1
/
5

What we do

導入企業2000社。更新率97%のメンタルヘルスプログラム「ORIZIN」です。
組織のボトルネックを見抜く洞察力と適切な実行策が求められます。
ドリームホップってどんな会社? ▼企業概要 私たちは企業の組織改善をメンタルヘルスアプローチで展開している会社です。主にストレスチェックのデータを活用し組織のボトルネックを発見。課題に対して適切な打ち手を打つことで社員の定着化、エンゲージメント向上、採用力の強化につながる支援をしています。 専門職を正社員で雇用し、専門家しか対応できないサービスにモダンなテクノロジーを積極的に取り入れたヘルスケア分野のDX推進を行なっています。 また、ドリームホップの採用方針は原則、業務未経験者を採用しています。これは2点あり、1つは先行企業と同じ仕組みでビジネスをしていては勝てないという戦略上の理由があります。また、2つ目は後発であるからこそイノベーションを起こす必要性が高く、業務未経験者による斬新なアイデアとリスクテイクできるマインドを持った組織こそがメンタルヘルスという難題を解決できないと信じているからです。 また2020年11月よりピー・シー・エー株式会社(東証1部)のグループに参画し、事業拡大にまい進できる体制が構築されました。グループシナジーを強化し今後も尖ったサービスを展開していきます。

Why we do

 20代が多い職場ですが、30代、40代、50代、60代も在籍し多様なメンバーが揃っています
部門を超えて気軽に意見交換ができる環境です
ドリームホップが目指しているビジョンはメンタル不調者が減り、個人と組織が最大限のパフォーマンスを発揮する社会の実現です。コロナによるメンタル不調者が増加する社会において、より我々への期待が大きくなっていると実感しています。メンタル不調による自殺、休職などが一人でも減らせる社会を目指し、ミッション、ビジョンに強く共感した仲間と事業を推進していきたいと考えています。 VISION 人と組織の潜在力を最大化しメンタル不調をなくす MISSON メンタルヘルスの、“なくてはならない”を提供する Our Values -Customer Success First 顧客のビジネスの成功を実現するため行動をします。 そのためには他責思考を排除し、顧客視点に立った独自性と便益を伴った提案に励みます。 顧客から発信される課題を見逃さず、insightを発見する。 この行動が、違いを生み出す”Cool”な提案を実現すると考えます。 -Big Giver 成功は他者への貢献力が大きく影響をしていると考えています。しかし、自分の意識が自己犠牲の上に成り立つものであれば真の貢献とは言えません。第三者への貢献が自分の喜びややりがいにつながるような人材を目指します。 -Be a Frontier 誰も踏み入れたことのない未開の地でも一歩を踏み出す大胆な行動を評価します。それには”ブレない自信””高いモチベーション””冷静な判断力”を持つことが必要です。ミッションを理解し、自発的に行動を起こすことができる”ミッション駆動型人材”を育成します。

How we do

専門職としての経験を活かし、組織改善コンサルティングに取り組んでいます
「メンタル不調者をなくす」という理念に共感いただいた方の応募をお待ちしております。
プロのアスリートやアーティストのように、人が最もパフォーマンスを発揮できるのは、仕事に熱中している時だと考えています。我々もビジネスの世界もほとんど同じだと思っており、意欲あるメンバーが無駄なストレスなくビジネスに熱中できる組織を作りたいと考えながら進めています。 メンタルヘルス業務を経験しているビジネスパーソンはほとんどいないという現実もあり、会社では資格取得などの自己研鑽を奨励しています。資格取得は受検費用全額負担+合格者への報奨金を渡しています。中には成績優秀者として協会から表彰をもらう社員も複数名出ています。 資格もどんどん増やしていき、社員が成長を実感できる制度の構築に向け日々取り組んでいます。 <外部研修制度> ・グロービス学び放題プラス ・東京大学大学院医学系研究科TOMH研究会 ・中央労働災害防止協会など多数 <社内インフラ> 業務システム:Kintone、slack、asana、aipo、メールワイズ、dialpad ウェブ会議システム:zoom、teams、WebEX <連携研究機関> 東京大学大学院医学系研究科精神保健学分野 <資格取得支援> 受検料負担+合格者には報奨金の支給があります。 メンタルヘルスマネジメント検定Ⅱ種、統計検定、個人情報保護士、日商簿記2級、秘書検定2級など多数 <職場環境改善に関する取り組み> ・週4日までのテレワーク勤務 ・オフィスコンビニの飲食物が無料(アルバイトも利用中) ・時間単位の有給制度 ・サマータイム制度 ・ストレスチェックの実施(新職業性ストレス簡易調査票を利用) ・テレハーフ※午前は会社に出勤、午後からテレワークが可能(逆も可) ・ランチミーティングの実施(費用は全額会社負担) ・インフルエンザ予防接種、大腸がん検診の全額会社負担 *具体的な取り組みはフィードをご覧ください。