悪いことは言わない。大学くらい卒業しとけ。

今年サイバーエージェント社に大学を3年生で中退して入社する新入社員の方のブログをみて、反射的にこの文章を書き始めました。

http://hamatyo8.hatenablog.com/entry/2018/04/01/211806

題名に結論を書いていますが、「悪いことは言わない。大学くらい卒業しとけ。」というのが僕の意見です。弊社も海外インターンなどをやっている関係上、大学なんか辞めて今すぐジョインしたという学生にも時折会います。

そして、リスクテイクをしてそういう意思決定をしようとする彼らを心底尊敬しますし、評価しています。そしてその上で、「なんとか大学だけは卒業して来てください。」と伝えます。

なぜなら、大学を卒業しながら新卒の正社員以上の仕事をするのはそもそも不可能ではないですし(想像ではなく大学3年から2人でベンチャーの会社を立ち上げ2年間運営した自身の経験もあります。)、卒業しない時の海外就業ビザの取得が絶望的に難しくなるからです。

現在でいえば、日本よりかなり発展途上であるベトナムでも日本含む先進国出身者の非大学卒のビザ取得は大学卒の方の100倍くらい難しいですし、今後どんどん厳しくなっていくことは容易に想像ができます。他の国も概ね同様です。というより先進国は比にならないくらい厳しいです。

そして日本の現在の状況を考えたときに20代前半の若者が海外で活躍できないというハンデは想像を絶するものです。

つまり、ちょっと(彼やそういった意志を持つ人間からすれば)頑張れば、そもそも併存できる命題でそれを併存しなかったことによって発生するマイナスが非常に大きいということです。

例えばこれが起業して、その事業に自分の人生を注ぐというレベルであれば、見合うリスクリターンという話だと思います。(ビルゲイツやマークザッカーバーグなんかはそうですね)

僕は大学3年、4年生はほとんど会社に専念しながら、なんとか4年で大学を卒業しました。僕のEvolable Asiaのパートナーで当時その会社の代表をしていた現株式会社エボラブルアジア(弊社は僕のホールディングスとエボラブルアジアのJV事業)の代表の吉村さんは当時の企業の代表を務めながらも6年かけて大学を卒業しました。

こう言ってしまうと申し訳ないですが、どんなに素晴らしい会社でも1社員として入社するのを1年前倒しにする程度では大学を卒業しないリスクと見合いが取れません。(例えGoogleであってもそうだと思います。)

なので、彼の文中に出てくる経営者が肯定するというのは、正直経営者としての資質を疑問視してしまいます。世の経営者こそ経営視点で彼のような人にしっかりと伝えて欲しいと思います。

最後におそらくすでに退学し、サイバーエージェントに入社した彼には大成功して欲しいと思います。

今書いたことはどこまでいっても確率論の域を出ないですし、あくまでも基本的な考えに過ぎません。不利な確率から成功を収めるケースももちろんありますし、彼のケースは賽は投げられているので、大成功を心から祈っています!

そして、彼が大成功したとしてもその結果によって私の今回の意見は変わらないことも合わせて記します。

大学生の皆さん、もし良ければ参考にしてください!

追伸:0次新卒のケースはこれとは全く状況の違う話だと思っていて、様々な環境にある人たちの人生の選択肢が増えることはとてもいいことだと思っています。

EVOLABLE ASIA's job postings
85 Likes
85 Likes

Weekly ranking

Show other rankings