1
/
5

What we do

創業から約10年、完全オーダーメイドの映像制作にこだわってきました。
主にAdobe PremiereやAfter Effectsを使用して編集します。
2011年4月創業の株式会社エレファントストーンは、代官山にある映像制作を主軸とした会社です。 創立10周年の大きな節目にリブランディングを実施し、それまでのコーポレートスローガンでずっと大切にしてきた「想いを象(かたど)る」ことを引き継ぎつつも、新しいコーポレートスローガン「象る、磨く、輝かせる。 MAKE YOUR HEART SHINE.」を掲げることにしました。 このコーポレートスローガンには、良い映像をつくるだけではなく、潜められた「ハートの美しさ(=真の魅力)」にフォーカスを当てて一緒に磨き、それを世の中に向けて広めていく必要があるという想いが込められています。 動画でのPRが当たり前になった今の時代、お客様の想いを象ってそれをさらに輝かせるには、しっかりとその輝きを世界に伝えていく為の「方法」まで考えるのがこれからのエレファントストーンの役目です。 ■コーポレートサイト https://elephantstone.net/ ブランディングムービー、会社紹介、商品・サービス紹介、観光PR、不動産映像、TVCM、SNSドラマなど、業種・業態もジャンルも問わず幅広い制作を行っています。 ----------------------------------- ■会社紹介資料 エレファントストーンについて知っていただけるよう、私たちの情報をぎゅっとまとめた資料を作成しましたので見ていただければと思います。 https://speakerdeck.com/elephantstone/erehuantosuton-hui-she-shao-jie-zi-liao エレファントストーンで働くってどんな感じか、少しでもイメージして頂けるかもしれません。エントリー前にご一読いただければ幸いです。 -----------------------------------

Why we do

お客様の想いを映像で象るために、考えて、考えて、考え抜きます。
社内での打ち合わせ、コミュニケーションも大切です。
私たちの原点は、お客様にフォーカスをあて、その魅力を映像を通して表現することでした。 10年続けてみて気づいたのは、ハートの色はピンクだけじゃないってこと。情熱的なレッドもあれば、オーバニックなグリーンもある。当たり前かもしれませんが、人や企業、町が持つ『想い』には、それぞれのオリジナルの色味があります。問題は、その美しさに気づけていないことなんです。 もちろん放っておけば色もくすんでいく。だから私たちは、ありのままの姿を映すのではなく、あるべき姿を撮影しようとしてきました。撮り方を変え、画のつなぎ方を変え、寄り添い方も変え。今では、世の中への広め方も考えています。 本当に作りたいのは、映像ではなく、誇り。 すこし大げさですが、私たちは映像制作会社を超え、”誇り”をつくり出す会社『プライディングカンパニーと名乗ります。 ただ良い映像をつくるだけではなく、つくる過程から一緒に楽しみ、届けるところまで伴走していく。そのために、お客様との綿密なコミュニケーションと、制作チームの連携を大切にしています。そんなチームの一員となる仲間を探しています。 ----------------------------------- ■コーポレートムービー 私たちがどんな想いで映像づくり、仕事に日々取り組んでいるか、ご紹介するコーポレートムービーを公開していますので、ぜひご覧ください! https://youtu.be/3wQolsVpNqk -----------------------------------

How we do

代官山オフィスへは2017年10月に移転。2021年4月に増床。エレファントストーンはぐんぐん成長中です。
あなたもエレファントストーンの一員になりませんか?ご応募をお待ちしています!
大らかで、だけど内に情熱を秘めたメンバーが集まったエレファントストーン。 休憩時は和気あいあいとしており、社内では仕事中もいつも誰かが好きな音楽をかけています。 お客様の想いを汲み取って映像とすることにどこまでも真剣な私たちの働き方について、少しご紹介します! 映像制作というと感性を司る「右脳」を使うイメージがあるかもしれませんが、エレファントストーンの映像制作はロジカルで「左脳的」でもあります。というのも、映像制作で最も重要なのは、お客様のかたちにならない想いや、映像を通して訴求したいことを理解し、それを効果的にユーザーへ伝えるためにはどうすればいいのかを考え、映像で象ることだと考えているからです。 私たちはお客様との綿密な打ち合わせを通して本質を見極め、映像の中でそれを緻密に実現していきます。本当に価値のある映像を制作をするためには、お客様との綿密なコミュニケーションと、制作チームの連携が欠かせません。そうした考えを持っているため、基本的には自社で企画構成から撮影、編集、納品、マーケティングまでワンストップで対応しています。 制作フローにプロデューサー・ディレクター・エディター・経営戦略室という各チームが連携したミーティングを適宜組み込みながら、お客様に安心していただき、ご満足いただける映像に仕上げていきます。 “より高品質な作品をお届けしたい” “ひとつでも良いものを世の中に送り出したい” “お客様の成果につなげたい” そんな気持ちで制作に取り組んでいます。