受発注プラットフォーム「CraftBank(クラフトバンク)」を運営しています。 2000年に内装工事業として創業してから約20年、 いち建設会社として建設業界と向き合い続ける中で実感してきた「人手不足」や業務の非効率さに表れる「IT化の遅れ」。 『適切な発注先が探せない』『新しい受注先に出会えない』 長年そのままにされてきた「情報の非対称性」によって建設工事の受発注には多くのミスマッチが生まれ、非常に高い労力や時間のコストがかかっています。 そんな建設工事の受発注を、クラフトバンクは効率的に、簡単にします。 <サービスの概要> ◆工事会社・案件を検索「CraftBank」 約20,000社のクラフトバンク会員の中から、工種・エリアなど希望の条件で工事会社を検索し、問い合わせできます ◆慢性的な協力会社不足を解消「CraftBank工事会社紹介」 日本最大級の施工力データベースを駆使し、希望の条件に合った工事会社を最短1日でご紹介します ◆完工保証で工事を請け負い「CraftBank工事請負」 一括・部分問わず、クラフトバンクが完工保証付き(工事外社には入金保証)で工事を請負います
クラフトバンク株式会社
クラフトバンク株式会社's job postings
6 Likes
6 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more