What we do

創業時からDeNAのDNAは「新しいことに挑戦し続けること」です。ひとつの事業領域に固執せず、次々と時代を切り拓く新しいインターネットサービスを生み出すことで、DeNAは常に進化を遂げてきました。 1999年、PC向けのインターネットオークションサイト「ビッダーズ」を運営するベンチャー企業としてわずか3人で創業。 その3年後には「ビッダーズ」にショッピングモール機能が追加されました。2004年には市場のニーズをいち早く捉え、モバイル端末に特化したオークションサイト「モバオク」を提供開始。 2005年の株式上場後も数多くの新事業を立ち上げ、2006年に開始した「モバゲータウン(現:Mobage)」は瞬く間にモバイル事業の原動力となり、日本最大級の閲覧数を誇るモバイルサイトになりました。そして2009年、『怪盗ロワイヤル』をはじめとしたモバイルゲームがさらなる成長のエンジンとなり、会社は2,000人規模までに拡大しました。これらのサービスは、既存の枠組みにとらわれず、顧客視点を重視し、とことん考え抜くというDeNAの企業文化が背景にあったからこそ生まれたものです。DeNAは現在、モバイルゲーム、ヘルスケアやオートモーティブまで、インターネットや人工知能(AI)を活用した新しい挑戦を続けています。

Why we do

<ビジョン> 「インターネットやAIを活用し、永久ベンチャーとして世の中にデライトを届ける」 ※DeNAが考える永久ベンチャーとは、当社グループが社会に貢献し、歓迎されることを大前提として、常に新しい価値提供に挑戦し続けること -- 私たちが2012年にミッションとして「Delight and Impact the World(世界に喜びと驚きを)」を掲げてから、DeNAという会社は大きな変化を遂げました。 ヘルスケア、オートモーティブ事業への参入、スポーツ事業の拡大。 またそれぞれの事業で、各産業界を代表するような企業との共創も続々とスタートしています。その、各事業へのAI技術の導入、AI技術の研究開発へ本格的に着手しました。 これから起こるであろうAI技術の劇的な進化により、人間社会は加速度的に変化・発展していきます。その中で我々が提供すべき「Delight」も常に変化していくものと思います。 その変化や流れを確実に汲み取り、より多くの方々にDelightを届ける事業、サービスを提供していきたいと考えています。 そして、「Delight」だけではなく「Impact」、どれだけの大きな価値を世の中に提供できるのかということにこだわりながら、事業活動に取り組んでいきます。

How we do

DeNAでは、チームとして最大限のパフォーマンスを発揮するために、全社員に必要な共通の姿勢や意識として「DeNA Quality」を掲げています。 1.「こと」に向かう 〜本質的な価値を提供することに集中する〜 2.全力コミット 〜球の表面積を担うプロフェッショナルとしてチームの目標に向けて全力を尽くす〜 3.2ランクアップ 〜自身の二つ上の視座を意識して仕事に取り組む〜 4.透明性 〜チームで成果を上げるために、正直でオープンなコミュニケーションを心がける〜 5.発言責任 〜役割にかかわらず、しっかりと自分の考えを示す〜

Page top icon