1
/
5

What we do

新社名のシーユーシー(CUC)は”Change Until Change”の頭文字から生まれました。
『変える』が私たちの大切な軸です。医療課題の解決に挑戦したいと思う方を求めています。(代表取締役社長 濵口慶太)
株式会社シーユーシー(以下:CUC)は、超高齢社会である日本において、医療を“持続可能”な社会システムとして再構築することを目指し2014年に創業したヘルスケアベンチャー企業です。 超高齢社会の到来により、危機的状況に直面する日本の医療を変えるために会社を立ち上げたのが7年前。「医療という希望を創る。」をミッションに掲げ、志を同じくするビジネスパーソンや医師をはじめとする医療職出身者の仲間が集まり、CUC従業員 349名、CUCグループ従業員1,900名を超える組織に成長しています。(2021年4月現在) 病院・クリニックに対する経営支援を基盤にしながら、訪問看護ステーションや在宅ホスピスの経営、アジア各国での医療支援など、多領域を横断した事業展開を行なっています。CUC社員が関わる領域は幅広く、M&A支援や経営戦略にはじまり、ファイナンス、マーケティング、BPR、IT企画、採用、教育、運営管理など、医療行為以外のすべての経営機能が仕事です。 2020年度からは、新型コロナウイルス感染症対策関連の事業も多数創出。医療機関だけでなく企業や団体、プロスポーツリーグ等に対しても医療経営で培った経験ノウハウを生かしたサービスをご提供しています。 新しい時代においても、患者さんが自分らしく暮らし続けられる、医師や看護師が働き方を大事にしながら仕事を続けられる「持続可能な」社会を創るため、自らが変化を繰り返しながら、価値を生み出し続けます。 ◆事業概要 ・医療機関(病院・クリニック等)経営支援   経営戦略~組織作りまで病院再生を包括的に支援 ・医療機関の人事組織コンサルティング   人事労務制度コンサルティング   医師/看護師等専門職スタッフの採用代行(RPO) ・海外医療支援   ベトナム/インドネシアの病院経営支援 ・新型コロナウイルス感染症対策事業 ・グループ会社事業   訪問看護ステーション運営   在宅ホスピス運営

Why we do

日本は世界でもっとも早く「超高齢社会」に到達した国です。 今や、社会に生きる誰しもが、 医療費負担や、介護離職・孤独死・老老介護などの多くの課題に晒されています。医療現場に視点をうつしても医師をはじめとする医療従事者の過重労働、経営難、ICT化の遅れなど、様々な課題の渦中にあります。 本来、人々に希望を与えるはずの医療が現実には様々な負を抱え、希望を見失いかけているのです。 私たちは、医療こそ希望でなくてはならないと考えます。社会で生きる一人ひとりの人生が幸せであるために「持続可能な医療」を、未来に継続できるよう支えること。私たちは、世界中の当たり前の日常を支えるため、「医療という希望を創る。」のミッションに向き合います。

How we do

今や、世界中の誰もが無視することができない「医療」。 誰も答えを持っていないこの巨大な課題に向き合い、希望ある、持続可能な未来を創り上げていくためには、既存の延長線状にないアイデアをスピーディに実現していく力が求められます。 ITもアナログも。日本もグローバルも。官も民も。ベンチャーも大手も。医療者もビジネスパーソンも。年齢も役職も、関係ありません。全ては、医療という希望を創るため。 CUCは、全てをフラットに考え、医療を求める全ての社会のために、最速で変化を起こしていきます。 ▶︎具体的なアクションの事例の一部 ・日本最大規模の在宅医療クリニックの運営支援、および診療ネットワークの構築 ・日本最大規模の訪問看護ステーションの経営 ・病院/クリニック/介護施設の感染症対策コンサルティング ・働きがいある医療現場の組織開発 ・自治体・行政機関と連携構築した、コロナ自宅療養体制のスキーム作り ・プロスポーツリーグのPCR検査センター構築と運営支援