エフ・コードCTO中村が登壇! CTO座談会も!――ScalaMatsuri2018レポート その1

日本最大級のScalaカンファレンス「ScalaMatsuri」。開催されるごとに規模も拡大し、ますます盛り上がりを見せています。今年の「ScalaMatsuri2018」は初の3日開催! 「Day0」と位置付けられる本日3/16(金)から3/18(日)にかけて行われます。

基幹システムにScalaを採用しているエフ・コードは本年、「将軍スポンサー」としてScalaMatsuriに協賛しています。運営に携わるメンバーや個人としての登壇者も多く、皆気合十分です! この記事では、エフ・コードの視点から、ScalaMatsuri2018現場の模様についてお伝えしていきます。



ScalaMatsuri2018 Day0(Training Day)について

今年初めての試みとなる「Training Day」の設定。主に初心者を対象とした学びの場で、Scalaエンジニアの裾野を広げていくことを目的としています。公式サイトによれば、

・基礎から、初心者がつまずきやすいところ、開発環境などScalaを始める上で必要な情報を1日で学べる
・Scalaを採用している企業の制度・風土について知ることが出来る
・Scala 入門トラック、ハンズオントラックの2トラック構成で、理論と実践が学べる
・分散アーキテクチャやビッグデータなどScalaと関連の深い技術領域の概要や、そこでScalaを採用するメリットについて知ることができる

という魅力的な企画。スピーカーの皆さんも豪華メンバーとあって、初めての試みにもかかわらずセミナー・ハンズオンともに大盛況。皆さん真剣な表情で耳を傾けていました。

セッションの模様

トップバッターで登壇されたのは、株式会社ドワンゴの水島宏太さん(@kmizu)。エフ・コードでは技術顧問を務めていただいています。午後一番でしたが、席はほぼ満員。セッション終盤には、熱心な聴講者からいくつも質問が投げかけられていました。


夕方には、当社エフ・コードCTOの中村学(がくぞ、@gakuzzzz)も登壇(写真がやや暗めですが……)。こちらも盛況でした。


最後に行われた企画は、CTO座談会。Scalaで開発を行う企業(サイバーエージェント様、F@N Communications様、MAVERICK様、Paidy様、セプテーニ・オリジナル様、エフ・コード)のCTO、VPoE、TechLeadといった方々が、普段の業務についての話からScalaによって開発されるプロダクトについての話など、幅広く語り合いました。それぞれ異なる面もあれば共通する面もあり、興味深い内容です。エフ・コードからは、CTO中村が参加しました。


明日はいよいよ、大盛り上がりが予想される土曜日です。エフ・コードは、以前別のイベントでご好評をいただいたあのノベルティ、そしてさらなる新作ノベルティを用意してお待ちしています。参加される皆様、ぜひお気軽にブースにお越しください!

株式会社エフ・コード's job postings
エフ・コードCTO中村が登壇! CTO座談会も!――ScalaMatsuri2018レポート その1
Jutaro Kanazawa
株式会社エフ・コード / 広報室 室長
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings