1
/
5

たった一人の社内エンジニアから見た、CrunchStyleの世界

はじめましてエンジニアの朝倉です。

Crunch StyleやBloomee LIFEのことに少しでも興味を持っていただきたく、私から見た会社やサービスのことを記事にしました。

まずはじめに

私はCrunchStyleに入社して1年間、バックエンドやデータ分析、新規サービス「ハナイノリhttps://hanainori.com/の立ち上げなど行ってきました。

最近はBloomee LIFEだと、ユーザーさんにどのお花屋さんから届けるか出荷の割り当てを行なっているのですが、手動で決めている部分が多いので割り当ての自動化を進めています。また、ハナイノリはサービス公開に向けて要件をまとめたり出荷処理のバッチを開発しています。

これまでのキャリアと入社の背景

大学卒業後にSI系企業に入社しました。そこでは主にクライアント企業に常駐し、エンドユーザーとなるお客様へヒアリングを行い要件定義や開発を約4年間行っていました。
次に、ビジネス向けのWebサービスやASP、ソーシャルゲームなど幅広くやっている会社に転職しました。そちらでは主に女性向けのメディア部門に配属され、Webサイトやアプリ、インフラなど開発全体に携わり、また、複数の新サービス立ち上げにも携わらせて頂きました。

その後、花き業界のスタートアップを一社経て、CrunchStyleに入社しました。
CrunchStyleに入社を決めた理由はいくつかありますが、一番は"私が欲しいユーザー目線"があったからです。サービスを成長させるためにユーザー目線は欠かせない事だと考えています。
その中で、施策の予測や結果などユーザーさんの事を知るデータ分析について更に成長したいと思っています。CrunchStyleには、施策の影響を予測したり施策の結果をデータで検証する体制があります。
今後、仕組み化したり基盤を作り出していく事を考えると、私が求めている方向で新たに身に付く事も多くあると思いました。
これはユーザー目線がデータのみという事でもなく、社員全員がユーザーインタビューを行っていたり、通常お問い合わせ対応を行うチームはCSとしてある事も多いのですが、
CrunchStyleではUX(ユーザーエクスペリエンス)チームという名前でお問い合わせ対応以外にも、お花のお届けの箱を自作したりなどユーザーさんの声をよく聞くメンバーがユーザー体験を良くする施策を進めていたりと、施策に定性と定量を含めて行える良い環境だなと感じました。

CrunchStyleにはMVSと私たちが呼んでいるミッションや行動指針があり、
そのMVSの中には、ユーザー目線も含まれている事を面接で説明されました。
また、実際に入社してから良かったと思うポイントとしては、社風や文化作りを、ボードメンバーが日頃から動いて生み出せるよう努力して、周りも楽しめていることかなと思います。

この楽しむことを忘れない環境を見て、CSO(最高戦略責任者)が最近ジョインしてくれた事などもあり、私も入社して良かったと思いました。

▼CrunchStyleのミッションに関してはこちら

私が感じるサービスの魅力

そんな社風や文化作りを重要視しているCrunchStyleですが、入社して1年の私が思う、サービスの魅力をお伝えしたいと思います。

具体的なサービスの魅力は三つ。
1、リアルプロダクトがあることの楽しさや難しさ
2、全国約100店舗のお花屋さんと提携
3、花き業界や、ユーザーさんの生活を変えることができる

「1、リアルプロダクトがあることの楽しさや難しさ」
Webエンジニアとして働いていると、一般の目に触れなかったりWeb上で完結したりするものを作ることが多かったです。自社のリアルプロダクトですと実際に体験できる物がそこにあるので、作成したものとの繋がりがより身近に感じて良いなと思いました。

昨年は他社のブランドとのコラボで自社の製品がデパートに並びました。
業務では、特にお花が生ものという事もあり、無事に届けるために出荷や梱包など配送に改善を重ねたり、飾り方や水きりなどお花の事を知って楽しんで頂くために多く時間を使っています。

「2、全国約100店舗のお花屋さんと提携」
現在、北海道から沖縄まで全国約100店舗のお花屋さんと提携しています。
提携によりお花の選び方や扱い方など専門家と協力でき、私たちは得意なWebを含めたサービス開発を中心に力を発揮できる体制があります。

「3、花き業界や、ユーザーさんの生活を変えることができる」
花き業界の市場は縮小傾向にあります。
それに対し、Bloomee LIFEはユーザーさんの8割以上が過去にお花を買ったことがなく、新しい層にお花のある生活を提供できています。また、全国のお花屋さんがそれぞれの地域でお花を仕入れる事で地域への貢献にもなっています。

今後も花き業界とWeb業界のスタートアップとして両方の良さを活かしつつお花と関わる新しい環境の提案をする事で、市場を拡大していけると考えています。

最後に

CrunchStyleは、2020年1月時点で従業員数約25名です。
少人数のため、個人の能力へフォーカスが当たる機会が多くあり能力を求められますが、サービスや会社に与えた影響をダイレクトに感じる事ができるフェーズにあります。また、会社やサービスを大きくしていく過程(第二創業期)にもあたり、私もその成長過程の一端を担っている自覚を持ち、日々邁進しています。

社員のエンジニアは現在私一人のため、開発以外にもチーム作りなど将来を考えながら、成功と失敗を繰り返し成長できる方と一緒に働きたいです!

