1
/
5

【退職記事】ダイレクトソーシングを退職します!

こんにちは!ダイレクトソーシングにて営業を担当している小野です!

2020年12月でダイレクトソーシング(以下DS)を退職することなりました。DSを振り返りつつ、転職の理由とDSについてを簡単にお話できればと思います。DSへのカジュアル面談を迷ってくださっている方はもちろん、転職について考えている方の参考になれば幸いです。

◆そもそもなぜダイレクトソーシングへ入社したのか

大学の先輩であるCEOから声がかかり、DSに入社しました。転職を積極的に考えていたわけではないのですが、話を聞いていくうちに当時はほとんど行われていなかった日本におけるダイレクト採用が伸びると確信し入社を決意しました。

当時のDSは、規模も小さくほとんどのメンバーがCEOの大学時代の知り合いで成り立っているような会社で、営業も一人もいませんでした。

なぜならDSのお客様のほとんどが協業パートナーからの紹介だったため、わざわざ営業がサービスを売る必要がなかったんです。ですが会社を大きくしていく上でこれでは限界があるため、私が営業として入社したのですが、、、、

◆営業として挫折を味わった入社当初

今までやってきた営業が全く通用しない!という壁にぶつかりました。前職ではお客様と仲良くなって受注をしてもらうのが私の営業スタイルだったのですが、これだと全く受注が取れない。ですが前職まではこのやり方が評価されていたし、これまでのキャリアはすべて営業をやってきたので「自分ってこんなにできないんだ、、、」とショックを受けました。

ですが駆け出しのベンチャー企業にはゆっくり落ち込む時間も気持ちを整理する時間もありません。DSはCEOとCS部長が外資系企業のトップセールスとして活躍されていた方ですので、私の営業に足りていなかったところをすぐに叩き込まれましたね。

DSの営業はヒアリングを徹底し、仮説を何度も立て、お客様の課題の抽出を行うことです。お客様に「このプランなら成功できそう」と思っていただけるように動くことが最も大切なんです。新しい武器を手に入れるのに時間はかかりましたが、営業としてこれまで活躍していたCEOとCS部長に毎日のようにノウハウを教えてもらったのは、DSでしかできない貴重な経験だったと思います。

◆0→1とは挑戦と失敗を繰り替えすことで生まれる

営業という職種がない状態で、サービスを売り始めるのに誰にどのようなアクションを取ればいいのか手探り状態でした。DSには営業という職種がなかったため、マーケティングでのリード作り~受注~その後の運用が軌道に乗るまでの一連の流れを手掛ける必要がありました。営業とひとことに言っても売るだけが仕事ではないということを痛感しましたね。どこかのフェーズがうまくいけば、どのかのフェーズで問題が起こりクレームが来てしまう、そんなことの繰り返しでした。

そんなときでも折れずに仕事することができたのは、DSのサービスがいいものだという自信があったからです。

必死に作り上げた営業プロセスが身を結んだこともあり、アジアで最もLinkedInを売った営業としてLinkedInのシンガポール本社で各国の営業に向けてプレゼンを行うという経験もすることができました。入社したばかりの状況から考えるとかなり感慨深いものがありましたね。

DSでやってきた仕事のすべてに言えるのですが、最初から「こうあるべきだ」と考えて取り組んだものはほとんどなく、目の前の問題に取り組みつづけたからこそ新たな事業や仕組みが生まれていったのだと思います。

DSは自由な環境です。ですが楽と自由は違います。上司もいなければ、仕事をするときに指示をしてくれるひとはいません。そのため自分の価値は圧倒的な成果を出すか、アクションを起こさなければ生まれません。ですが、そんな環境の中でこそ自分の可能性を広げることができたのだと思います。

◆より市場に求められる存在へ

では、なぜ転職するのかというと、DSでは手に入らないスキルがあるからです。

DSは上下関係のないフラットな会社です。風通しがよく、働きやすいとても良い環境でした。ですが、私自身の今後のキャリアを考えた上で、自分のスキルを伸ばすだけではなく、ゆくゆくはマネジメント能力を身に着け、組織の在り方を考えられるような人になりたいという気持ちがありました。市場から考えてもマーケ/営業/組織構築のすべてができる人材というのは貴重であるためです。

つまり、より市場から求められる存在になるために転職を決意しました。DSでやり残したことはもうありません!(笑)

◆ダイレクトソーシングで働きませんか?

退職する私が言うのはおかしな話かもしれませんが、この記事をお読みいただき興味をお持ちいただけましたらぜひダイレクトソーシングのメンバーとお話しませんか?

DSは自由で成長できる環境が整っていますし、自分が今後どうなりたいか決まっているけれどなかなか経験を積むことができていない方はDSで成長することができますよ!DSでは「社外のことも視野に入れよう」とメンバーと話合うこともしばしばあります。そのためDSで仕事をやり切った後は、転職するも残るも自分次第です!

決して順風満帆な3年間ではありませんでしたが、DSで働いたことは私のキャリアにとって必要不可欠でした。今後のキャリアに迷っている方は、DSを利用して自分の可能性をどんどん広げてください!

株式会社ダイレクトソーシング's job postings
19 Likes
19 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more