1
/
5

Donuts【新卒入社 社員に聞いた!就活生が本当に知りたいこと】#01[エンジニア職]

ミクチャ事業部でエンジニアとして活躍する、入社2年目、北陸出身のO・Nさんに、Donutsの魅力について教えていただきました。

■プロフィール
O・N
金沢大学大学院
入社年月 2019年4月
担当部署|職種:ミクチャ|エンジニア

就職活動の軸について教えてください

私の大学では、卒業後にベンチャー企業に就職する人はほとんどいませんでした。そのため、私自身も最初は製造系企業への就職を漠然とイメージしていました。しかし、一度だけ東京のベンチャー企業でインターンを経験する機会があり、「こんなに自由に働ける企業があるんだ」ということを知りました。これをきっかけに、ベンチャー企業を軸にした就職活動を意識し始めました。

Donutsへの入社の決め手について教えてください

最終面接で社長と話して「自分を必要としてくれている」と感じられたのがとても大きいです。私自身にはその当時、アプリ開発に必要なエンジニアとしての技術はほぼなかったのですが、それにも関わらず自分の可能性を信じていただけたのはすごく嬉しかったです。

現在の仕事内容について教えてください

現在は、ミクチャ事業部でiPhoneのアプリ開発をしています。

ミクチャ事業部にはどんな人が多いですか

ミクチャ事業部は、とても気さくな人が多く、冗談を言いあえるぐらいとても仲がいいですね。今はなかなかできませんが、みんなで食事に行ったりもします。

Donutsで挑戦していきたいこと

Donutsでは新卒というくくりに関係なく、いろいろなことを任せてもらうことができます。ですから、エンジニアとして技術的な部分を極めたいという思いを持っている方にとって、Donutsはとてもいい環境だと思います。
特にミクチャはライブ配信アプリですが、その技術を間近に見ることができる企業は、実はそれほど多くないと思います。それを新卒の自分に任せてもらえている環境に感謝しています。吸収できることは貪欲に吸収して、スキルアップにつなげたいです。

年齢関係なく実力があれば、様々なことに挑戦できるというのは本当ですか?

新卒でも全面的に任せてもらえます。今はミクチャの新機能の開発を担当しているのですが、メインのエンジニアとして入社2年目の私が任されています。そこに「年齢関係なく、実力ややる気があれば」という社内の雰囲気を感じますね。また、やる気があればなんでもやらせてもらえるという社風もあります。入社当時はプレッシャーに感じることもありましたが、自分でも毎日成長できていることを実感できるので、この環境は本当にありがたいです。

やりがいを感じる瞬間について教えてください

エンジニアの基本的なサイクルに、コードを書いて、それを皆さんに見てもらう「レビュー」というフェーズがあります。そして、レビューがOKならアプリに組み込まれます。その繰り返しなのですが、やはりレビューが通って、アプリに自分が書いた部分が盛り込まれていると「これは自分がやったところだ!」と嬉しくなりますね(笑)

どんな人と働きたいですか

コミュニケーション能力があるといいですね。たとえばレビューというのは、意見のぶつかり合いに発展しやすい部分でもあります。もちろん、ある程度はぶつかり合いも必要だと思うのですが、コミュニケーションをとりながら解決する過程が大切だと思います。ギスギスしていたり、一方が妥協して着地点を見出すのはよくないので。楽しく仕事をするためにも、コミュニケーション能力は大事なことだと思います。

就活生へアドバイスをお願いします

ベンチャー企業を考えている人は、選考時期が早いのでなるべく早く行動した方がいいと思います。私自身、ベンチャー企業への就職を考え始めたのが大学院1年生の10月頃と時期が遅かったため、選択肢を狭めてしまったと感じています。

また、エンジニアでいうと「競技プログラミング」を経験しておくといいと思います。多くの企業で面接時にテストされたりするので、やっておいて損はないと思います。

O・Nさんありがとうございました!

エンジニアとして、誰よりも負けないスピードで成長したいという方は是非Donutsにご応募ください!

株式会社Donuts's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings