1
/
5

入社エントリ/命を救うバリューが形作る行動様式

はじめまして。1/17日付でドクターズプライムに入社したデザイナーのtnkです。 前職では製造業系SaaSの改修やAPPのデザイン、デザインシステムの構築、メディアサイトの立ち上げなど色々と実施してきました。

tnk(タナカシンイチ)/ Designer インターフェイス周りのデザインや情報/体験設計、デザインシステム化、グラフィック制作など色々。Figma好き。経歴:フリーランス+バンド生活→制作会社@1年→フリーランス@7年→メルカリ@4年8ヵ月→アペルザ1年→現職:ドクターズプライム。副業でフリマアプリや知人のサービスデザイン協力を行う。2児の父。

キッカケは?

昨年の話です。祖父が急変し、コロナ禍の満床状態で救急車の受け入れが出来ず残念な結果となってしまいました。その当時は「仕方がなかった」と言う風に解釈していたのですが、昨年末ぐらいから区切りがついたタイミングに転職活動を行っていた中で前々から知っていたドクターズプライムを想起し、kyosukeさんにダイレクトにお声がけしました。(デザインで苦労している話もtwitterでされていたのもあり。あと、ドクターズプライムが対談形式で実施したデザイナーについての記事を見ていたり。)

面談していただいたりして、あれよあれよと話が進み入社させていただく流れとなった感じです。入社までにトライアルをさせてもらったんですが、なんかめっちゃ良いんですよね。バリューが良いのか?カルチャーなのか?自分がたまたまマッチしているだけなのか?ドクターズプライムに入社して感じた印象を紐解いていこうかと思います。

利益より生命!

バリューとして掲げられている「SAVE LIFE」。 一度カジュアルな場で代表の田さんとお話させていただいた時に詳しくお聞きしたのですが、グロース部隊で動いた経験もある私としては右フックからの鮮やかなストレートKOで場外アウトです。この記事にまとまっています。 「いや、そんな事あるわけないやん、現実見た方がええやん…」などと思ってしまう訳なんですが、色々な資料を見ても利益はしっかり出ていつつも、その上で生命を優先するために出来る事をやっていこうと言う姿勢・動き…。

株式会社のツラを被ったNPO法人なのでは…!と私は感じました。こんなスタートアップ滅多にない。 あと、あえて一般的な資金調達を行っていない現状も興味深いと思っています。(出来ないのではなく、選択していない)

Slackのスタンプ数が多め!

あらゆる投稿に自然につくスタンプ。心理的なハードルがだだ下がりです。

でも多すぎない絶妙なラインだと思ったりしています。slack上でも空気を読みあったりする事もあると思うのですが、こういったコミュニケーション1つでも顕著に組織文化に現れるなぁと言った実感があります。

ただ、これらの行動に強制!と言った雰囲気はなく、どちらかと言うと「元気を届ける」とか「楽しんでもらいたい」のようなエンパワーメント的な側面が多いように感じています。やはり「Save LIFE」がバリューにあるからなのか…?とにかくみなさん、優しさ溢れている…。

利益を生むために行う行動と、人を助けるために行う行動、基準点がどこにあるかでマインドセットとしてもその後の行動としても少し変わってくるのかもしれません。また、リモートMIXと言うスタイルを推奨しているので、リモートだから、出社だからと言って特に負い目を感じることもなく伸び伸びと実施できているのかなと思います。

ストーリーの続きは読む場合はこちらへどうぞ!

https://blog.drsprime.com/entry/2022/01/25/122020

株式会社ドクターズプライム's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more