Rubyエンジニア
お花×IT!話題のサブスクサービスを牽引するエンジニアマネージャー募集!
◇毎日にちょっとした感動を 私たちは日常生活にちょっとした感動を与えるような、ライフスタイルに絡んだプロダクトを展開していくことを目指しています。 現在、日本最大級の花のサブスクリプションサービス「Bloomee LIFE(ブルーミーライフ)」を運営しています。全国のお花屋さんから定期的に季節の花がポストに届くという斬新かつ新しいサービスは大きな話題となり、複数のテレビ番組や日経などの全国紙、数々のメディアでも取り上げられるようになりました。現在ユーザーさんは5万人を超えており、花屋さんとの提携は200店舗以上です。 そして今後の構想として『花3.0』という構想を掲げています。 具体的には、マーケテイング4Pの中のうち、主に3つのプロダクト・プレイス・プロモーションを再定義することによって、新たな体験を創り、市場を創造しようと進めています。「Bloomee LIFE」の現在のユーザーの8割が、これまでに花を買っていなかった人たちです。それは、私たちが「新たな市場を作っている」という自負にもつながっています。 『花3.0』構想を成し遂げるために、2020年3月には法人向けのお花の定期便サービスとして「Bloomee LIFE Business(ブルーミーライフビジネス)」が立ち上がり、また、花を取り扱う実店舗も都内にオープンさせました。これまでも進めてきましたが、グローバルブランドとのコラボレーションを通じたキャンペーン企画の立ち上げなど、チャレンジは加速しています。『花の定期便といえばBloomee LIFE』という第一想起を僕らがとり、そして圧倒的なスピードで事業を成長させることで、他が追いつけない状態をつくりだしています。 今まで、新たな市場を自分たちの手で創り上げてきました。そして、今では『花』という市場全体を視野に入れ、企画を開始しています。さらには、2023年のIPOも視野に入れています。『花3.0』という我々が目指す変革の下地はできたため、ここからは「花」の業界ナンバーワンを確立していくための第2章が始まります!
株式会社Crunch Style
toB向け新規事業開発
スタートアップでtoB向け新規事業の立上げにチャレンジしたい方WANTED
◇毎日にちょっとした感動を 私たちは日常生活にちょっとした感動を与えるような、ライフスタイルに絡んだプロダクトを展開していくことを目指しています。 現在、日本最大級の花のサブスクリプションサービス「Bloomee LIFE(ブルーミーライフ)」を運営しています。全国のお花屋さんから定期的に季節の花がポストに届くという斬新かつ新しいサービスは大きな話題となり、複数のテレビ番組や日経などの全国紙、数々のメディアでも取り上げられるようになりました。現在ユーザーさんは5万人を超えており、花屋さんとの提携は200店舗以上です。 そして今後の構想として『花3.0』という構想を掲げています。 具体的には、マーケテイング4Pの中のうち、主に3つのプロダクト・プレイス・プロモーションを再定義することによって、新たな体験を創り、市場を創造しようと進めています。「Bloomee LIFE」の現在のユーザーの8割が、これまでに花を買っていなかった人たちです。それは、私たちが「新たな市場を作っている」という自負にもつながっています。 『花3.0』構想を成し遂げるために、2020年3月には法人向けのお花の定期便サービスとして「Bloomee LIFE Business(ブルーミーライフビジネス)」が立ち上がり、また、花を取り扱う実店舗も都内にオープンさせました。これまでも進めてきましたが、グローバルブランドとのコラボレーションを通じたキャンペーン企画の立ち上げなど、チャレンジは加速しています。『花の定期便といえばBloomee LIFE』という第一想起を僕らがとり、そして圧倒的なスピードで事業を成長させることで、他が追いつけない状態をつくりだしています。 今まで、新たな市場を自分たちの手で創り上げてきました。そして、今では『花』という市場全体を視野に入れ、企画を開始しています。さらには、2023年のIPOも視野に入れています。『花3.0』という我々が目指す変革の下地はできたため、ここからは「花」の業界ナンバーワンを確立していくための第2章が始まります!
株式会社Crunch Style
カスタマーサクセス
日本中で話題のサブスクサービスでカスタマーサクセスを極めたい方WANTED
◇毎日にちょっとした感動を 私たちは日常生活にちょっとした感動を与えるような、ライフスタイルに絡んだプロダクトを展開していくことを目指しています。 現在、日本最大級の花のサブスクリプションサービス「Bloomee LIFE(ブルーミーライフ)」を運営しています。全国のお花屋さんから定期的に季節の花がポストに届くという斬新かつ新しいサービスは大きな話題となり、複数のテレビ番組や日経などの全国紙、数々のメディアでも取り上げられるようになりました。現在ユーザーさんは5万人を超えており、花屋さんとの提携は200店舗以上です。 そして今後の構想として『花3.0』という構想を掲げています。 具体的には、マーケテイング4Pの中のうち、主に3つのプロダクト・プレイス・プロモーションを再定義することによって、新たな体験を創り、市場を創造しようと進めています。「Bloomee LIFE」の現在のユーザーの8割が、これまでに花を買っていなかった人たちです。それは、私たちが「新たな市場を作っている」という自負にもつながっています。 『花3.0』構想を成し遂げるために、2020年3月には法人向けのお花の定期便サービスとして「Bloomee LIFE Business(ブルーミーライフビジネス)」が立ち上がり、また、花を取り扱う実店舗も都内にオープンさせました。これまでも進めてきましたが、グローバルブランドとのコラボレーションを通じたキャンペーン企画の立ち上げなど、チャレンジは加速しています。『花の定期便といえばBloomee LIFE』という第一想起を僕らがとり、そして圧倒的なスピードで事業を成長させることで、他が追いつけない状態をつくりだしています。 今まで、新たな市場を自分たちの手で創り上げてきました。そして、今では『花』という市場全体を視野に入れ、企画を開始しています。さらには、2023年のIPOも視野に入れています。『花3.0』という我々が目指す変革の下地はできたため、ここからは「花」の業界ナンバーワンを確立していくための第2章が始まります!
株式会社Crunch Style
株式会社Crunch Style's job postings
19 Likes
19 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more