1
/
5

会社紹介②月曜日の朝が一番楽しい?カルチャリアがHappiness@Workを始めたきっかけ

おはようございます!
1週間の始まり「月曜日」の皆さんの気分はどうですか?

A.さぁ!今日から月曜日、今週も楽しく仕事をしよう!
B.また月曜日来てしまった…早くも金曜日、いやせめて水曜日になってほしい


今の気分はどちらですか?
どちらでもなく、とりあえずデスクに向かって淡々と仕事をこなします、という方も多いでしょうか。
とりあえずデスクに向かって淡々と仕事をこなします、という方も多いかもしれません。

▶弊社代表がビジネス幸福学に出会うまで
代表の奥山は浅草出身、1社目は日本企業でしたが
20代で、4回転職。
いずれも素晴らしい会社ではあったものの、上層部が男性ばかりで、
自分を高めたり活躍したりするには相当に苦労するだろうと思い、転職を繰り返しました。

その後、企業研修専門会社の駐在員として1993年にニューヨークに渡り、
同じ年に、在米日系企業を支援する人事コンサルティング会社をニューヨークで設立しました。
ニューヨークでの話は前回のストーリーでご紹介しています。

▶人生観を大きく変えた出来事
アメリカで多くのお客さんに恵まれて事業も成長し、メンバーも増えていた時、
皆さんも記憶にあるかと思いますが、アメリカ同時多発テロが起きました。
奥山も頻繁に世界貿易センタービルに出入りしていた為、当日目の前で起きている衝撃的な出来事に
一瞬にして人生が終わる可能性が誰にもある、ということを痛感させられてのです。

そして「1分1秒も無駄にしてはいけない。そして自分のやりたいことをやろう」と強く痛感したのです。

日頃セミナーや打ち合わせをしていると「奥山さんっていつも元気で明るいですよね」と言われるのですが、
この経験を通して得た「後悔しないように自分の人生を楽しむ」姿勢を体現している所以かもしれません。

▶日本に帰ってきて受けた衝撃
2006年に奥山は日本に帰国しましたが、その時に受けた衝撃は、
戦争もなく、便利な生活やきれいな水、健康保険の充実など恵まれている国で「働く人が何故これほどにも疲弊しているのか?」という疑問でした。

毎年の世界幸福度ランキングでも先進国の中で最低ランキングを更新してしまっている日本。
海外に旅行や留学に行かれた方は誰もが感じたことがあると思いますが
「日本ほど便利で住みやすい国はない」というあの感覚。
なのになぜ幸福度が低い?

この状況を解決したい!働く一人ひとりが働きがいを持って働いてほしい!

この思いから、企業全般を対象したハピネス経営に取り組むべく、2017年に立ち上げたのが、現在の「カルチャリア」です。

主にはハピネスサーベイ(社員幸福度調査)や企業研修、人事コンサルティングを通して企業様の「職場改善」をサポートしています。

株式会社カルチャリア's job postings
6 Likes
6 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more