1
/
5

【インターン生インタビューVol.5】リモートワークは自由な部分が多い分けじめが必要-毎朝のミーティングで気合投入!

こんにちは、Dcard Taiwan Ltd. のRieです。

インターン生インタビュー記事も早第5弾!!

本日は日本からリモートで勤務中のお洒落ガール、Imariのインタビュー記事をご紹介します!

-自己紹介

Dcardでマーケティングインターンとして働いているImariです。青山学院大学に在籍し、専攻は英語ですが、台湾で1年半ほど中国語を学んでいました。11月末に台湾から帰国して東京でリモートワーク勤務をしています!!好きなことは美味しいものを食べることです😋

-Dcardをインターン先に選んだ理由

私がDcardをインターン先に選んだ理由は、2つあります。
1つ目に、台湾でとても有名な企業で、自分の経験や強みを活かし、マーケティング領域で働けるのはここしかない!と思ったためです。台湾人の友人がDcardを使っているのを目にしたことはたくさんあり、ここまで台湾国内で有名なサービスを日本に輸入するという仕事内容にも純粋にワクワクしました!
2つ目に、せっかく学んだ中国語や英語を学んだだけで終わらせたくなかったためです。台湾の学校ではビジネス中国語まで学びましたが、授業だけではなく、語学を活かして仕事をしてこそ中国語ができるようになったと胸を張って言えると思いました。

-現在のお仕事内容

Dcardの日本での認知度の向上、サービスの良さを日本の皆さんに知ってもらうため、日本市場のリサーチをベースに、参入戦略の策定やイベントの企画を行っています。また、取引先との会議にも参加し、外部エージェンシーとも仕事を行っています。

-リモートワーク、実際どう?

リモートワークは自由な部分が多いので、けじめをつけないとだらだらしてしまって危ないなと思うことは多いです笑
でも基本的に平日朝はチームの皆さんとデイリーミーティングがあるので、そこで気合が入って頑張ることができています。リモートワークは時間によってメリハリをつけて、効率的に働くことが大事だと思います、私も実践していきたいです笑

-ジャパンチームの雰囲気は?

チームメンバーのバックグラウンドも多様で、オープンマインドな同僚ばかりなので、意見を言いづらい雰囲気はまったくありませんし、仕事は自分から取りにいく感覚があります。
また、外部エージェンシーと関わるとき、意思決定の際も、必ずインターン生が意見を出しますし、とても裁量権があるなあと感じています。
私が所属するマーケティングチームは(私が思うに)仲が良くて、明るい人ばかりなので、ミーティング中はリモートミーティングを感じさせないくらい笑ってしまうことも多いです笑 もちろん議論はきちんとしていますよ笑

-Dcardでのインターンを通して成し遂げたいことは?

オンライン授業の時代だからこそ、日本の大学生にDcardを使ってもらうことで、大学生活をより楽しいものにするお手伝いがしたいと思っています。Dcardが日本においても、大学生にとって無くてはならないものにしたいですね。
個人的には、さらにマーケティング領域に精通して、経験を重ねていきたいです。

-最後に一言

いま持っているスキルを生かすだけでなく、日々学ぶことの多い職場だと思います!!興味をもってくれた方と働くことができるのを楽しみにしています!

いかがでしたでしょうか?

私たちDcardは現在も引き続きインターン生を募集中です!

日本からのリモート勤務も可能ですので、グローバルな環境で活躍したい皆様のご応募お待ちしております!


Dcard's job postings

Weekly ranking

Show other rankings