企業が効率よくTwitter管理をする方法!

はじめに

こんにちは!静岡大学三年の伊藤佳輝と申します。

私はEXPACTのインターンを始めてから、会社のTwitterアカウント管理というお仕事を継続してやらせていただいてます。

この経験から得た、効率よくTwitter管理をする方法を主に私と同じような地方ベンチャー企業のSNS担当・広報担当の方に向けて紹介させていただきます!

参考にしていただければ幸いです!

1.企業におけるTwitter

まず、はじめに現在企業ではどのくらいTwitterが活用されているのかというところを紹介していきます。

企業のTwitter利用率は56.2%(参考:http://radurls.com/corporate-sns/utilization-rate/)と、半数以上の企業がツイッターを利用しているとのことです。

大きな企業のアカウントは定期的にツイートしているに対して、地方のベンチャー・中小企業はあまり活発ではない、そもそも会社のツイッターアカウントを持っている企業が少ないといった印象を、Twitter管理をやっている中で感じました。

2.企業がTwitterを使ううえで考えられる問題

・本当に宣伝効果があるのか

・広報担当者は危機感や必要性を感じていても、経営者が『Twitterは経営と関係ない』と理解を示さないケースも散見される

・いざ始めてみたとしても、誰が何を発信したらどのような効果が生まれるのか、具体的にイメージできない

・(専任担当者など正社員で雇うわけにいかず)更新が途中で途切れてしまうのではないかという心配がある

3.自分はこの問題をどう解決したか

「本当に宣伝効果があるのか、経営者が理解を示さない」の解決

正直多くのフォロワーを獲得するか、高い広告費を払わないと宣伝効果を望むのは難しいと考えています。しかし、twitterを使えば簡単に企業の最新情報やその企業がどういった企業なのかということを簡単に発信できるため、twitterが企業のプロフィールになる、ということが考えられます。

多くの企業がTwitterを使っているため、ある企業について知りたいときに、ホームページよりも先にTwitterでその企業を調べることが多くなっていると感じます。

そう考えると、Twitterをやらないよりもやる方が、認知度があげられるのではないかと思います。


「具体的にイメージできない」の解決

企業側から何か指定がない限りは、その企業に関連した記事を定期的にツイートしていくことを継続していけばよいと思います。

ビジョンが明確にある企業や担当者の投稿スタンス・ポジションがハッキリしていると書きやすいです。

例えば、『資金調達はデザインが最も重要』というビジョンが明確であると、“金融機関から〇〇億円調達!”というトピックがあった時、〇〇億円の金額よりもそれを調達するためのデザインとは何かというメッセージが、担当者AでもBでも変わることなく発信されやすいです。

つまり、『この会社(経営者)であればどのように考えるだろうか』というのが、イメージしやすいと良いです。

私がアカウント管理している一般社団法人は、ベンチャー支援を目的とした団体であるため、ベンチャーや資金調達に関連したニュース記事をツイートしています。情報源は主にgoogleアラート (googleアラートとは自分が気になっているワード、例えば「ベンチャー 資金調達」とワードを入れた場合、毎日メールでそのワードに関連する記事をメールで送ってくれるというgoogleの機能)です。

自社でブログなどのメディアを持っている企業は、その記事の更新のたびにツイートするというのも定番です。


「途切れてしまうのでは」の解決

先ほど出てきたgoogleアラートを使って、紹介された記事をツイートするのは、だいたい10分くらいで出来るので継続は簡単だと思います。隙間時間で十分できます。

さらに、social dogなどのSNS管理ツールを使えば、予約ツイートやbotなどが出来るため、毎日管理しなくても大丈夫なのでとても簡単に継続が出来ます。

また、毎日更新しなくても、長い期間あいだを開けなければフォロワーが減ることはないので、1週間に3回など更新しやすいペースを決めて、継続することが大事です。

4.まとめ

長々と書かせていただきましたが、これはあくまで一例ですので、この記事を参考にしながら自分にあった管理方法を探してみてください!

最後に私が管理させていただいている一般社団法人ベンチャー育成投資研究会のアカウントを紹介させていただきます。アカウントURL→https://twitter.com/SVIC2018

同じ地方のベンチャー企業の方やベンチャー支援をされてる方、ベンチャーキャピタルの方などがフォロワーに多いです。

↑ツイートの一例です。地元の方のフォロワーが多いため、地元密着のネタは反応率が高いです。視認性を高めるために、画像は必ずつけるようにしています。

偉そうに語ってきましたが、現在一人で複数アカウントを管理しているため更新頻度が下がってきております…。

もし、SNSマーケティングに興味がある、ベンチャー企業に興味があるという方がいましたら、一緒にEXPACTで一緒にTwitter管理の仕事をしてみませんか!?

ご連絡お待ちしております!!!

EXPACT株式会社's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings