1
/
5

What we do

インスタグラムメディア「Sucle」の公式ロゴになります。
FinT代表の大槻。早稲田大学在学中に学内のビジネスプランコンテストなどがきっかけで起業に興味を持ち、2015年からベンチャーキャピタルのEastVenturesでインターンを開始。シンガポールへの交換留学などを経て、Candleで動画メディアのPMを務める。2017年3月にFinTを創業
----- ライフスタイルメディア『Sucle』、Instagramマーケティング事業を行っております ----- 株式会社FinTは「ライフスタイルメディア『Sucle』の運営と、Sucleを伸ばす際に培ったインスタグラム運用ノウハウを基に「Instagramマーケティング事業」の運営を行っております。 (1)Sucle(https://sucle.jp/) Sucleはファッションやグルメなど最新のトレンドを発信しメディアアカウントです。『きょうのわたし、愛しいわたし』をコンセプトにしており、Sucleに載っているこの服着たらわたし可愛くなれそう、ネイル真似したらテンション上がる、などSucleが自信を持ってもらえるきっかけとなって、積極的になれる方が増えていきますように、という想いを込めています。 2017年11月にオリジナルアカウントである@sucle_をリリースし、その後、3アカウントを開設してから2019年12月時点でのInstagram総合フォロワー数が50万人を突破しました。 (2)Instagramマーケティング事業 Sucle運用で培った知識をもとに、他社様のInstagramアカウントの運用代行を行なっています。Instagramアカウントを運用する企業は、フォロワー数は増やせたものの、なかなかエンゲージメントの向上や購買に繋がらないなどの問題に苦しむことが多いです。その中で、Imstagram運用に詳しいFinTが「認知獲得~購入~ファン化」までを一気通貫で支援するファン創出サイクルに基づいた以下の運用により、クライアント様のInstgramマーケティングの支援を全般的に行います。

Why we do

2019年の半ばから組織も拡大していて、2020年2月時点で20名ほどメンバーがいます。社員は6名・インターン生が14名とインターン生が半分以上を占めており、若いチームであることも大きな魅力です。
Instagramの運用ノウハウは自社アカウントでの徹底的な仮説検証から
世界をまるごとハッピーに。 このビジョンに込めた思いは3つ。 ①世界を意識すること 日本にとどまらずグローバルに影響を与えられる会社に成長させていきたい!そして自分以外の世界を意識すること。 ②自分たちがハッピーであること 世界に影響を与えるのは簡単じゃない。だからこそ、自分たちがハッピーで最大の力が発揮できる環境にしていきたい。 ③好きや得意を尊重すること。 FinTはこれまで、好きなことや得意なことが違う存在が集まり、お互い尊重しながら大きくなってきた。好きや得意を尊重し、これからも会社を大きくし続ける。

How we do

オフィスは代官山と恵比寿の間にあり、アクセスが充実しています。周りにはおしゃれなレストランもたくさんあり、毎月のご飯会ではイタリアンから沖縄料理まで色々なお店に行きます。
社内でクリエイティブの効果測定もタイムリーに行っているので、その結果をスピーディーにお客様のご要望を反映させることができます。お客様からも高い評価をいただいています。
仮説検証の量に自信を持っています。 Instagram運用代行企業は「自動フォロー」「自動いいね」などの運用ツールを使っていることが多いです。フォローバックをもらう、いいねをされたからアカウントを見にきてもらうことを促すこの手法だとフォロワー数増:1万前後が限界です。 「本質的にフォローをしたくなるアカウントはどう作っていくのか?」と考えた際に、FinTはInstagramに投稿をする画像/文章に拘っています。  - 投稿する画像の明るさ  - モノの高さ、角度  - 机に置く、至近距離で撮影する、などの撮影方法  - 距離感  - 色味 これらの構成要素から導き出した黄金比を1アカウントごとに最適解を見つけています。そして、他投稿にも応用しており、検証を重ねて投稿の精度を高めています。 仮説検証は、最初は定性で考えます。「こういう見せ方をしたら良いのでは?」とまず試してみます。そこでうまくいったら進みますし、うまくいかなかったら改善をします。それの繰り返しです。 また、商品ごとに打ち出し方は変わります。コスメなのか、食べ物なのか、雑貨なのか、ベストプラクティスは異なるのです。