組織風土が変われば、自分らしいキャリアの方向性も見えてくる。

じわじわと心に広がる閉塞感と焦り

これは、某SIerで新卒3年目のSEとして働いている木村さんのお話し。

-----

受託開発のプロジェクトにアサインされた。

与えられたプロジェクトの作業は着実にこなし、突発的に発生したトラブルも何とか収めながら、無事サービスインまで辿り着けた。それにしても、残業が多かった。

一緒に進めてきた顧客側の窓口担当者から感謝の言葉をいただけたのが、何よりの救い。
そして、ひと息ついたのも束の間、次のプロジェクトにアサインされる。

そう言えば、〇〇先輩はもっと忙しそう。
マネージャーに「仕事が集まるのは皆から頼られている証、頑張れよ!」とは言われてたけど、キャリアアップしてもただ仕事量が増えていくだけに見える。

確かに、仕事ができるSEに仕事を集中させると、アウトプットのスピードが速く、精度も高い。
結果的に開発プロジェクトに掛かるコストも安く済み、納期に間に合い、成果物の品質も保たれる。
まぁ、会社として数値(売上や利益)を追い求めるのであれば、これ以上ない勝ちパターンなんだろうけど。。

サイボウズに転職後、3年働いてみて

仕事の進め方で、以前と比べて変わった点ってあります?

以前は、プロジェクト全体を細かく分割された各タスクが、各SEに任されていました。責任分担が明らかなので個人での作業に集中し易い一方、自分が担当している範囲は、是が非でも自分の力だけで何とかしなければいけない感じでした。

サイボウズでは、自分の担当タスクも勿論ありますが、それを必ず死守というほどは個人に依存していない印象です。「いまA市さんの要件表確認の依頼がきてるんですけど、別件のデモ環境の構築が結構ボリュームあるので、他の人頼めますか?」「じゃあ、他のメンバーで手分けしてやろうか?」みたいな状況も先日ありました。

関西のチームだけではなく東京のチームも支援してくれますし、全体的に後ろで誰かが支えてくれる安心感があります。お互いに得意なところで支え合っていく感じです。


仕事の見通し等はどう変わりましたか?

自社製品があり、製品によって実現したい世界観も社内外に共有されているので、今後どう自分が関わっていこうかという想像がし易いです。また、実際にエンドユーザーの方々が業務上どこにお困りで、それをどうやれば製品で解決できるのか、一緒に考えられる機会があるのも有難いですね。

風土が変わったことで自分の視界も変わった

あとは、組織風土の違いが大きいです。

目標のため、個人個人が本当は望まない自己犠牲を強いられてて、それをお互い「仕方ない」と黙認せざるを得ない組織もありますが、サイボウズは、社員個人個人と向き合い、お互いを活かし合おうという風土があります。

一方で、望まない自己犠牲は仕方ないと割り切られている組織では「そんなことは時間が掛かるし、コストもかかってしまう。」「プロジェクトに直接関係ないことに人的リソースを使うのはちょっと。」という考えが脳裏をよぎるので、制度やルールにメンバーを当てはめていく運用になりがちです。

数値を追い求めることは確かに重要なんですが、それだけを追ってると「俺なんでこの仕事やってるんだろう?」ってなりますもんね。

サイボウズの場合、面白いのが、こういった多様な個性を重視する風土の影響もあって、同じシステムコンサルタントの職種で働いていても、やっている仕事やプラスアルファで持ち合わせているスキルが人によって様々なんですね

私の場合、正直なところ、以前は今後のキャリアを考える暇もありませんでしたが、こういう環境のなか、最近は自分らしいキャリアの方向性も見えてきたように感じています。色々な仕事を任されるうちに自分の向き不向きが分かってきて、「自分はセールスエンジニア寄りのキャリアが向いているんだな」という風に思えるようになってきました。

サイボウズ株式会社's job postings
9 Likes
9 Likes

Weekly ranking

Show other rankings