体力もなく飽き性の私がcrispyを選んだ理由

法政大学法学部3年 山登有輝子です。やまのぼりではありません、やまとです。
大学では国際政治について学んでいます。
好きなことは、絵を描くこと!趣味で絵本描いたりもします。

現在の業務

現在は主に、HEIM(ハイム)に掲載するWeb記事の構成作成、執筆、編集を担当しています。

HEIM(ハイム)でのライティングは、論理的かつ誰にでもわかりやすい文章で書くことを常に意識するため、業務以外の大学のレポートや、テキストでのやり取りなどで文章を書く際に、考え方がとても役に立っています。

crispyを選んだ理由

私は、大学2年の11月からcrispyでインターンをしていますが、それまでは飲食店での接客のバイトや派遣のバイトを転々としていました。立ち作業、単純作業ばかりで、体力もなく飽き性の自分には合いませんでした。

そこで、自分のモチベーションが上がるような仕事がしたくて、Wantedlyでインターンを探し、crispyを見つけました。

私がcrispyに入社を決めた理由を紹介します。

少人数で自分の意見が言いやすい

インターンをするなら、教わるだけでなくて、自分から提案していきたいと思っていたので、少人数の会社を探していました。

いちインターン生の提案でも、しっかりと聞いてくれる環境があります。そこから新たな企画が生まれたり、サービスが改善されていくこともあるので、わくわくしますよ!

自分の大切な人たちとの時間

※サークルのメンバーとの写真です(crispyの人達ではありません)。

もともとマーケティングに興味があり、他にもインターンを募集している会社はたくさんありました。そん中、いくつもの会社の中からcrispyを選んだのは、募集要項の大切にしている価値観で、”恋人・家族・友人を大切にしたい”という記載があったからです。

インターンを始めると忙しくなって、自分の大切な人たちとの時間がなくなることを不安に思っていた私にとって、他にはない特徴に惹かれました。

ずっと座ってお仕事できる!

体力に自身がない自分にとって、ずっと座ったまま働けるのはとてもメリットでした。しかも、自分の好きな音楽を聴きながら、好きなお菓子を食べながらです!!!ただでさえ体調を崩しやすいので、自分に合った働き方ができて、とてもありがたいです。

入ってから変わったこと

私は土日は他のインターンもしていて、掛け持ちをしている状態ですが、crispyは平日だけの出社なのでスケジュールが立てやすく、普段の生活にメリハリがつきました。

また、業務を通して、自分で課題を見つけ、改善できないかと考える習慣が身につきました。働きながらマーケティングやライティングスキルが一から教わることができるのはもちろんのこと、本質的なものの”考え方・捉え方”も学ぶことができるのは本当に強いと思います。

みんなに伝えたいこと

パソコンが苦手な方へ

私は、できないことは仕事をしながら習得することだ一番早く、良い方法だと考えています。私も、パソコンが苦手でした。けれど、パソコンが苦手だからといって、インターンを諦めるのは勿体無いないです。私はcrispyで、丁寧に教えてもらったおかげで、随分できるようになりました。やれば必ずできるようになります。

インターンは敷居が高いと思っている方へ

バイトもインターンも業務が異なるだけで、仕事をするという意味では変わりません。けれど、インターンとして働くと、自分の頭でしっかりと考えて行動する機会がとても多くなります。

自分の力をインターンで試して、そして一緒に成長しましょう !

インターン大募集中です!ぜひ気軽にエントリーしてみください!

株式会社crispy's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more