1
/
5

What we do

Netflixオリジナルシリーズ「リラックマとカオルさん」ローンチプロモーションを担当。「がんばるを、忘れる10分間。」をコミュニケーションコンセプトに、「山手線ジャック」などのプロモーションを展開しました。
高校生活をより楽しんでほしいという想いで企画された「放課後カルピス」。 コミュニケーションプロデュース+プロジェクトサイト制作運用+プロジェクトツイッター運用を担当。
D2C dotは、クライアントのあらゆる課題を様々な手法により解決していく総合デジタルソリューションカンパニーです。クライアントが抱える、様々な「伝えたいコト」を「伝わるカタチ」に変えていくために幅広い事業を手掛けています。 --------------------------------------------------------------------------------------------------------------     ▼プロモーション領域 デジタルマーケティングを軸として、企画・提案から制作・開発・運用・効果検証まで行います。 Webに限らずSNSや紙媒体、OOHなど、クライアントの課題に合わせて様々な手法で解決施策をプロデュースします。    ▼Webメディア/SNS運用領域 企業が運営しているメディアやSNSに、ユーザーにとって魅力あるコンテンツを提供しています。 NTTドコモのdmenu内で展開されるメディアの運用や、大手食品会社の公式SNSアカウントの運用を担当しています。    ▼Webサービスの企画・制作・運用領域 クライアントとともにwebサービスの企画・制作・運用を行っています。 Webやアプリの開発・制作・保守・テクニカルサポート全般をプロデュースします。 --------------------------------------------------------------------------------------------------------------   現在は主に、上記の領域を軸として事業展開しておりますが、今後もこれらにこだわっていくつもりはありません。「伝えたいコトを伝わるカタチに」というビジョンから外れなければ、状況により今の事業領域の限りではありません。デジタル分野は変化が激しいので、広い視野をもって柔軟に対応してまいります。

Why we do

【プロデューサー】最近新たなプロデューサー・チーム「組(くむ)」を立ち上げました。
【プロデューサー・ディレクター】D2C dotは、女性の割合が50%を超えており、活躍人材多数在籍しています!
企業は常に「モノ」や「サービス」自体の晴らしさや良さがなかなか伝わらない、どうしたらもっと幅広い人々に知って、買って、使ってもらえるのかわからない、などといったさまざまな課題を抱えています。特に、昨今の情報過多の世の中では、ただ闇雲に発信するだけでは効果が出にくくなっています。その課題に対して何をやるのか、どうやるかに加え、いつ誰にどう伝えるかという難しさを解決することが求められるからです。 デジタルテクノロジーを軸として「伝わるカタチ」にすること、様々なクリエイティブで企業と生活者を繋いでいくことが私たちの仕事です。

How we do

現在は在宅勤務推奨中のため、出社しているメンバーの方が少ないですが、週1程度出社して顔を合わせる時間も大切にしています。
オフィス内に自席はありますが、フリースペースやラウンジなどお好きなところで仕事をしていただけます。今は在宅勤務のためお休みですが、D2 COFFEEというカフェも併設しています。
▼働き方は自由 完全裁量労働制を取っているため、勤務時間が自由です。クライアントやチームメンバーやとのコミュニケーションが取れていれば、働く時間は自分で決められます。また、在宅勤務がメインとなりほとんどの社員が出社することなく業務をしています。コンプライアンスを守っていれば、働く場所も自分で決められます。 仕事の進め方も基本的に個人の裁量に任せていますので、マニュアル通りに仕事を行っていただく必要はありません。起業するような要領で組織を創る、事業を創るという気持ちで臨んでいただきたいと思っています。 裁量権があり、自由度の高い環境である分責任が伴いますが、とてもやりがいのある環境であるといえます。 ▼挑戦し続けられます 様々な案件が舞い込んでくるため、多種多様な業務に挑戦できる環境があります。 やりたいことはやってみよう!というスタンスですので、経験のない業務にも挑戦できますし、職種に関わらず日々の情報収集の中で得たアイデアを企画や提案に織り交ぜたり、新しい技術や気になるツールなどはどんどん試したりすることができます。 ▼NTTドコモ・電通の関連会社だからできること D2C dotの親会社であるD2Cは、NTTドコモと電通の合資で誕生した会社です(D2C、D2C dot共にNTTドコモグループです)。そのため、ドコモや電通関連の案件に携わる機会が多く、大手だからこその大規模プロジェクトのPMや大規模案件を担当できる機会があります。