What we do

排泄予測デバイス「DFree」とアプリ
排泄に関わる様々な悩みを抱えている人をサポートします
トリプル・ダブリュー・ジャパン株式会社では、 排泄予測デバイス「DFree(ディーフリー)」を開発しています。 「DFree」は超音波センサーを内蔵した手のひらに収まるサイズの小型ウェアラブルデバイスで、下腹部に装着することで体内をモニタリングし、トイレに行くタイミングをスマートフォンやタブレットなどへお知らせします。 DFreeは2017年より法人向けサービスとしてスタートし、2018年7月の個人向けサービス開始以降、介護が必要なお年寄りや障がい者、頻回なトイレに悩むシニア層やお子様など幅広い世代のトイレの悩みを抱える方々にご利用いただきました。すでにアメリカ、フランスにも支社を開設して法人向け個人向け両方のサービスも開始いたしました。 また、世界最大級の家電・テクノロジーの見本市CES2019においては「Innovation Awards」、IHS Markit「Innovation Awards」、Engadget「Best of CES」の3つのアワードを受賞しました。 現代ビジネス: http://gendai.ismedia.jp/articles/-/54286 プレジデント: http://president.jp/articles/-/24811

Why we do

「排泄問題で苦しむ人をなくし、世界を一歩前に進める」
メディアにも多く取り上げられ、これまで様々な賞も受賞いたしました。
DFreeの発明は、代表の中西が2013年9月、留学中のアメリカにて突然便意を催し、その場で漏らしてしまったことに始まります。恥ずかしさだけでなく人としての尊厳を傷つけられた無力さ、自分自身への嫌悪感を覚え、しばらくの間外出にも消極的になったと言います。 「便意がいつ来るかさえわかれば不安な思いをすることはなかった」 中西のこの強烈な原体験こそが、DFreeのスタートです。 実は、世界中で5億人以上の人々が排泄に関する悩みを抱えながら生活をしているといわれています。 「DFree」は人々を排泄の悩みから解放し、ユーザーだけでなく周りの人々も自分らしい生き生きとした生活を送ることができるようサポートをします。 また、我々が描く未来は排泄の悩みの解決に留まりません。これまで誰も知らなかった、また知ることのできなかった体の情報を取得することで突然降りかかる病気やケガなどの不幸を予測することが可能になるかもしれません。バイタルテクノロジーでいつまでも、最期まで「あなたらしく」生きること、 “Live Your Life” を実現する。そんな未来を思い描いています。 「世界を一歩前に進める」 これが我々のミッションです。

How we do

日比谷駅直結の好立地オフィスはとても自由な雰囲気です
一緒に、世界を一歩前に進めていただける方をお待ちしています!
私たちが大切にしているミッション・ビジョン・バリューです。 【世界を一歩前に進める】ためにチーム一丸となって立ち止まることなく進み続けます ■MISSION■ 世界を一歩前に進める We take the world one step forward ■VISION■ バイタルテクノロジーで “Live Your Life” を実現する Live your life to the fullest through vital technology ■VALUE■ My ball - 当事者意識・お客様目線 - 我々はそれぞれに自主・自立を重んじ、プロダクトに愛・誇りを持ち、援けるべきひと・社会のため当事者意識を持って課題解決に努めます。 Do it, Do it, Do it, and Breakthrough - 素早い実行と検証によるブレイクスルー - 我々は、最速で答えに辿り着くまで立ち止まることなくスピード感を持ってトライ&エラーを繰り返し続けます。 For the team - 全体成果主義 - 世界初のプロダクトを世に届け、我々は互いを助け合いながら人々の課題を解決し、その成功と喜びを分かち合います。

Page top icon